貴族_(中国)
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

ウィクショナリーに貴族の項目があります。

中国史における貴族は、魏晋南北朝時代から末期(220年 - 907年)にまで存在した血統を基幹として政治的権力を占有した存在を指す。後漢豪族を前身とし、において施行された九品官人法により貴族層が形成された。北朝ではこれに鮮卑匈奴といった北族遊牧民系統の族長層が加わり、その系譜を汲む・唐でもこの両方の系統の貴族が社会の支配層の主要部を形成した。中国史学では、貴族が社会の主導権を握っていた体制を貴族制と呼ぶ。

貴族は政治面では人事権を握って上級官職を独占することで強い権力を維持し、その地位を子弟に受け継がせた。このことにより官職の高下が血統により決定されるようになり、門地二品・士族と呼ばれる層を形成した。一方、文化面では王羲之謝霊運などを輩出し、六朝から唐中期までの文化の担い手となった。隋代に導入された科挙により新しい科挙官僚が政界に進出してくるようになると貴族はこれと激しい権力争いを繰り広げるが、最終的に唐滅亡時の混乱の中で貴族勢力は完全に瓦解した。

貴族という用語は日本の歴史学界で使われる用語であり、当時の貴族による自称は士・士大夫・士族であった。これに倣い中国の歴史学界では士族の語が使われる。

この項目では特に注記の無い限り、宮崎市定『九品官人法の研究』をもとに記述する。


目次

1 歴史

1.1 前史(-220)

1.2 魏・西晋(220-316)

1.3 東晋・宋・斉(316-502)

1.4 梁・陳(502-589)

1.5 北朝(316-589)

1.6 隋・唐(589-907)


2 貴族制の構造

2.1 政治

2.1.1 人事制度

2.1.1.1 選挙・辟召・任子制


2.1.2 官品制度

2.1.2.1 清濁の別

2.1.2.2 士庶の別と流外官



2.2 社会・経済

2.2.1 家格


2.3 文化

2.3.1 三教

2.3.2 四学



3 研究

3.1 概説

3.2 研究史

3.2.1 前史

3.2.2 九品官人法の研究

3.2.3 論争の時代

3.2.4 停滞から再活性化


3.3 貴族制理解

3.4 研究者ごとの内容

3.4.1 川勝義雄

3.4.1.1 豪族共同体論

3.4.1.2 門生故吏関係


3.4.2 越智重明

3.4.3 矢野主税

3.4.4 渡邉義浩

3.4.5 川合安


3.5 日本以外での研究


4 注釈

5 出典

6 参考文献

6.1 論文集

6.2 論文・専門書


歴史
前史(-220)

代の族的集団を基盤とする都市国家社会においては大夫と呼ばれる族集団の族長層である支配者階層があり、族集団の祭祀を主催し軍事の枢要を占めて、その下の庶(民衆)とは隔絶する存在であった。この両階層を総称した士大夫という呼称は、後世に儒教が周代を理想時代としたこともあり、後世の支配者層により自らの雅称として盛んに使われた。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:79 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE