連立政権
[Wikipedia|▼Menu]

連立政権(れんりつせいけん)とは、複数の政党政権を担当すること。また内閣が複数の政党から成り立つ事を連立内閣(れんりつないかく)と言う。ただし、第2次橋本内閣のように組閣は自民党単独であるが、閣外協力の形で、社民党新党さきがけのような政党が、連立政権に参加するといったパターンも考えられる。そのため組閣は単独だが、閣外協力をする与党が存在する場合を新聞などでは「連合政権」といって区別することもある。多くの場合議院内閣制をとる国で、どの政党も議会内において単独で過半数を制し得ないときに成立する。また政党システム二大政党制となっている場合には一政党が単独で過半数を制することが多いので成立しにくいが、多党制となっている場合には単独政党では過半数に及ばないことが多いので成立しやすい。
目次

1 各国の連立政権

1.1 イギリス

1.2 ベルギー

1.3 ドイツ

1.4 レバノン

1.5 日本


2 連立成立までの過程

3 連立政権の政策過程

4 脚注

5 関連項目

各国の連立政権
イギリス

2010年イギリス総選挙において、保守党 (イギリス)自由民主党 (イギリス)が連立した。


この節の加筆が望まれています。

ベルギー

2011年12月10日、6つの政党が連立した。第1党の新フラームス同盟は連立に参加しない[1]


この節の加筆が望まれています。

ドイツ

比例代表制を採用している国では、大政党といえど過半数が取れないことが多く、例えばドイツ連邦共和国は戦後の内閣はすべて連立政権である。

キージンガー政権や第1次メルケル政権のように、普段は競合関係にある二大政党が何らかの理由で連立政権を組むような場合は「大連立」と呼ぶ。

ドイツの連立政権は、各政党のシンボルカラーを並列した名称で呼ばれる。5大政党のシンボルカラーは、ドイツキリスト教民主同盟 / キリスト教社会同盟 が黒、自由民主党が黄、ドイツ社会民主党が赤、同盟90/緑の党が緑、左翼党が赤(赤紫)。2009年連邦議会選挙の結果、これまでの「黒赤」左右大連立から中道右派の「黒黄」連立へと与党の組み替えが行われた。
レバノン

レバノンではサード・ハリーリー首相が党首を務める未来運動などの親米反シリア政党の連立政権3月14日連合が現在政権を担っている。ラフィーク・ハリーリー元首相らが暗殺された後の反シリア派勢力による杉の革命によって政権が逆転し大連立を組むことになった。対するヒズボラアマルなど野党の親シリア派は3月8日連合を組み政権奪取を目指している。
日本

日本では、戦前や戦後の混乱期、1955年保守合同自由民主党が成立するまでは連立政権が多く見られた。以後、長期にわたって自民党の単独政権が続いた。いわゆる55年体制以降で連立政権が初めて誕生したのは1983年の自由民主党と新自由クラブとの連立である。1979年の衆議院総選挙直後、第2次大平内閣の発足時は伯仲国会となり、新自由クラブとの閣内連立を模索したこともあったが、結局与党内の反発や新自由クラブ内での路線対立などもあってご破算になった。

しかし、1986年の死んだふり解散による衆参ダブル選挙において自民党が衆参で絶対安定多数を確保して連立相手の新自由クラブが吸収合併されると、暫くはまた自民党の単独政権が続いた。また、1989年第15回参議院議員通常選挙で、自由民主党が非改選議席を合わせても過半数に届かず大敗を喫したが、当初は野党、特に公明党民社党と妥協を図る自公民路線で自民党単独政権を維持していた。

状況が一変したのは、1993年8党連立の細川内閣以降である。これ以降は、衆議院で単独過半数または絶対安定多数を獲得した政党は現れたが、参議院で単独過半数を得る政党が出現せず、連立を組まざるを得ない状況が慢性化している。

この結果、2005年のいわゆる郵政選挙で自民党が衆議院で絶対安定多数の議席を得ながら公明党に配慮したり、2009年大勝した民主党も、普天間基地移設問題や予算編成において、社会民主党と国民新党の主張の前に立ち往生する場面があり、少数政党も一定の発言力をもつようになった。

また、参議院での重要案件の処理をめぐる議事運営によって、政権の命運を左右されることがしばしばあり、相対的に参議院の存在感が高まり影響力を強めた人物も現れた。自民党の青木幹雄や民主党の輿石東はその代表である。

2017年3月31日現在、日本の政権は自由民主党公明党による自公連立政権である。

1955年以降の歴代連立内閣保守連立政権
第2次中曽根内閣自由民主党新自由クラブ
非自民・非共産連立政権
細川内閣日本新党日本社会党新生党公明党民社党新党さきがけ社会民主連合民主改革連合
羽田内閣新生党・公明党・日本新党・自由党・民社党・社会民主連合・改革の会
自社さ連立政権
村山内閣日本社会党・自由民主党・新党さきがけ・(政務次官のみ自由連合
第1次橋本内閣自由民主党・社会民主党・新党さきがけ
自自連立政権
小渕第1次改造内閣自由民主党・自由党
自自公連立政権
小渕第2次改造内閣自由民主党・自由党・公明党・(政務次官のみ改革クラブ
自公保連立政権
第1次森内閣
第2次森内閣自由民主党・公明党・保守党・(政務次官のみ改革クラブ(第1次まで))
第1次小泉内閣自由民主党・公明党・保守新党
第一次自公連立政権
第2次小泉内閣
第3次小泉内閣自由民主党・公明党
第1次安倍内閣自由民主党・公明党
福田康夫内閣自由民主党・公明党
麻生内閣自由民主党・公明党
民社国連立政権
鳩山由紀夫内閣民主党・社会民主党・国民新党
民国連立政権
鳩山由紀夫内閣民主党・国民新党


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:28 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE