鄭主
[Wikipedia|▼Menu]


ベトナムの歴史






↓伝説時代
文郎国
甌?国
北属期
南越統治)
徴姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期(統治)
梅叔鸞





北属期(南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期(統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期莫朝
鄭氏政権阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

鄭主(ベトナム語: Chua Tr?nh / 主鄭、1545年 ? 1787年)はベトナム後黎朝時代、名目上の皇帝を奉じたまま北部で政治の実権を握った鄭氏一族(東京鄭氏)の呼称。同時期、南部には事実上の独立国「広南国」を築いた阮主(広南阮氏)がおり、両者の200年近くの抗争を「鄭阮紛争」と呼ぶ。

飾り物の皇室を奉じたまま政権を握った鄭主の支配は「ベトナムにおける将軍制度」と評された[1]
目次

1 名称・用語

2 歴史

2.1 鄭氏の起こり

2.2 莫登庸による黎朝の簒奪

2.3 鄭氏の政権掌握と阮氏の追放

2.4 鄭阮紛争

2.5 鄭阮紛争時代の鄭主

2.6 西山党の乱

2.7 鄭主の滅亡


3 世界との関係

4 歴代の鄭主

5 参考文献

6 出典

名称・用語

鄭主に対する呼称としては他に「鄭氏政権」「東京鄭氏」。治めた領域については、当時の公式文章で「北河」「北河国」、中国からは「交趾国」、日本からは「東京国」、ヨーロッパからは「トンキン」と呼ばれた。

当初、黎朝の貴族であった東京鄭氏と広南阮氏の両者は同盟を組み、後黎朝を簒奪した莫朝と戦っていた。その時代を「南朝北朝(Nam tri?u B?c tri?u)」(または南北朝時代)と呼ぶ。莫朝が首都を放棄し地方に退いた後、東京鄭氏と広南阮氏が相争った分裂時代を「鄭阮紛争(Tr?nh Nguy?n phan tranh)」と呼ぶ[2]
歴史
鄭氏の起こり

鄭氏の氏祖は、後黎朝の初代皇帝である黎利(レ・ロイ)の友人でありよき助言者でもあった鄭可(英語版)に始まる。黎利の死後、鄭氏は黎太宗黎仁宗と続いた幼年皇帝の背後で権力をふるった。偉大な皇帝であった第5代淳皇帝・黎聖宗(レ・タイン・トン)の治世下においても大将軍を輩している。
莫登庸による黎朝の簒奪「南北朝時代 (ベトナム)」も参照 1540年ごろのベトナム。ピンクは莫朝、黄色は鄭阮同盟、黄緑はチャンパ王国

黎聖宗の没後、後黎朝の帝室は弱体化し、1516年の9代皇帝・襄翼帝の死後に権臣の莫登庸が権力を掌握した。1520年、後黎朝の重臣であった鄭氏と阮氏は莫登庸の野望を恐れ、まだ若い11代皇帝の神皇帝・黎椅(黎昭宗)を保護し首都の東京(ドンキン、現在のハノイ)を離れ、清化(タインホア)に逃れた。これが南北朝時代の始まりとなった。鄭氏と阮氏の代々の根拠地であった清化が戦場となった数年の戦いのあと、黎椅は莫登庸の手のものによって暗殺された。しばらく後に鄭氏・阮氏の指導者も処刑された。しかしながら、これはほんの序幕にすぎなかった。莫登庸が1527年に、彼の操り人形であった恭皇帝・黎椿から帝位を簒奪し、新王朝・莫朝を開いたからである。

数ヶ月もまたずに鄭氏と阮氏の残党は清化で再び軍を起こし、莫氏への反旗を明らかにした。この2度目の乱の指導者は阮淦であり、彼は鄭氏の新しい棟梁である鄭検を娘婿としていた。5年のうちに紅河の南側は鄭阮同盟の支配するところとなったが、東京を攻略することはできなかった。

1533年、阮淦と鄭検は黎椅の子である黎寧を探し出し、裕皇帝・黎荘宗としてラオスで即位させ、また王朝へ莫登庸の簒奪について訴えるなどの外交工作を行った[3]。明は莫登庸の簒奪を不正義であると認めたが、莫登庸がすぐに降伏し臣下の礼を尽くしたためにこれを赦し、莫登庸を安南都統使に封じ世襲を認めた[3]。鄭阮同盟は当然これを受け入れなかったが、明もそれ以上介入する気はなく、また戦乱は続いた。莫登庸は1542年に死去したが、莫朝はすでに莫登庸の孫の莫福海の代になっていた。
鄭氏の政権掌握と阮氏の追放

1545年、阮淦は莫氏の降将・楊執一の手によって毒殺された。鄭検はこの機会を逃さずに鄭阮同盟の主導権を握った。阮淦には若いふたりの息子がいたが、長男の阮汪は鄭検に殺され、次男の阮?は順化(現在のフエ)に追放された。しかしこれにより阮?は南部の支配権を握ることになった。阮?の55年にわたる南部統治は、その後さらに150年続く阮氏による南部支配を決定づけた。1570年、鄭検が死ぬと長男の鄭檜(英語版)が後を継いだが、莫朝との戦いの敗北と悪政で権威が失墜したため、次男の鄭松が兄の地位を奪い莫朝を撃退した。鄭松は極めて活発な指導者で、1572年には莫朝から東京を奪回した。翌年には莫朝が東京を奪回したものの、20年にわたって小競り合いが続く間に莫朝は弱体化した。

1592年、鄭松はふたたび東京を奪還し、このときに莫朝五代皇帝の英祖・莫茂洽を捕らえ処刑した。この後数年にわたって莫朝は敗北を続け、その後高平(現在のカオバン省)に逃れ、明とそれに続くの保護のもとに1677年まで地方政権として存続した。阮?は北部の戦いで鄭氏に協力しながら、独立的な統治のもとで南部をますます安定させていき、まるで南部の王のようになっていった(広南国)。鄭氏にとってこの阮氏の動きは看過できないものとなっていった。しかし阮氏にとっては、鄭氏による朝廷の私物化こそが看過できないものとなっていた。
鄭阮紛争「鄭阮紛争(英語版)」も参照 1640年の勢力図。ピンクは莫朝、灰色は鄭氏、黄色は阮氏。橙色は後黎朝に反抗し6代に亘り独立勢力を維持した?主(中国語版)、緑はチャンパ王国

1620年、淵皇帝・黎神宗が即位すると、阮氏の当主・阮福源(仁国公)は、東都(ドンドー、かつての東京)への税の仕送りを拒否した。1623年に鄭松が子の鄭椿の反乱により没した後、鄭氏と阮氏の間では5年にわたって政治交渉が繰り広げられたが、1627年についに戦争が勃発した。鄭主のほうが領土・人口で勝ってはいたが、阮氏のほうに分があった。まず第一に、広南阮氏はほぼ防御に徹し、北への遠征を行わなかった。第二に、阮氏はヨーロッパ勢力、とくにポルトガル人との交流に強みを持っていたため、西欧の技術者の力を借りて砲などの近代兵器を生産することができた。第三に、地勢が阮氏に味方した。阮氏の領域と鄭氏の領域の境であるベトナム中北部は山脈が海に迫る狭隘な土地で守るに易かったからである。

鄭氏による最初の4ヶ月の攻勢のあと、阮氏は日麗川(ニャッレー川、現在のドンホイ周辺)と香川(フォーン川、現在のフエ中心部)の間の二箇所に、海から山岳地帯まで続く高さ6メートル・幅10kmに及ぶ堅固な防壁を築いた。阮氏は1631年から1673年の間に、この防壁によって鄭氏の攻撃を幾度も撃退した。鄭柞(英語版)と阮福瀕(英語版)の時代に平和条約が結ばれたが、この休戦が更なる100年の分裂時代を決定づけた。
鄭阮紛争時代の鄭主

鄭氏は、黎朝帝室の派閥を利用し合理的な統治を行ったが、自らの都合のいいように皇帝を選びまた交代させた。クメール王国シャムと頻繁に干戈を交え、また政略結婚を行った阮氏と異なり、鄭氏は近隣諸国と平和的な関係を築くことに努めたが、1694年にはラオスの複数の党派をめぐる戦争が起き、シャムとともに戦乱に巻き込まれた。10年の後、ラオスはベトナム、シャム両者に隷属する3つの王朝(ヴィエンチャン王国ルアンパバーン王国チャンパーサック王国)による不安定な平和に辿り着いた。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE