遊び
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

工学用語については「遊び (工学)」を、映画については「遊び (映画)」をご覧ください。

「遊戯」はこの項目へ転送されています。楽曲については「遊戯 (ドビュッシー)」をご覧ください。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年1月)
ピーテル・ブリューゲル子供の遊戯
1560年に描かれた油彩画で、当時のヨーロッパにおける様々な遊びを網羅しようとした風俗画の傑作。

遊び(あそび)とは、知能を有する動物ヒトを含む)が、生活的・生存上の実利の有無を問わず、を満足させることを主たる目的として行うものである。基本的には、生命活動を維持するのに直接必要な食事睡眠等や、自ら望んで行われない労働は含まない。類義語として遊戯(ゆうぎ)があるものの、原義は大きく異なる(後述)。

遊びは、それを行う者に、充足感やストレスの解消、安らぎや高揚などといった様々な利益をもたらす。ただし、他者にとってその行動が何を意味するかは問わないのであり、たとえ他者への悪意に基づく行動であっても当人が遊びと認識するのであれば、当人に限ってそれは遊びである(むろん、他者はそれを容認しない)。


目次

1 動物の遊び

2 霊長類の遊び

3 人間の遊び

3.1 遊びの類型

3.2 幼児のごっこ遊び

3.3 幼児の行うルール遊び

3.3.1 1-2歳児が行うルールのある遊び

3.3.2 3歳ごろからのルール遊び



4 語としての遊び

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


動物の遊び

この節の加筆が望まれています。
本能に裏打ちされた遊び
たちは棒切れで遊びまわり、それとは知らぬまま、生活に欠かせない運動能力や狩りの技術の習得あるいは鍛錬に励む。ここでは棒切れが遊び道具であるが、狩りをする野生動物であれば獲物がそれに当たることも多い。

遊び行動[1]は、高度な知能を具えた動物において、成長途上にある個体に多く見られるほか、成熟個体にも少なからず見られるものである[2]。 これは、動物が生きてゆく上で必要な身体能力(筋力・心肺能力〈持久力〉・運動能力等を意味する体力免疫力等を意味する基礎的体力)・知識経験などを、おのずから習得する、あるいは鍛錬するために具わった性質と考えられる。動物は遊びのなかで狩りコミュニケーションの方法を学んでゆく。ヒトは成熟後も遊びを行なうのが一般的である一方、ヒト以外の動物は成熟するとあまり遊ばなくなると言われてきたが、必ずしも研究者はそのようには捉えていない[3]。また、家畜化およびペット化された動物、特にイヌネコなどは、成熟後も遊びたがる傾向があるように見える。野生動物でも、遊び行動は哺乳類鳥類に広く見られ[4]、成熟した個体であってもそれが見られる。哺乳類の中でも霊長類はよく遊び、霊長類の中でも類人猿はよく遊ぶ[4]。哺乳類では他に、クジラはよく遊び、クジラの中でもハクジラ類がよく遊ぶが、ハクジラ類の中でもイルカの遊び行動は観察機会が多いこともあってか一般にまで広く知られている。現生ゾウ目(長鼻目)のゾウ2(ロクソドンタ属〈アフリカゾウ属〉とエレファス属〈アジアゾウ属〉)もよく遊ぶ。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:63 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE