近畿地方
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、日本の近畿地方について説明しています。放送局における地域区分(近畿広域圏)については「広域放送」をご覧ください。

近畿地方のデータ
2府5県の合計
日本
面積33,112.42km2
総人口22,551,434人
(2015年5月1日)
人口密度681.06人/km2
(2015年5月1日)
位置

近畿地方の地形図

近畿地方(きんきちほう)は、本州中西部に位置する日本の地域である。かつての畿内とその周辺地域から構成される。東京奠都までの王城の地で、現在は関東地方に次ぐ日本第二の都市圏・経済圏であり、西日本の中核である。

近畿地方の範囲について法律上の明確な定義はないが[注釈 1]、一般的には大阪府京都府兵庫県奈良県三重県滋賀県和歌山県の2府5県(7府県)を指す[2]。構成府県については範囲節も参照。


目次

1 名称

1.1 英文呼称について


2 範囲

3 地理

4 人口

4.1 主要都市

4.2 年齢構成

4.3 都市圏


5 経済

6 地域区分

7 歴史

7.1 先史時代

7.2 古代

7.3 中世

7.4 近世

7.5 近現代

7.6 参考文献


8 文化

8.1 年中行事

8.2 食文化

8.3 方言

8.4 教育

8.5 スポーツ

8.6 テーマパーク


9 交通

9.1 交通史

9.2 幹線交通網

9.3 鉄道

9.4 道路

9.5 空港

9.6 港湾


10 マスメディア

10.1 新聞

10.2 放送

10.2.1 ラジオ

10.2.2 テレビ



11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 関連項目


名称

「近畿」は古代律令制における広域行政区画「畿内」に由来する語である。すわなち都とその近隣地域という意味で、現代語に置き換えると「首都圏」と同義である。主に歴史・文化用語で用いられる「上方」は「皇居のある方角」という語義を持つ。

「近畿」という名称は明治時代に地理の教科書で採用されて広まったものである。1898年(明治31年)に『中外地理学 内国之部』で「近畿区」として、翌年に『日本地理』で「近畿地方」として使われたのが最初で(どちらも中学校教科書)、1903年(明治36年)の第1期国定教科書『小学地理』で確立された[3]。なお、ジョアン・ロドリゲスの『日本教会史』には「畿内(五畿内)」の同義語として「京畿」と「近畿」が挙げられており、「近畿」という言葉自体は近世にも存在していたことが分かる[3]

現在、関東地方と対置して「関西」が「近畿」の類義語として多用されるが、行政機関名や気象情報など公的な場面では「近畿」が多用される。

「近畿」を称するもの - 近畿で始まる記事の一覧キンキホームKinki Kids競馬キンキなど


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:144 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE