都民ファーストの会
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

日本の政党都民ファーストの会
代表荒木千陽
成立年月日2017年1月23日
本部所在地 日本東京都新宿区[1]
東京都議会議席数55 / 127   (43%)(2017年7月23日現在)
政治的思想・立場地域主義ポピュリズム
政党交付金0 円
公式サイト「都民ファーストの会」公式サイト
テンプレートを表示

都民ファーストの会(とみんファーストのかい)は、日本の政治団体。東京都を地盤に活動する地域政党[2]で、東京都議会の第一会派を形成する。創設者は小池百合子[3]、小池が主宰する政治塾「希望の塾」を母体とする。

メディアでの略称は「都民」「都民ファ」「都民F」など。小池新党などとも呼ばれる[4]


目次

1 沿革

1.1 設立

1.2 2017年都議選

1.3 国政進出


2 役職

2.1 歴代代表一覧

2.2 党役員


3 政治的立場

3.1 政策


4 友好関係にある政党

5 支援団体

6 脚注・出典

6.1 注釈

6.2 出典


7 外部リンク


沿革
設立

2016年7月31日の東京都知事選挙で、当時衆議院議員の小池は自民党から推薦を得られずに自民党籍で立候補した。小池は前任者の舛添要一に関する醜聞を俎上に自民党が優位な都議会体質を批判する手法で支持を集め、自民党推薦の増田寛也らを大差で下して当選した。小池は『都民ファースト』をマニフェストの謳い文句に掲げて都議会改革を打ち出し、『かがやけTokyo』の音喜多駿、両角穣、上田令子など、旧みんなの党非自民保守勢力を知事与党とした。小池は、9月15日に政治塾結成の意向を表明[5]し、9月16日に小池の意向を受けて東京都選挙管理委員会に当会結成が届け出された[5]。代表者は自民党員で豊島区議会議員本橋弘隆、会計責任者は音喜多駿であった[5]

2016年9月20日に小池を支援する議員らによる政治団体として発足した。マニフェスト記載の文言より名称を採った[5]。12月13日に自民党東京都連合会から除名処分を受けた豊島区議5人が区議会自民会派から離脱し、本橋弘隆を幹事長とする新会派「都民ファーストの会豊島区議団」を結成して議長に届け出て[6]、2017年1月23日に地域政党として正式に発足し、『かがやけTokyo』は会派名を『都民ファーストの会 東京都議団』と改める[7]。会の代表に小池の政務担当特別秘書の野田数が就任して小池は役職になかったが[8]、4月28日に特別顧問に就任した[3]

2017年2月5日に投開票された千代田区長選挙が都民ファーストの初選挙となった。千代田区は小池や元知事の猪瀬直樹が「都議会のドン」と呼んで批判する自民党の内田茂都議の地元で、マスメディアは「小池と内田の代理戦争」と大々的に取り上げた[9]。小池が応援した現職の石川雅己与謝野馨の甥で自民党が推薦する与謝野信らを大差で下した[10]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE