逃走の罪
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

逃走の罪

法律・条文刑法第97条 - 第102条
保護法益国の拘禁作用
主体各類型による
客体各類型による
実行行為各類型による
主観故意犯(第100条は目的犯)
結果結果犯
実行の着手各類型による
既遂時期各類型による
法定刑各類型による
未遂・予備未遂罪(第102条)
テンプレートを表示

日本の刑法

刑事法
刑法
刑法学犯罪刑罰
罪刑法定主義
犯罪論
構成要件実行行為不作為犯
間接正犯未遂既遂中止犯
不能犯因果関係
違法性違法性阻却事由
正当行為正当防衛緊急避難
責任責任主義
責任能力心神喪失心神耗弱
故意故意犯錯誤
過失過失犯
期待可能性
誤想防衛過剰防衛
共犯正犯共同正犯
共謀共同正犯教唆犯幇助犯
罪数
観念的競合牽連犯併合罪
刑罰論
死刑懲役禁錮
罰金拘留科料没収 ・ 牢死
法定刑処断刑宣告刑
自首酌量減軽執行猶予
刑事訴訟法刑事政策










プロジェクト 刑法 (犯罪)

逃走の罪(とうそうのつみ)は、刑法に規定された国家的法益に対する罪で、国家による拘禁から逃れること、または国家による拘禁にある者を逃れさせたり、その援助をする犯罪類型。


目次

1 概説

2 単純逃走罪

2.1 主体

2.2 行為

2.3 未遂


3 加重逃走罪

3.1 主体

3.2 行為

3.3 未遂


4 被拘禁者奪取罪

4.1 客体

4.2 行為

4.3 未遂


5 逃走援助罪

5.1 目的犯

5.2 客体

5.3 行為

5.4 既遂時期

5.5 未遂


6 看守者等による逃走援助罪

6.1 主体

6.2 客体

6.3 未遂


7 脚注

8 参考文献

9 関連項目


概説

逃走の罪は第二編「罪」第六章に規定がある。逃走の罪の保護法益は国家の拘禁作用である[1]

逃走の罪の類型としては、被拘禁者が自ら逃走する場合(被拘禁者が犯罪の主体となる場合)と被拘禁者を他者が逃走させる場合(被拘禁者が犯罪の客体となる場合)とがあり、このうち前者(単純な逃走)については期待可能性が低いために不可罰としている国もあるが、日本では処罰対象としている[1]


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:27 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE