遠藤誠一
[Wikipedia|▼Menu]

遠藤 誠一
誕生 (1960-06-05)
1960年6月5日
北海道札幌市
死没 (2018-07-06) 2018年7月6日(58歳没)
日本東京都葛飾区小菅東京拘置所
ホーリーネームジーヴァカ
ステージ正悟師長
教団での役職第一厚生省大臣
入信1987年3月
関係した事件松本サリン事件
地下鉄サリン事件
判決死刑(執行済み)
現在の活動死亡(刑死)

遠藤 誠一(えんどう せいいち、1960年6月5日 - 2018年7月6日)は元オウム真理教幹部。元死刑囚北海道札幌市出身。ホーリーネームはジーヴァカ。教団内でのステージは正悟師で、1994年6月に教団に省庁制が採用されてからは厚生省大臣になり、後に厚生省を二分して生物兵器担当の第一厚生省大臣となった(化学兵器担当の第二厚生省大臣は土谷正実[1]松本サリン事件において実行犯、地下鉄サリン事件においてサリン生成の責任者を務めたとして死刑が下された。
目次

1 来歴

1.1 少年期

1.2 大学・大学院時代


2 出家後

2.1 ヴァジラヤーナ以前 ? 地位確立

2.2 ヴァジラヤーナ以降 ? 名声失墜


3 事件への関与

3.1 生物兵器の培養

3.2 非合法薬物・サリンの製造

3.3 松本サリン事件への関与

3.4 地下鉄サリン事件への関与


4 逮捕・裁判

4.1 逃走・逮捕

4.2 初公判から第4回公判まで

4.3 弁護士解任

4.4 第5回公判以降

4.5 死刑求刑から確定まで


5 晩年(死刑執行まで)

6 エピソード

7 人物評

8 関連事件

9 脚注

10 参考文献

来歴
少年期

1960年6月5日北海道札幌市にて生まれる。父は室内装飾会社の役員、母は世界救世教の信者で、姉が一人いた。キリスト教系の幼稚園に通っていたこともあり幼少期から宗教に触れる機会が多かった。クラスで一番背が低く、さらに左耳の難聴を患っていたが、野球・サッカー・スキーをするなどスポーツ好きで、社交的で活発な子供だった[2][3]。少年時代から動物好きで、父親に対し「世話は僕が一人でする。絶対可愛がるから」と熱心に説得して犬を飼った。中学1年の時は学級代表を務めた。中学3年時の担任教諭によると成績は全教科優秀で、特に理数系が得意な優等生だったという[4]。中学校の卒業文集では20年後の自分について「たぶん大学でも卒業して司法あるいはマスコミ関連についているだろう」と書き、友人の遠藤評には「皆から好かれる可愛い人です」と書かれていた[5]

高校は北海道札幌北高等学校に進学し、体操部に所属。2年のとき愛犬が病気になり、獣医に治療してもらったことがきっかけで獣医を志す。自分が獣医になったら飼い犬が病気になったときでも自分で診てやれると考え、犬猫専門の病院に勤めようと構想し、動物の病を治し生命を救うことに憧憬の念を抱いた[2]
大学・大学院時代

こうして夢を叶えるべく帯広畜産大学畜産学部獣医学科に進学する。初めのうちは学生寮に住むが、のちに親しい友人と8畳1間のアパートを借りて共同台所で自炊するつつましい生活を送った[6]。大学2年の時、分子生物学の講義を受け、これこそが究極の学問ではないかと感銘を受けた。これを契機として遺伝子工学の勉強を独自に始め、遺伝子工学の研究室へと配属された。一方その頃、獣医は飼い主の依頼があれば犬猫を毒殺することもあると知り、獣医よりも研究者としての職に惹かれていく。さらに大学1年の3月に父親を肝臓がんで亡くしたこともあり、将来の目標を獣医から遺伝子工学の研究者に変えることを決心した[2]

1986年、同大学院畜産学研究科獣医学専攻修了と同時に獣医師の資格を取得。修士論文は「各種のアデノウイルスDNAの牛腎臓株の核I因子の結合に関する研究」。ウイルス遺伝子複製のときのウイルス中の核タンパク質についての研究で、原文はすべて英語だった[5]京都大学大学院医学研究科博士課程に進学。母親は「京都大学医学部」の看板を背景にして写した写真を近所の人に見せるなど大喜びであった[5]。ここでは遺伝子工学、ウイルス学を専攻し、京大ウイルス研究所で「成人T細胞白血病ウイルス」と当時話題になった「エイズウイルス」の遺伝子解析を行うなどした[2]。毎朝11時から深夜2,3時まで実験室に籠もる生活を送り、研究仲間には、研究員の中でも特に研究熱心だと見なされていた[3]

しかし遺伝子を研究していく中で「遺伝子とは生命の根本であるが、生命の本質ではない」という疑念と、自分の考え方・研究生活への矛盾が浮かび、の存在など精神世界に興味が向かうようになっていった。そして1986年12月、麻原彰晃の著作『超能力秘密の開発法』に出会う。冬休み、帰省のために札幌へ向かう船の中で、遠藤は麻原の著書を読みながら眠ると麻原にエネルギーの注入をされる夢をみた。目が覚めるとそのとき風邪をひいていたはずが、熱が下がったという経験をし、それまで研究していた世界とは別の世界があると認識する。その後さらに神秘体験を重ねて麻原彰晃への興味を深めた遠藤はオウム神仙の会(オウム真理教の前身。当時はヨガサークル)の大阪支部を訪ね、1987年3月、宗教団体という認識は持たずに入信。入信直後、幽体離脱を経験し、さらに宗教的神秘への確信を深めた。これらの神秘体験を経て、遠藤は「生命の本質は遺伝子ではなくであり、それは仏教でいう『真我』である」と悟るにつれて、遺伝子工学がもたらすような科学的世界像より魂を本質とした超理性的な世界像を優先するようになった。こうして超能力神秘体験などは全く信じない理系の人間だったはずの遠藤は、オウムの思想体系に傾倒していく[2]

1988年に麻原が出版した著書『マハーヤーナ・スートラ 大乗ヨーガ経典』の広告では、推薦文を寄せた読者の一人として写真とメッセージが掲載されている(肩書きは「京都大学大学院生」)。その中で遠藤は、「一切のものは原因と結果の連続に過ぎない」という麻原の言葉に、長く心を縛り付けていた重荷から解放されるような安らぎを感じ、ここまで真理を公開した麻原に何とか報いなければならないような気がしたと述べている[7]

オウムに入信してからというもの「インドでヨガの修行をする」と言い残して大学から3ヶ月ほど姿をくらましたりすることがあった。当時、研究と並行して看護学校で講師のアルバイトをしていたが、ある日突然同僚に「あとは頼む」と言って仕事を押し付けて何日かいなくなることもあったことから、周囲との人間関係が悪くなり、研究室の中では浮いていたという[3]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:117 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE