豊洲市場
[Wikipedia|▼Menu]

座標: 北緯35度38分39秒 東経139度47分01秒 / 北緯35.64417度 東経139.78361度 / 35.64417; 139.78361 豊洲市場(2018年10月15日撮影)地図

豊洲市場(とよすしじょう)[1][2]は、東京都江東区豊洲六丁目にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場の一つ。2018年平成30年)9月13日に開場記念式典が行われ[3]、同年10月11日に取引を開始した。(築地市場移転問題の項目も参照)。
目次

1 背景

2 施設

2.1 千客万来施設

2.2 施設の設計

2.3 施設の施工


3 アクセス

4 東京都が主張する特徴

5 諸問題

6 所在地と周辺

7 ギャラリー

8 参考資料

9 脚注・出典

10 関連項目

11 外部リンク

背景

東京都は、築地市場中央区)が取り扱い数量の拡大により施設が手狭になった事や、施設老朽化、銀座などに近い豊洲という立地の良さなどを鑑み、2014年を目処に江東区豊洲への移転を検討していた。東京都側と築地市場業界との協議機関として、新市場建設協議会が設置され、2004年7月には「 ⇒豊洲新市場基本計画」が策定された。

移転先予定地は元々東京ガスの施設で、土壌汚染が発覚した。国の環境基準を大きく上回る有害物質ヒ素六価クロムシアン水銀ベンゼンの6種類が国の環境基準を超えており、発癌性物質であるベンゼンにいたっては局地的ではあるが、国の基準の43,000倍である[4]。)が地中に検出された。こうした安全・衛生面や移転に伴う経費等の負担への不満、築地に対する愛着を抱く一部仲卸などにより、移転反対運動が行われている。安全面での対応としては、2012年度より ⇒豊洲新市場土壌汚染対策工事を行っている。

なお、築地市場でも敷地の土壌汚染が確認されている[5]。このほか地下には第五福竜丸によって水揚げされた、水爆で被曝したマグロ(当時「原爆マグロ」と呼ばれた)が埋められている問題が存在している。

また、築地市場の建物にはアスベストが使用されている。主要施設においては、飛散による健康被害を防ぐ工事が行われ、既に「対策済み」とされている。一部施設(駐車場など)については、吹き付け材の状態が安定しているなどにより、当面は現状維持の上で「解体時対応」とされる[6]

土壌汚染対策のために開場時期は何度も延期されている。2014年12月17日、新市場建設協議会は2016年11月上旬に開場し、築地に代わる新市場として発足する事を正式に決定し[7]、その後開場日は11月7日とすること、名称を「豊洲市場」とすることが決定した[1][2]。だが2016年8月31日、開場は2017年2月以降に延期されることが発表された[8]。その後2017年東京都議会議員選挙に先立つ2017年6月、2018年6月頃の移転を公表した。その後に開場日は2018年10月11日となった[9]
施設

環二通りと東京都市計画道路補助第315号線の交差点を中心に5街区から7街区の3街区に跨がって建設された。東側の5街区に青果棟(地上3階建)、西側の6街区に水産仲卸売場棟(地上5階建)、南側の7街区に水産卸売場棟(地上5階建)および管理施設棟(地上6階建)が配置されている。管理棟には、築地市場にあった約3000冊の資料を所蔵する「銀鱗文庫」も移管された[10]

また水産業者などから信仰される魚河岸水神社(すいじんじゃ、本殿は神田明神境内)の遥拝所も、築地市場から豊洲市場敷地内へ遷座された[11]

市場の各施設を隔てる道路の交差点北東方にはゆりかもめ東京臨海新交通臨海線市場前駅があり、歩行者デッキで各街区と連絡される。

「環二通り」晴海方面を見る(2018年10月15日撮影)

「都道484号線」左側「管理施設棟」、右側「水産仲卸売場棟」(2018年10月15日撮影)

「環二通り」上の見学者通路、晴海方面を見る(2018年10月15日撮影)

「環二通り」上の見学者通路、有明方面を見る(2018年10月15日撮影)

市場前駅から見学者通路を「水産仲卸売場棟」に進む(2018年10月15日撮影)


「水産仲卸売場棟」の見学者通路(2018年10月15日撮影)

市場前駅より「青果棟」を見る(2016年9月26日撮影)

「管理施設棟」を見る(2018年10月15日撮影)

「水産卸売場棟」を見る(2018年10月15日撮影)

豊洲市場

千客万来施設

交差点に隣接して、6街区と5街区に観光客を対象とした商業・観光施設「千客万来施設」が建設される予定。

2014年2月19日、大和ハウス工業(5街区の伝統工芸体験施設を担当)と「すしざんまい」を運営する喜代村(6街区の飲食店や温浴施設を担当)の2社へ運営を委託することを決定した[12]が、2015年2月23日に大和ハウス工業が、同年4月28日には喜代村が辞退を申し入れた[13][14]

2016年3月4日、辞退表明をした2社に代わって万葉倶楽部が事業予定者として選定された[15](6街区のみ)。しかし、2017年6月に小池都知事が築地市場の再整備を行い、物流と食の観光拠点とすることを発表した[16][17]ことを受け、万葉倶楽部は採算が採れなくなることを理由に、撤退の意向を東京都に伝えた[18]。その後、両者の協議により「千客万来施設」は再び整備される方向となった。2018年8月時点の東京都による江東区議会への説明では、2023年開業が予定されている[19]
施設の設計

水産仲卸売場棟、水産卸売場棟、青果棟の設計は日建設計が行っている[20]
施設の施工

豊洲市場の施工は以下の共同企業体(JV)が行っている。[21]

水産仲卸売場棟 - 清水建設大林組戸田建設鴻池組東急建設錢高組東洋建設JV、

水産卸売場棟 - 大成建設竹中工務店熊谷組大日本土木名工建設株木建設長田組土木JV


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE