講書始
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

講書始(こうしょはじめ)とは宮中行事の一環で、毎年1月に天皇の学問始(読書始)として学者による進講を行う。


目次

1 概要

2 平成の進講者

3 脚注

4 外部リンク


概要

明治2年に京都御所小御所において、玉松操らが和書を代表して『日本書紀』を、東坊城任長(大学頭)らが漢籍を代表して『論語』を講義したのが最古とされる。当時は御講釈始とも呼ばれた。明治5年(1872年)に現在の呼称が定まり、翌年には皇后も列席する事、洋書に関する進講も行う事とされた。今日では皇后だけでなく、皇太子親王及びその妃内親王も出席する。

正式に宮中行事とされたのは、1926年大正15年)の皇室儀制令第5条による。第二次世界大戦後には、これまでの和書・漢籍・洋書[1]を改め人文科学社会科学自然科学の3分野として各界の権威者を招くようになった。

例年、1月10日前後に皇居正殿の松の間において行われる。平成20年の出席者は今上天皇皇后皇太子ほか皇族一同、衆参両院議長ほかが参列。進講時間は3分野を約15分ずつの計約45分で行われる。
平成の進講者
1991年平成3年)


人文科学: 吉田光邦 「中国古代の技術思想」

社会科学: 加藤一郎 「二十一世紀を拓くロボット

自然科学: 渡辺格 「物質から生命さらに精神へ」

1992年(平成4年)


人文科学: 小西甚一の東西環流」

社会科学: 久保亮五 「自然における秩序の生成」

自然科学: 水野傳一 「炎症でからだを守る」

1993年(平成5年)


人文科学: 中根千枝社会人類学の考察-アジアを対象として-」

社会科学: 林忠四郎太陽系の起源」

自然科学: 早石修 「眠りの秘密」

1994年(平成6年)


人文科学: 伊藤正己憲法の保障」

社会科学: 岩崎俊一磁気と情報」

自然科学: 岡田節人多細胞生物の体制づくり」

1995年(平成7年)


人文科学: 上山春平 「日本の国家について」

社会科学: 淺田敏 「地震の再来について」

自然科学: 江橋節郎 「無機イオンと生命」

1996年(平成8年)


人文科学: 秋山虔源氏物語について」

社会科学: 長倉三郎 「分子の世界-人類社会との関連を中心にして」

自然科学: 沢田敏男フィルダム工学の進歩」

1997年(平成9年)


人文科学: 小宮隆太郎 「経常収支黒字・赤字の原因」

社会科学: 猪瀬博 「情報通信基盤と社会」

自然科学: 西塚泰美 「細胞同士の対話の仕組み-細胞内情報伝達の機構-」

1998年(平成10年)


人文科学: 石川忠雄 「中国における民主主義共産主義

社会科学: 小田稔 「科学者に残された宇宙の謎と課題」

自然科学: 岡田善雄細胞融合と細胞工学」

1999年(平成11年)


人文科学: 北川善太郎 「日本法の国際環境と未来」

社会科学: 江崎玲於奈 「科学・技術世紀の展望」

自然科学: 野島庄七 「くすり開発の展望」

2000年(平成12年)


人文科学: 隅谷三喜男 「東アジア経済の混迷をめぐって」

社会科学: 井口洋夫物質電気

自然科学: 山田康之 「植物細胞機能とバイオテクノロジー

2001年(平成13年)


人文科学: 西田龍雄西夏文字研究の新段階」

社会科学: 熊谷信昭情報通信技術の進歩」

自然科学: 豊島久真男がんの基礎研究の展開」

2002年(平成14年)


人文科学: 塩野宏 「行政の在り方-透明性の向上をめざして」


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:34 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE