遊び
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

工学用語については「遊び (工学)」を、映画については「遊び (映画)」をご覧ください。

「遊戯」はこの項目へ転送されています。楽曲については「遊戯 (ドビュッシー)」をご覧ください。
ピーテル・ブリューゲル子供の遊戯
1560年に描かれた油彩画で、当時のヨーロッパにおける様々な遊びを網羅しようとした風俗画の傑作。

遊び(あそび)とは、知能を有する動物ヒトを含む)が、生活的・生存上の実利の有無を問わず、を満足させることを主たる目的として行うものである。基本的には、生命活動を維持するのに直接必要な食事睡眠等や、自ら望んで行われない労働は含まない。類義語として遊戯(ゆうぎ)がある(詳細後述)。

遊びは、それを行う者に、充足感やストレスの解消、安らぎや高揚などといった様々な利益をもたらす。ただし、それに加わらない他者にとってその行動がどう作用するかは問わないのであり、たとえ他者への悪意に基づく行動であっても当人が遊びと認識するのであれば、当人に限ってそれは遊びとなる(むろん、他者はそれを容認しない)。


目次

1 「遊び」にかかわる語

2 人間の遊び

2.1 「遊び」の特質

2.2 「遊び」の類型

2.3 遊びと発達

2.3.1 幼児のごっこ遊び

2.3.2 幼児の行うルール遊び

2.3.2.1 1-2歳児が行うルールのある遊び

2.3.2.2 3歳ごろからのルール遊び



2.4 商品化される遊び


3 霊長類の遊び

4 動物の遊び

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


「遊び」にかかわる語

和語「あそび」の語源について定説というべきものは無いが、大喪儀の際などに(もがり)の神事に従事することを職とした品部である「遊部(あそびべ)」[1]古代に存在したことなどを論拠に、その本義を神道の神事に関わるものとする説がある[2]漢字の「遊」は、「?」と「ゆれ動く」意と音とを示す「?(ゆう)」によって構成され、「ゆっくり道を行く」意を持つと共に、「あそぶ」意をも表わしている[3]

遊戯(ゆうぎ、wikt)は、第1義に、遊びたわむれること[1][4][5]。第2義には、子供たちが行う、音楽に合わせた踊り運動であり、美化語で「おゆうぎ」とも言う[4][5]。 ただし、「ゆうぎ」と読むようになったのは明治時代以降であり、それ以前は「ゆげ」(ときに「ゆけ」)もしくは「ゆうげ」と読んでいた[2]。さらに元を正すと遊戯(ゆげ、古くは「ゆけ〈遊化〉」[4])は仏教用語であり、いっさいの精神束縛から脱した「自在の境地」に達していること、あるいは、その境地に至った人、すなわち菩薩およびそれに近い修行者が自由自在にふるまうことを意味する[2][5]。その意味においても、神道と交わることを原義とする和語「あそび」に由来する遊び(あそび)とは異なる[2]


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:65 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE