足寄郡
[Wikipedia|▼Menu]


令制国一覧 > 北海道 (令制) > 釧路国 > 足寄郡

日本 > 北海道 > 十勝総合振興局 > 足寄郡
北海道足寄郡の位置(1.足寄町 2.陸別町 薄緑:後に他郡から編入した区域)

足寄郡(あしょろぐん)は、北海道釧路国十勝総合振興局人口9,424人、面積2,016.94km²、人口密度4.67人/km²。(2018年3月31日、住民基本台帳人口)以下の2町を含む。

足寄町(あしょろちょう)

陸別町(りくべつちょう)

目次

1 郡域

2 歴史

2.1 郡発足までの沿革

2.2 郡発足以降の沿革


3 参考文献

4 関連項目

郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記2町から足寄町の一部(概ね平和・共栄町・上利別・上利別本町・大誉地を除く利別川以東)、陸別町の一部(トマム)を除いた区域にあたる。
歴史
郡発足までの沿革

江戸時代の足寄郡域は、松前藩によって開かれたクスリ場所に含まれた。

江戸時代後期、足寄郡域は東蝦夷地に属していた。国防のため寛政11年足寄郡域は天領とされた。文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり仙台藩が警固をおこなった。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して足寄郡が置かれた。開拓使公文録では足寄に「アシヨセ」と訓が付されていたが、後に現在の「あしょろ」の読みとなった。

その他、古くから雌阿寒温泉が知られていた。
郡発足以降の沿革 北海道一・二級町村制施行時の足寄郡の町村(17.足寄村 18.淕別村 緑:足寄町 青:区域が発足時と同じ町村)

明治2年

8月15日1869年9月20日) - 北海道国郡里制が施行され、釧路国および足寄郡が設置される。開拓使が管轄。

9月14日(1869年10月18日) - 兵部省の管轄となる(北海道の分領支配)。


明治3年

1月8日1870年2月8日) - 再び開拓使の管轄となる。

5月3日(1870年6月1日) - 福山藩の領地となる(同上)。


明治4年6月 - 再び開拓使の管轄となる。

明治12年(1879年7月23日 - 郡区町村編制法の北海道での施行により、行政区画としての足寄郡が発足。

明治13年(1880年)7月 - 厚岸郡外六郡役所(厚岸釧路白糠阿寒足寄川上網尻郡役所)の管轄となる。

明治14年(1881年7月8日 - 厚岸郡外五郡役所(厚岸釧路白糠阿寒足寄川上郡役所)の管轄となる。

明治15年(1882年2月8日 - 廃使置県により根室県の管轄となる。

明治18年(1885年)5月 - 釧路郡外四郡役所(釧路白糠足寄阿寒川上郡役所)の管轄となる。

明治19年(1886年

1月26日 - 廃県置庁により北海道庁根室支庁の管轄となる。

2月 - 根室支庁が廃止。


明治20年(1887年)6月 - 釧路郡外十一郡役所(釧路阿寒白糠足寄川上広尾当縁十勝中川河西河東上川郡役所)の管轄となる。

明治22年(1889年)1月 - 釧路郡外十郡役所(釧路阿寒白糠足寄広尾当縁十勝中川河西河東上川郡役所)の管轄となる。

明治24年(1891年)3月 - 釧路郡外十二郡役所(釧路阿寒白糠足寄広尾当縁十勝中川河西河東上川厚岸川上郡役所)の管轄となる。

明治30年(1897年

7月 - 釧路郡外五郡役所(釧路阿寒白糠足寄川上厚岸郡)の管轄となる。

11月5日 - 郡役所が廃止され、釧路支庁の管轄となる。


大正6年(1917年) - 人口:5,400名。マラリア患者:2名。

大正11年(1922年8月1日 - 釧路支庁が釧路国支庁に改称。

大正12年(1923年4月1日 - 北海道二級町村制の施行により、以下の町村が発足。(2村)

足寄村(二級村) ← 足寄村、螺湾村(現・足寄町)

淕別村(二級村) ← 淕別村、利別村(現・陸別町)


昭和18年(1943年6月1日 - 北海道一・二級町村制が廃止され、北海道で町村制を施行。二級町村は指定町村となる。

昭和21年(1946年10月5日 - 指定町村を廃止。

昭和22年(1947年5月3日 - 地方自治法の施行により北海道釧路国支庁の管轄となる。

昭和23年(1948年10月20日 - 十勝支庁の管轄となる。

昭和24年(1949年8月1日 - 淕別村が改称して陸別村となる。

昭和26年(1951年)4月1日 - 陸別村が中川郡西足寄町の一部(字斗満の一部、63m2、252戸、1,863人)を編入。

昭和28年(1953年9月18日 - 陸別村が町制施行して陸別町となる。(1町1村)

昭和30年(1955年)4月1日 - 足寄村が中川郡西足寄町と合併して足寄町が発足。(2町)

平成22年(2010年)4月1日 - 十勝支庁が廃止され、十勝総合振興局の管轄となる。

参考文献

角川日本地名大辞典 1 北海道

内務省衛生局保健衛生調査室編『各地方ニ於ケル「マラリア」ニ関スル概況』1919年(大正8年)発行(2008年1月21日現在、国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で閲覧可能)

関連項目

松前藩

箱館奉行

商場(場所)知行制

場所請負制

北海道の分領支配










釧路国
足寄郡 | 白糠郡 | 釧路郡 | 阿寒郡 | 網尻郡 | 川上郡 | 厚岸郡


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:27 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE