軍服_(大日本帝国陸軍)
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
1875年(明治8年)当時の各種軍服1890年代当時の将兵。右の旭日旗は帝国陸軍の歩兵連隊軍旗(連隊旗)。将校は軍衣(冬衣相当)を、下士卒は夏衣を着用1900年(明治33年)当時の将兵の各種軍服1910年代から1920年代初期にかけての将兵1930年代初期の将兵1940年代初期の下士官兵1940年代初期の将校

この記事では、明治維新の建軍から第二次世界大戦敗戦による解体まで、大日本帝国陸軍軍人が着用した制服について解説する。軍服一般については軍服を参照。


目次

1 概要

2 天皇の軍服

3 正装

3.1 正装(将校准士官等)

3.1.1 正装をすべき場合


3.2 様式

3.3 正装(下士卒等)


4 礼装

5 通常礼装

5.1 昭和13年制式以前

5.2 昭和13年制式以降


6 軍装・略装

6.1 明治3年制式

6.2 明治6年制式

6.3 明治12年以降

6.3.1 将校・同相当官

6.3.2 下士卒・同相当官


6.4 明治19年制式

6.4.1 第二種帽

6.4.2 軍衣

6.4.3 袴


6.5 明治26年制式

6.5.1 元帥徽章

6.5.2 垂布(在台湾陸軍軍人)

6.5.3 戦地服(北清事変)


6.6 明治33年制式

6.6.1 第二種帽

6.6.2 軍衣

6.6.3 夏衣


6.7 明治37年戦時服

6.8 明治38年戦時服

6.9 明治39年制式

6.10 明治45年制式

6.10.1 明治45年

6.10.2 軍帽

6.10.3 軍衣

6.10.4 襟章

6.10.5 肩章

6.10.6 夏衣

6.10.7 袴

6.10.8 将官・同相当官の特則

6.10.9 大正7年

6.10.10 大正9年

6.10.11 大正11年

6.10.12 昭和5年

6.10.13 防暑衣袴

6.10.14 青年将校文化(大11制・昭5制)


6.11 昭和13年制式

6.11.1 青年将校文化(昭13制)

6.11.2 襟章

6.11.3 胸章

6.11.4 脇裂(将校准士官)

6.11.5 肩章(将校准士官)

6.11.6 肩章(下士官兵)

6.11.7 上衣細部

6.11.8 綿製冬衣

6.11.9 マント(将校准士官)

6.11.10 略帽

6.11.11 垂布

6.11.12 袴

6.11.13 防暑衣袴

6.11.13.1 昭和13年

6.11.13.2 昭和17年


6.11.14 その他細部

6.11.15 昭和18年制式

6.11.15.1 襟章

6.11.15.2 袖章

6.11.15.3 胸章

6.11.15.4 その他細部


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:181 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE