鄭主
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]


ベトナムの歴史






↓伝説時代
文郎国
甌?国
北属期
南越統治)
徴姉妹






北属期
六朝統治)

前李朝
北属期(統治)
梅叔鸞





北属期(南漢統治)
楊廷芸矯公羨
呉朝
十二使君時代
丁朝
前黎朝
李朝






陳朝
胡朝
後陳朝
北属期(統治)
後黎朝前期
莫朝
後黎朝後期莫朝
鄭氏政権阮氏政権
西山朝
阮朝
フランス領インドシナ
ベトナム帝国
コーチシナ共和国ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
ベトナム社会主義共和国

鄭主(ベトナム語: Chua Tr?nh / 主鄭、1545年 ? 1787年)はベトナム後黎朝時代、名目上の皇帝を奉じたまま北部で政治の実権を握った鄭氏一族(東京鄭氏)の呼称。同時期、南部には事実上の独立国「広南国」を築いた阮主(広南阮氏)がおり、両者の200年近くの抗争を「鄭阮紛争」と呼ぶ。

飾り物の皇室を奉じたまま政権を握った鄭主の支配は「ベトナムにおける将軍制度」と評された[1]


目次

1 名称・用語

2 歴史

2.1 鄭氏の起こり

2.2 莫登庸による黎朝の簒奪

2.3 鄭氏の政権掌握と阮氏の追放

2.4 鄭阮紛争

2.5 鄭阮紛争時代の鄭主

2.6 西山党の乱

2.7 鄭主の滅亡


3 世界との関係

4 歴代の鄭主

5 参考文献

6 出典


名称・用語

鄭主に対する呼称としては他に「鄭氏政権」「東京鄭氏」。治めた領域については、当時の公式文章で「北河」「北河国」、中国からは「交趾国」、日本からは「東京国」、ヨーロッパからは「トンキン」と呼ばれた。

当初、黎朝の貴族であった東京鄭氏と広南阮氏の両者は同盟を組み、後黎朝を簒奪した莫朝と戦っていた。その時代を「南朝北朝(Nam tri?u B?c tri?u)」(または南北朝時代)と呼ぶ。莫朝が首都を放棄し地方に退いた後、東京鄭氏と広南阮氏が相争った分裂時代を「鄭阮紛争(Tr?nh Nguy?n phan tranh)」と呼ぶ[2]
歴史
鄭氏の起こり

鄭氏の氏祖は、後黎朝の初代皇帝である黎利(レ・ロイ)の友人でありよき助言者でもあった鄭可(英語版)に始まる。黎利の死後、鄭氏は黎太宗黎仁宗と続いた幼年皇帝の背後で権力をふるった。偉大な皇帝であった第5代淳皇帝・黎聖宗(レ・タイン・トン)の治世下においても大将軍を輩している。
莫登庸による黎朝の簒奪「南北朝時代 (ベトナム)」も参照1540年ごろのベトナム。ピンクは莫朝、黄色は鄭阮同盟、黄緑はチャンパ王国

黎聖宗の没後、後黎朝の帝室は弱体化し、1516年の9代皇帝・襄翼帝の死後に権臣の莫登庸が権力を掌握した。1520年、後黎朝の重臣であった鄭氏と阮氏は莫登庸の野望を恐れ、まだ若い11代皇帝の神皇帝・黎椅(黎昭宗)を保護し首都の東京(ドンキン、現在のハノイ)を離れ、清化(タインホア)に逃れた。これが南北朝時代の始まりとなった。鄭氏と阮氏の代々の根拠地であった清化が戦場となった数年の戦いのあと、黎椅は莫登庸の手のものによって暗殺された。しばらく後に鄭氏・阮氏の指導者も処刑された。しかしながら、これはほんの序幕にすぎなかった。莫登庸が1527年に、彼の操り人形であった恭皇帝・黎椿から帝位を簒奪し、新王朝・莫朝を開いたからである。

数ヶ月もまたずに鄭氏と阮氏の残党は清化で再び軍を起こし、莫氏への反旗を明らかにした。この2度目の乱の指導者は阮淦であり、彼は鄭氏の新しい棟梁である鄭検を娘婿としていた。5年のうちに紅河の南側は鄭阮同盟の支配するところとなったが、東京を攻略することはできなかった。

1533年、阮淦と鄭検は黎椅の子である黎寧を探し出し、裕皇帝・黎荘宗としてラオスで即位させ、また王朝へ莫登庸の簒奪について訴えるなどの外交工作を行った[3]。明は莫登庸の簒奪を不正義であると認めたが、莫登庸がすぐに降伏し臣下の礼を尽くしたためにこれを赦し、莫登庸を安南都統使に封じ世襲を認めた[3]


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE