谷口清超
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

谷口 清超(たにぐち せいちょう、1919年10月23日 - 2008年10月28日)は宗教家。生長の家第2代総裁。広島県広島市出身。生長の家創始者・谷口雅春の娘婿。東京帝国大学文学部心理学科卒業。実父はかつて裁判官をしていた荒地清介、実母は荒地多加代。


目次

1 来歴・生涯

1.1 青春時代

1.2 布教活動

1.3 総裁就任

1.4 晩年


2 人物

2.1 家族


3 著書

4 翻訳

5 脚注

6 外部リンク


来歴・生涯
青春時代

東京帝大卒業後、戦争の激化で軍役に就くものの、すぐ肺を病み療養のため病院に入院。そこで相部屋の上等兵より谷口雅春の『生命の實相』を見せられ、その教えに感動する。終戦後、「万教帰一」を唱える雅春は、GHQの厳しい思想統制に対して西洋の光明思想を翻訳・紹介する文筆活動を開始、その翻訳助手を募集する広告を新聞に掲載。それを見た荒地清超はすぐに上京し、谷口宅を訪問。ここで後に妻となる、雅春の一人娘である谷口恵美子と知り合う。その後、荒地清超の人間性と才能を高く評価していた雅春夫妻は、恵美子との結婚を提案する。清超は驚きながらもそれを承諾、1946年11月13日に2人は結婚し、清超は谷口家の養嗣子となる。実は心の中では清超と恵美子はひそかに互いを思いあっていたことが後に判明する。
布教活動

本部の機構改革により、1957年に谷口雅春が教団の総裁に就任すると、清超は教団の副総裁に就任し、以後雅春とともに全国各地の講習会での指導、各種発行雑誌への執筆などを精力的に行い、雅春を補佐した。1978年龍宮住吉本宮落慶以後、谷口雅春・輝子夫妻が長崎へ移住した頃から、徐々に事務面での実質的な教団運営を行いはじめたとみられ、1983年には生長の家政治連合の活動を停止するなど、右翼的な色合いの強い運動の修正などを実施していく。
総裁就任

1985年6月17日に谷口雅春が死去すると、同年11月22日に生長の家総本山にて行われた「生長の家総裁法燈継承祭並びに新総裁襲任生長の家秋季式典」において、第2代生長の家総裁に就任した。同時に妻の谷口恵美子は、雅春の妻・谷口輝子より、白鳩会総裁の地位を引き継ぎ、第2代生長の家白鳩会総裁を継承。

1989年より両軸体制をスタートさせ、組織面の改革を実施。1990年には、当時教団の副理事長であった二男・谷口雅宣を副総裁に指名、就任。その後1993年には「国際平和信仰運動」を旗揚げするなど、純粋信仰面を強化した教団運営を行った。
晩年

2005年2月頃より体調を崩し、以後東京の総裁公邸(実質的な自宅)にて療養生活を送る。2008年10月28日、老衰のため89歳で死去。解脱名(戒名)は「實相無相光明宮弘誓通達大慈意大聖師」。

教団葬に当たる「追善供養祭」が2008年12月17日に行われ、翌2009年3月1日の立教記念日に谷口雅宣が第3代総裁を継承した。
人物

谷口雅春のように、医学的常識からは奇跡であるとしか思えない逸話は存在せず、霊媒体質ではない[1]
家族

家族は妻・恵美子との間に3男2女。1947年に長女、1948年に長男(出生後1年経たずに死去)、1950年に次女、1951年に次男・雅宣、1955年に三男がそれぞれ誕生。うち、現在教団運営に直接的に関わっている人物は雅宣のみである。なお孫が16人(男8人、女8人)おり、曾孫もいる。バレエダンサーミュージカル女優谷口あかりは孫の一人(三男の娘)。三島事件の際、三島由紀夫森田必勝の割腹自殺の介錯をした古賀浩靖は娘婿である。

文書伝道をモットーとする教団であり、清超もまた存命中に229冊の著書を発行した。
著書

黄色い灯台 日本教文社 1949

愛と祈りを実現するには 日本教文社 1952

健全の真理 生活応用篇 谷口雅春共著 日本教文社 1952

苦難と恐怖の克服法 人間救ひの原理 谷口雅春共著 日本教文社 1953

愛は凡てを癒す 日本教文社 1954

人生の開拓者 日本教文社 1954

あなたの幸福のために 日本教文社 1955

彼岸に到る道 ヨガの実践哲学と行法 日本教文社 1955

光明諸国物語 日本教文社 1956

念仏信仰の真髄
一遍上人の法語 日本教文社 1956

基督(キリスト) イエスの神秘的生涯とその解説 日本教文社 1956

菜根譚の光明思想 日本教文社 1956

美しい人生のために 日本教文社 1957

愛と智慧と信仰 谷口雅春共著 日本教文社 1958

もっと深く愛そう 日本教文社 1958

新・婦人教室 日本教文社 1960 「女性教室」と改題

菩薩は何を為すべきか 谷口雅春共著 日本教文社 1960

健全の真理 生活応用篇 谷口雅春共著 日本教文社 1960

サラリーマンの精神衛生 日本教文社 1960

伸びる生き方 日本教文社 1961

聖書はこう解釈する エルビン・シールによる寓話の詳解 日本教文社 1961

愛情教室 日本教文社 1962

新しき自由人 日本教文社 1962

人間の体験 日本教文社 1964

運命の主人公 日本教文社 1965

純愛は勝利する 日本教文社 1966

生きる 日本教文社 1967

谷口清超人生論集 全10巻 教文社 1968-69

人生の断想 日本教文社 1970

谷口清超宗教論集 全12巻 日本教文社 1971-73

通い合う愛 谷口恵美子共著 日本教文社 1971

正しき日本の進路 日本教文社 1972


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:14 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE