謝肉祭
[Wikipedia|▼Menu]

「謝肉祭」のその他の用法については「謝肉祭 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
仮面舞踏会のマスク姿のヴェネツィアのカーニバルドイツのヴォルファッハのカーニバルで、仮面をつけた人々サンタ・クルス・デ・テネリフェのカーニバル

謝肉祭(しゃにくさい、カーニバル)は、もともとカトリックなど西方教会の文化圏で見られる通俗的な節期で、四旬節の前に行われる。仮装したパレードが行なわれたり、菓子を投げる行事などが行なわれてきたことから、現代では宗教的な背景のない単なる祝祭をもカーニバルと称することが少なくない。


目次

1 名称と起源

2 謝肉祭に関する考察

3 世界各地のカーニバル

3.1 ドイツのカーニバル

3.2 代表的なカーニバル


4 脚注

5 関連項目

6 外部リンク


名称と起源

謝肉祭は、各国で次のように呼ばれる。

英語ではカーニヴァル (Carnival)

ドイツ語ではカーネヴァル (Karneval)、ファシング (Fasching)、ファストナハト (Fastnacht)

オランダ語ではカーナヴァル (carnaval)、ヴァステンアーヴォンド (Vastenavond)

スペイン語ではカルナバル (carnaval)

イタリア語ではカルネヴァーレ (carnevale)

フランス語ではカルナヴァル (carnaval)

ポルトガル語ではカルナヴァウ (carnaval)

ハンガリー語ではファルシャング (farsang)

ポーランド語ではカルナヴァウ (Karnawa?)

アイスランド語ではキョトクエズユハウティド (kjotkvedjuhatid)

スロベニア語ではプスト(pust)

日本語でも「カーニバル」が使われることはあるが、多くは謝肉祭ではなく華やかなパレードの方のみを指して用いる。

カーニバルの語源は、俗ラテン語 carnem(肉を)levare(取り除く)に由来する。元々は四旬節が始まる灰の水曜日の前夜に開かれた、肉に別れを告げる宴のことを指した[1]。ドイツ語のファストナハトなどもここに由来し、「断食の前夜」の意で、四旬節の断食(大斎)の前に行われる祭りであることを意味する[2]

別の説には、謝肉祭は古いゲルマン人の春の到来を喜ぶ祭りに由来し、キリスト教の中に入って、一週間教会の内外で羽目を外した祝祭を繰り返し、その最後に自分たちの狼藉ぶりの責任を大きな藁人形に転嫁して、それを火あぶりにして祭りは閉幕するというのがその原初的なかたちであったという[3]。カーニバルの語源は、この農耕祭で船を仮装した山車carrus navalis(車・船の意)を由来とする説もあるが、断食の前という意味の方が古いという研究者もいる。

長さは地域により異なるが、多くは1週間である。最終日はほとんどの場合火曜日(灰の水曜日の前日)であり、一部の地域では、この火曜日をマルディグラ(肥沃な火曜日)、シュロブ・チューズデー(告悔火曜日)、パンケーキ・デイなどといい、パンケーキを食べる習慣がある。これは、四旬節に入る前に卵を残さないために生じた習慣でもある。シュロブ・チューズデーの名は、かつて謝肉祭最終日すなわち灰の水曜日前日に、みなが告悔を行う習慣があったことに由来する。

現在はその起源である宗教的な姿を留めず単なる年中行事観光行事になっている地域も多い。とくに、リオデジャネイロのカーニバル(リオのカーニバル)におけるサンバ・パレードからの連想で、ロンドンノッティング・ヒル・カーニバルや、東京の浅草サンバカーニバルのように、四旬節とは全くことなる時期に開催される単なるサンバ・パレードをカーニバルと称することも少なくない。
謝肉祭に関する考察

謝肉祭に関して、各界の研究者から以下の様な論が表されている。

ジェームズ・フレイザーは『金枝篇』の中で、懺悔の火曜日灰の水曜日に謝肉祭人形が焚殺される理由について、古代イタリアで行われた樹木の精霊の受肉者であるネーミの司祭殺害の儀式と同じく、春の始まりに謝肉祭の擬似人格である人形を殺し、復活・再生後の豊穣を約束してもらう儀礼的意味があると考えた[4]

エドマンド・リーチエミール・デュルケームの『聖俗論』を下敷きに、都市部の謝肉祭における仮面舞踏会のような乱痴気騒ぎは、正常な社会生活に対する社会的役割を転倒させたパフォーマンスであるとし、俗から聖への移行を象徴的に表現したものと考えた[4]

ヴィクター・ターナーはリーチの論を承け、謝肉祭を「地位転倒の儀礼」と呼んだ。謝肉祭は集団や社会が自らを見つめなおす時であり、社会全体で反省する作用を持っていたが、その効力は資本主義の発達とともに薄れていったと説いた[4]

世界各地のカーニバル仮面舞踏会のマスク姿のヴェネツィアのカーニバルサンフランシスコのカーニバルでのカリビアンスタイルのダンサー。
ドイツのカーニバル

ドイツでは、主にラインラントからバイエルン、アウガウなどカトリックの多い地域で行われ、「アラーフ!」(ケルン)、「ヘラウ!」(デュッセルドルフ)等独特の挨拶を交わし、仮装して祝う。地方により、謝肉祭は、ファシング、ファスナハトなど呼び方が異なる。薔薇の月曜日(Rosenmontag)には、ケルンデュッセルドルフマインツアーヘンボンで薔薇の月曜日の行列(Rosenmontagsumzug)が繰り出し、「カメレ」という叫び声をあげる人々に向けて菓子を投げる。
代表的なカーニバル

他に、世界各地に以下の通りカーニバルで有名な町が存在する。

バンシュ (ベルギー、ユネスコの世界遺産に登録されたカーニバル)

マーストリヒト (オランダ)

デン・ボス (オランダ、オランダで最古)

サンタ・クルス・デ・テネリフェ (スペイン

ランツ (スペイン) - ミエル・オチンを参照

ケルン (ドイツ)

ヴェネツィア (イタリア) - ヴェネツィア・カーニバルを参照

ニース (フランス)

バーゼル (スイス)

ノッティング・ヒル (イギリス)

リオデジャネイロ (ブラジル) - リオのカーニバルを参照


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE