豊臣秀吉
[Wikipedia|▼Menu]

「羽柴秀吉」はこの項目へ転送されています。同名を名乗り活動した実業家・政治活動家については「羽柴誠三秀吉」をご覧ください。

 凡例豊臣秀吉 / 羽柴秀吉
豊臣秀吉像(狩野光信高台寺蔵)
時代戦国時代室町時代後期) - 安土桃山時代
生誕天文6年2月6日1537年3月17日[注釈 1]
死没慶長3年8月18日1598年9月18日
改名木下藤吉郎、秀吉、羽柴秀吉、藤原秀吉、豊臣秀吉
別名別名:元吉[注釈 2]
渾名:木綿藤吉[注釈 3]、豊太閤、猿、禿げ鼠
神号豊国大明神
戒名国泰祐松院殿霊山俊龍大居士
墓所豊国神社京都市東山区
不動院広島市東区
高野山奥の院(和歌山県高野町
国泰寺(広島市西区
官位筑前守従五位下左近衛権少将従四位下参議従三位権大納言正二位内大臣従一位関白太政大臣、贈正一位
主君松下之綱織田信長秀信
氏族木下氏平姓(冒姓))→ 羽柴氏(平姓 → 藤原姓猶子)→ 豊臣姓(賜姓))
父母父:木下弥右衛門、母:大政所
継父:竹阿弥、猶父:近衛前久
兄弟日秀三好吉房室)、秀吉、秀長旭姫佐治日向守室 → 副田吉成室 → 徳川家康室)
正室浅野長勝の養女・高台院
側室浅井長政の娘・淀殿 
石松丸、一女、鶴松秀頼
養子:秀次秀康秀俊秀勝豪姫菊姫竹林院小姫糸姫 
猶子:八条宮智仁親王近衛前子
特記
事項馬印は「金瓢箪」[注釈 4]。「一の谷馬蘭兜」は秀吉の代表的兜とされる。

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体: 豐臣秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名天下人、(初代)武家関白太閤三英傑の一人[1][2]

初め木下氏名字とし、羽柴氏に改める。本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家猶子となり藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓された。

尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる(出自参照)。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変明智光秀に討たれると「中国大返し」によりへと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地刀狩令惣無事令石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるがの征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。

墨俣の一夜城金ヶ崎の退き口高松城の水攻め中国大返し石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として広く親しまれ、農民から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。
目次

1 生涯

1.1 出自

1.2 松下家臣時代

1.3 織田家に仕官

1.4 織田政権下での台頭

1.5 播磨・但馬の攻略 - 中国攻め

1.6 信長の死から清洲会議まで

1.7 柴田勝家との対立

1.8 徳川家康との対立と朝廷への接近

1.9 関白任官と紀伊・四国・越中攻略

1.10 九州平定とバテレン追放令

1.11 朝臣として聚楽第を構える

1.12 小田原征伐から奥羽仕置

1.13 天下統一

1.14 文禄の役

1.15 秀次切腹事件

1.16 サン=フェリペ号事件と二十六聖人処刑

1.17 慶長の役

1.18 最期


2 年表

3 人物

3.1 出身・家系

3.2 容姿

3.3 死因

3.4 逸話


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:269 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE