酵素
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
核酸塩基代謝に関与するプリンヌクレオシドフォスフォリラーゼの構造(リボン図)
研究者は基質特異性を考察するときに酵素構造を抽象化したリボン図を利用する。

酵素(こうそ、: enzyme)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。このことについて酵素の構造や反応機構を研究する古典的な学問領域が、酵素学 (こうそがく、: enzymology)である。


目次

1 概要

2 役割

3 発見

3.1 鍵と鍵穴説

3.2 酵素の実体の発見

3.3 酵素と分子細胞生物学


4 特性

4.1 基質特異性

4.1.1 誘導適合


4.2 反応特異性

4.3 酵素作用の失活


5 分類

5.1 所在による分類

5.1.1 膜酵素

5.1.2 可溶型酵素

5.1.2.1 分泌型酵素



5.2 系統的分類

5.2.1 命名法



6 構成

6.1 補欠分子族

6.2 補酵素

6.3 サブユニットとアイソザイム

6.4 複合酵素


7 生化学

7.1 酵素反応速度

7.1.1 酵素反応の定式化

7.1.2 阻害様式と酵素反応速度

7.1.3 酵素反応の活性化エネルギー


7.2 反応機構モデル

7.2.1 遷移状態と抗体酵素


7.3 酵素反応の調節機構


8 酵素がはたらく条件

8.1 最適pH

8.2 最適温度

8.3 基質の濃度

8.4 酵素の濃度


9 利用

9.1 食品

9.2 健康食品を標榜する製品

9.3 日用品

9.4 医療

9.5 工業利用の技術(固定化酵素)

9.6 バイオセンサー


10 生命の起源と酵素

11 人工酵素

12 代表的な酵素の一覧

13 酵素に関する年表

14 脚注

15 関連項目


概要

酵素は生物が物質消化する段階から吸収分布代謝排泄に至るまでのあらゆる過程(ADME)に関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない。したがって、酵素は生化学研究における一大分野であり、早い段階から研究対象になっている。

多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質を基にして構成されている。したがって、生体内での生成や分布の特性、pH によって変性して活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様である。

生体を機関に例えると、核酸塩基配列が表すゲノム設計図に相当するのに対して、生体内における酵素は組立て工具に相当する。酵素の特徴である作用する物質(基質)をえり好みする性質(基質特異性)と目的の反応だけを進行させる性質(反応選択性)などによって、生命維持に必要なさまざまな化学変化を起こさせるのである。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:122 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE