通信プロトコル
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPPカテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVPカテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4IPv6) / ICMP / ICMPv6 / NDP / IGMP / IPsecカテゴリ
リンク層

ARP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネットIEEE 802.11DSLISDNカテゴリ

通信プロトコル(つうしんプロトコル、Communications protocol)、あるいはネットワーク・プロトコルは、ネットワーク上での通信に関する規約を定めたものである。「通信規約」や「通信手順」と訳す場合もある。


目次

1 説明

2 構成要素

3 各種プロトコル

3.1 第1層(物理{フィジカル}層)のプロトコル

3.2 第2層(データリンク層)のプロトコル

3.3 第2+3層のプロトコル

3.4 第3層(ネットワーク層)のプロトコル

3.5 第3+4層のプロトコル

3.6 第4層(トランスポート層)のプロトコル

3.7 第5層(セッション層)のプロトコル

3.8 第6層(プレゼンテーション層)のプロトコル

3.9 第7層(アプリケーション層)のプロトコル


4 歴史

5 関連

5.1 プロトコル記述言語


6 出典

7 関連項目


説明

一つの通信でも、役割の異なる複数のプロトコルから成り立っていることも多く、それらをまとめたものは「プロトコルスタック」、「プロトコル・ファミリー」、「プロトコル・スイート」などと呼ぶ。これは、ネットワーク・プロトコルが階層的に定義されているのに対応して、それを実装するソフトウェアも階層的に構築されるためである。また、このことからプロトコルや、プロトコル・スタックは、しばしばそれらのソフトウェアでの実装を指すこともある。

最近のインターネットの通信に関するプロトコルは、コンピュータ上で動くソフトウェアに関する取り決めを中心に、伝送路などのハードウェアについての取り決めも含まれ、そのほとんどは、IETFによって定められ、その他のものについてはIEEEISOなどの組織によって定められている。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:27 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE