諡号
[Wikipedia|▼Menu]


中国語
繁体字 諡號/謚號
簡体字 ?号

発音記号
標準中国語
漢語?音shi hao

朝鮮語
ハングル??
漢字諡號

発音記号
2000年式siho

ベトナム語
クオック・グーth?y hi?u

諡(し、おくりな)、あるいは諡号(しごう)は、主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名のことである。「諡」の訓読み「おくりな」は「贈り名」を意味する。
目次

1 概要

2 中国の諡号

2.1 帝王(中国)の諡号

2.1.1 后妃の諡号


2.2 爵諡

2.3 周辺諸国への影響


3 日本の諡号

3.1 和風諡号

3.2 和風諡号はいつから始まったか?

3.3 漢風諡号

3.3.1 漢風諡号制度の導入

3.3.2 漢風諡号制度の衰微と廃絶

3.3.3 諡号の復活と追諡


3.4 追号

3.5 后・妃の諡号

3.6 臣下の諡

3.7 僧侶の諡

3.8 諡字による諡号の意味


4 朝鮮の諡号

4.1 君主の諡

4.2 后妃の諡

4.3 臣下の諡


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 関連項目

7 外部リンク

概要

広義には国家が与える公の諡と個人が付ける私諡があるが、単に「諡」といったときには公の諡を指す。

諡号を奉る行為は、王権継承と即位を正統化するという意味がある。

中国朝では先王等に十干を付した諡号を奉った。

立諡制度の起源は中国代中期(紀元前9世紀頃)といわれ、天子のみならず、諸侯大夫・高官・名儒等に贈られ、時代が下って高僧も対象となった。

初期の諡号には褒貶の義はなかったようであるが、次第に生前の行跡に照らして追号されるようになった。中国の戦国時代に成立した『逸周書・諡法解』は諡法について定めた最初の書であり、長く諡号選定の準拠とされた。

諡字はおおむね、その意味をもって上(美諡)・中(平諡)・下(悪諡)に分けられる。「神」「聖」「賢」「文」「武」「成」「康」「献」「懿」「元」「章」「壮」「景」「宣」「明」「昭」「正」「敬」「恭」「荘」「粛」「穆」「烈」「桓」「威」「貞」「節」「靖」「真」「順」「顕」「和」「高」「光」「英」「睿」「憲」「孝」「忠」「恵」「徳」「仁」「智」「慎」「礼」「義」「敏」「信」「清」「良」「謙」「純」「哲」等、死者への褒揚が込められた字が名君賢臣に贈られた。これに対し、「野」「戻」「氏v「霊」「昏」「煬」「幽」「夷」等は悪諡として暴君奸臣に贈られることになっている[1]。[独自研究?]

立諡制度は、死後に子や臣下によって批判されることにあたり不敬であるという理由で、始皇帝によって一時廃止されながらも、前漢以降中国の歴代王朝に踏襲され、日本には少なくとも天平宝字六年(762年)以前に、律令政治の成立と前後して輸入された。

なお、厳密には「諡」といえば、諡された字のみを指す。例えば、「順平侯」というのは「諡号」であり、「諡」という場合は「順平」を指す。

日本仏教徒戒名受戒し仏弟子となり、世俗生活の俗名を離脱するためにつけるものであり、本来は生前に付け、時に追善のため臨終ないし死後につけたものであるが、「臨終ないし死後」に贈られることが一般化した結果、実質的な「忌み名」として用いられている。「忌み名」も私諡の一種であり、そこから諡一般のことを(いみな)と言う場合もあるが、諱とは本来は個人の通称である(あざな)に対する本名を意味し、本人に対する敬意として口に出すことを憚る名、のことで、本義は諡とは異なる。
中国の諡号
帝王(中国)の諡号

秦の始皇帝は「臣が君主の死後君主の業績を評価すべきではない。始皇帝、二世皇帝、三世皇帝……万世皇帝と自動的に決めるようにせよ」という意志を持ち、短時期ながら諡法を廃止した。しかし、前漢の皇帝たちはこれを復活させ、さらに2通りの帝王諡号を制定した。文帝武帝明帝元帝などの帝号と、高祖太宗世宗宣宗などの廟号があるわけである。一般に言うと、以前は帝号をもって帝王の尊称としたが、以後は多く廟号を用いるようになった。帝号もなくなったわけではないが、唐以降は唐の太宗の「文武大聖大広孝皇帝」、北宋の真宗の「應符稽古神功譲徳文明武定章聖元孝皇帝」のように長くなる傾向があり、呼びにくいので通常はあまり用いられなくなった(この影響から高麗李氏朝鮮ベトナムの歴代王朝などでも王号が長くなり、廟号で呼ぶようになっている)。

ほとんどの君主はこの両種類の諡を持っているが、例外として、廃帝末帝には廟号が贈られなかった。廟号を得ることは、太廟(皇室の祭祀所)に位牌が祀られることを意味する。一つの王朝が滅亡すればその王統の祭祀をする者もいなくなるのであり、廟号自体に意味がなくなってしまうゆえである。

一族の祖、王朝の初代や再興を遂げた皇帝には「某祖」、その他の皇帝たちで特に称揚される者には「某宗」の廟号が奉られた。例えば、前漢の高帝劉邦は初代皇帝なので廟号を「太祖」(太祖高皇帝の略で、『史記』以来「高祖」と一般に呼ばれる)、漢の再興を果たした後漢光武帝は廟号を「世祖」とされ、それ以外の漢代の皇帝には「某宗」という廟号を贈られた者がいた。の初代ヌルハチは「太祖高皇帝」、初めて中原を支配した第3代順治帝は「世祖章皇帝」、その子で賢君の誉れ高かった康熙帝は「聖祖仁皇帝」とされ、一代三祖となっている。北魏ではさらに一代五祖となっている。ちなみに、日本でも「皇祖皇宗」という表現が用いられる(教育勅語玉音放送など)。

帝王の諡字選定の原則も、臣下のそれと同様であった。武帝文帝は繰り返し贈られた。また、夭逝した皇帝には、それを悼む哀帝殤帝などが贈られた。悪諡を贈られた著名な例が煬帝であるが、唐宋以降はよほどの暴君でもない限り悪諡は避けられた。遊楽に耽って危うく国を傾けそうになった北宋徽宗(実際に亡国)[注釈 1]武宗なども美諡を得た所以である。その一方で、後継者の都合によって「暴君」もしくは不適格とされた君主は死後、諸侯王ないし諸侯扱い、さらには庶民に降格されたり(例:高貴郷公南斉東昏侯海陵王→廃帝海陵庶人、ほか)、在位そのものが否定される場合(前漢の少帝弘、唐の少帝重茂、明の建文帝ほか)があった。
后妃の諡号

后妃たちに諡が見られるようになるのは漢代からであるが、この時代は皇后であっても諡のない女性も多い。気をつけるべきなのは、史書における后妃たちの表記では、姓や自身の諡の前に、必ず配偶者である皇帝の諡を冠していることである。

たとえば、前漢の武帝が寵愛した李夫人は、『史記』において「孝武李夫人」と記される。この場合「孝武」とは武帝(孝武皇帝)のことであり、李夫人の諡ではない。訓ずる場合は「孝武帝の李夫人」と読む。一方、武帝の曾孫・宣帝の皇后である許平君は「孝宣共哀許皇后」と記される。この場合「孝宣」が夫帝の諡で「共哀」は皇后自身の諡となり、「孝宣帝の共哀許皇后」と訓ずる。

魏晋南北朝になると、皇后(贈号も含む)には特殊な場合を除いて全て諡され、一部の后たちにも諡されるようになるが、基本的な表記は同じである。例えば、魏の文帝甄皇后(贈号)は諡を「昭」というので『魏志』における表記は「文昭甄皇后」、また文帝の後妻・郭皇后は諡が「徳」であるので「文徳郭皇后」と記する。「文」は文帝のことであり、皇后たちの諡ではない。「景懐夏侯皇后」「景献羊皇后」とあれば、それは「景帝の配偶者」という意味で「景」と付くのであり、彼女たちの直接の諡ではないのである。

唐以降、皇帝の諡そのものが長くなると、后妃たちの諡も上記の法則を外れることになる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE