購買力平価説
[Wikipedia|▼Menu]
■オプション
記事を表示
Wikipediaで表示
ノートへ移動
Googleで表示
 ↑画像参照
コピペモード
□本文ページのURL

■[購買力平価説]を検索
Wikipedia内
Google携帯サイト
Google一般サイト
Yahoo!モバイル
Uncyclopedia
2chスレッド
□ハッシュ
  8丁目1995番地
■キーワードリンク一覧



為替レート
[1]
1921年
スウェーデン
経済学者
グスタフ・カッセル


1 絶対的購買力平価
2 相対的購買力平価
3 PPPレートの推計
3.1 OECD統計の相対的物価水準
3.2 ビッグマック指数
4 脚注
5 関連事項
絶対的購買力平価


一物一価の法則
インフレーション
デフレーション
第一勧銀総合研究所
[2]
為替レート#実質実効為替レート
[3]
経済学者
高橋洋一
[4]
相対的購買力平価


1973年
PPPレートの推計


国際連合
[5]
[6]
OECD
Eurostat
OECD統計の相対的物価水準


OECD
[7]


ビッグマック指数
マクドナルド
ビッグマック
イギリス
エコノミスト
日本
ファストフード
[8]
[9]
[10]
[11]
^
^
^
円高は経済政策の失敗が原因だ
^
2012年インタビュー
^
国際比較プログラムへの参加(総務省統計局)
^
International Comparison Program(世界銀行)
^
Monthly comparative price levels
英語
経済協力開発機構
^
^
2011年エコノミスト誌のビックマック指数(表)
^
The Starbucks index: Burgers or beans?
^
円は割高か割安か、「バーガノミクス」という指標で探りました。
関連事項

国際経済学
金利平価説
国の国内総生産順リスト

経済学
経済理論
計量経済学
応用経済学
マクロ経済学
総需要
国際収支統計
景気循環
中央銀行
通貨
需要ショック
経済成長
有効需要
ケインズの一般理論
不況
恐慌
世界恐慌
ハイパーインフレーション
インフレーション
利子
投資
IS-LM分析
金融政策
貨幣
NAIRU
国民経済計算
利潤率
景気後退
貯蓄
スタグフレーション
供給ショック
失業
ミクロ経済学
費用便益分析
複占
均衡
規模の経済
範囲の経済
弾力性
期待効用
外部性
一般均衡
無差別曲線
限界費用
市場の失敗
市場構造
独占
寡占
機会費用
選好
利潤
公共財
危険回避
希少性
シュリンクフレーション


次ページ
元文表示
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:27 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE