都民ファーストの会
[Wikipedia|▼Menu]

日本政党都民ファーストの会

代表荒木千陽
幹事長増子博樹
東京都議会議員団長石毛茂
成立年月日2017年1月23日
本部所在地 日本東京都新宿区西新宿4-32-4 ハイネスロフティ?2階 B2号室[1][2]
東京都議会議席数53 / 127   (42%)(2017年10月5日現在)
政治的思想・立場地域主義
ポピュリズム
中道右派
政党交付金0 円
公式サイト「都民ファーストの会」公式サイト
テンプレートを表示

都民ファーストの会(とみんファーストのかい)は、日本の政治団体。東京都を地盤に活動する地域政党[注 1]で、東京都議会の第一会派を形成する。小池百合子が創設し[3]、小池が主宰する政治塾「希望の塾」を母体とする。

マスメディアは「都民」「都民ファ」「都民F」や「小池新党」などと称している[4]


目次

1 沿革

1.1 設立

1.2 2017年東京都議会議員選挙

1.3 国政進出


2 役職

2.1 歴代代表一覧

2.2 党役員


3 政治的立場

3.1 政策


4 友好関係にある政党

5 支援団体

6 脚注・出典

6.1 注釈

6.2 出典


7 外部リンク


沿革
設立

2016年7月31日の東京都知事選挙で、当時衆議院議員の小池は、自民党から推薦を得られぬも自民党に在籍したままで立候補し、前任者の舛添要一に関する醜聞を俎上にして自民党が優位な都議会体質を批判する手法で支持を集め、自民党推薦の増田寛也らを大差で下して当選した。小池は当選後に「都民ファースト」をマニフェストの謳い文句に掲げて都議会改革を打ち出し、「かがやけTokyo」の音喜多駿、両角穣、上田令子など、旧みんなの党非自民保守勢力を知事与党として9月15日に政治塾結成の意向を表明[5]した。9月16日に小池の意向を受け、自民党員で豊島区議会議員の本橋弘隆を代表者、音喜多駿を会計責任者[5]として東京都選挙管理委員会に政治団体「都民ファーストの会」設立を届け出た[5]

2016年9月20日に小池を支援する議員らによる政治団体として発足した。マニフェスト記載の文言より名称を採った[5]。12月13日に自民党東京都連合会から除名処分を受けた豊島区議5人が区議会自民会派から離脱し、本橋弘隆を幹事長とする新会派「都民ファーストの会豊島区議団」を結成して議長に届け出て[6]2017年1月23日に地域政党として正式に発足し、「かがやけTokyo」は会派名を「都民ファーストの会 東京都議団」と改める[7]。会の代表に小池の政務担当特別秘書の野田数が就任して小池は役職になかったが[8]、4月28日に特別顧問に就任した[3]

2017年2月5日に投開票された千代田区長選挙が都民ファーストの初選挙となった。千代田区は小池や元知事の猪瀬直樹が「都議会のドン」と呼んで批判する自民党の内田茂都議の地元で、マスメディアは「小池と内田の代理戦争」と大々的に取り上げた[9]。小池が応援した現職の石川雅己与謝野馨の甥で自民党が推薦する与謝野信らを大差で下した[10]。選挙後、内田は次期都議選に不出馬と政界引退を宣言する[11]

2月20日、自民党を離脱した都議2名が都民ファーストに合流[12]して会派構成人数が5名になり、都議会での代表質問権を得た。
2017年東京都議会議員選挙詳細は「2017年東京都議会議員選挙」を参照

2016年10月30日に小池が主宰する政治塾「希望の塾」が開かれて[13]、都議選の新人候補などは主に個々の塾生から選出された。

2017年4月10日、3回目の規約改定。総会の規定が削除され、代表は総会でなく規約細則の定める代表選考委員会で選出されること、代表以外の役員は代表の指名により選出されることとなった[14][15]

2017年4月11日に党の綱領を発表[16]し、都議選のマニフェストを5月3日に一部を、5月23日に全部を発表した。内容は「議会改革」や「受動喫煙防止条例制定」など13の基本政策であった[17]

この時点で小池は自民党籍を正式に離脱していなかったが、5月30日に都民ファーストの会の代表就任を表明し[18]、6月1日に自民党に離党届を提出した[19]が、自民党は判断を都議選終了後まで保留した[20]。その後に催された「都民ファーストの会 都議選総決起集会」で、小池は「東京大改革を真に進めるための決意を示すため、都民ファーストの代表を務める」と宣言して正式に代表に就任した[21]

都議選に、希望の塾の塾生をはじめ、自民党や民進党から鞍替えした現役の都議などの公認候補を50人擁立し、公明党で23人と東京・生活者ネットワークで1人と合計24人の選挙協力を締結した公認候補のほかに、主に民進党から離党した無所属候補11人などを推薦した。7月2日の投開票の結果、定数1名の島嶼部選挙区で自民現職に敗れた1人を除く49人が当選した。推薦した民進党出身の無所属候補を選挙終了後に6人追加公認して55議席となり、自民党から都議会第1党を奪取した[22]。さらに選挙協力を行った公明党と生活者ネットワークと合わせて、都民F55、公明23、ネット1で合計79議席となり、小池勢力が過半数を獲得した[22]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE