証券取引委員会
[Wikipedia|▼Menu]

証券取引委員会
U.S. Securities and Exchange Commission
(SEC)
証券取引委員会の印章
組織の概要
設立年月日1934年6月6日
管轄アメリカ合衆国連邦政府
本部所在地 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
100 F Street, NE, Washington, DC 20549
北緯38度53分53.4秒 西経77度0分15.9秒 / 北緯38.898167度 西経77.004417度 / 38.898167; -77.004417
人員3,798人 (2007年)
行政官

委員長 Chairman
ジェイ・クレイトン (2017年 -)

ウェブサイトwww.sec.gov
証券取引委員会本部ビル(ワシントンD.C.ユニオン駅の隣りに立つ。

証券取引委員会(しょうけんとりひきいいんかい、英語: U.S. Securities and Exchange Commission、略称: SEC)は、アメリカ合衆国における株式公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。
目次

1 概要

2 歴史

3 歴代委員長

4 脚注

5 関連項目

6 外部リンク

概要

アメリカ証券取引委員会 (SEC) は日本の証券取引等監視委員会及び公認会計士・監査審査会を併せ持つ組織である。捜査[1]、民事制裁金の請求などの権限がアメリカ証券取引委員会 (SEC) に与えられている。5人で構成されるアメリカ証券取引委員会 (SEC) はアメリカ合衆国大統領が任命するが、連邦政府から一定の独立性が保たれている。ミューチュアル・ファンドを監督している。

なお、日本語では「証券取引委員会」と訳されているが、直訳は「証券及び取引所委員会」である。これは、1933年証券法 (Securities Act of 1933) と1934年証券取引所法 (Securities Exchange Act of 1934) の両方を担当していることを示すものである。
歴史

1920年代のアメリカにおける株式ブーム1929年暗黒の木曜日に始まる世界恐慌によって終焉した。その後、証券業界では多数の不正が行われていたことが発覚した。これを受け、フランクリン・ルーズベルトの大統領任期時代の1934年、証券取引委員会が設立された。2002年7月にはエンロンワールドコムなどの上場企業による不正会計に対処するために上場企業会計改革および投資家保護法 (サーベンス・オクスリー法) が制定された。

フランクリン・ルーズベルトによって初代証券取引委員会委員長に任命されたのは、後のアメリカ大統領・ジョン・F・ケネディの父親のジョセフ・P・ケネディであった。ジョセフ自身がインサイダー取引など数々の手口を駆使して大富豪に成り上がった人物であったため、この人事には反発が強かった。この人事についてフランクリンは「オオカミを捕らえるためにオオカミを使う。彼なら取引のからくりを何でも知っている」と発言したという[2]

これまでにエンロンワールドコムなどの粉飾決算を暴いた。
歴代委員長

初代
ジョセフ・P・ケネディ1934年 - 1935年)

第2代 James M. Landis (1935年 - 1937年)

第3代 William O. Douglas (1937年 - 1939年)

第4代 ジェローム・フランク (1939年 - 1941年)

第5代 Edward C. Eicher (1941年 - 1942年)

第6代 Ganson Purcell (1942年 - 1946年)

第7代 James J. Caffrey (1946年 - 1947年)

第8代 Edmond M. Hanrahan (1948年 - 1949年)

第9代 Harry A. McDonald (1949年 - 1952年)

第10代 Donald C. Cook (1952年 - 1953年)

第11代 Ralph H. Demmler (1953年 - 1955年)

第12代 J. Sinclair Armstrong (1955年 - 1957年)

第13代 Edward N. Gadsby (1957年 - 1961年)

第14代 William L. Cary (1961年 - 1964年)

第15代 Manuel F. Cohen (1964年 - 1969年)

第16代 Hamer H. Budge (1969年 - 1971年)

第17代 William J. Casey (1971年 - 1973年)

第18代 G. Bradford Cook (1973年 - 1973年)

第19代 Ray Garrett, Jr. (1973年 - 1975年)

第20代 Roderick M. Hills (1975年 - 1977年)

第21代 Harold M. Williams (1977年 - 1981年)

第22代 John S.R. Shad (1981年 - 1987年)

第23代 David Sturtevant Ruder (1987年 - 1989年)

第24代 Richard C. Breeden (1989年 - 1993年)

第25代 Arthur Levitt (1993年 - 2001年)

第26代 ハーヴェイ・ピット (2001年 - 2003年)

第27代 William H. Donaldson (2003年 - 2005年)

第28代 Christopher Cox (2005年 - 2009年)

第29代 Mary Schapiro (2009年 -)

第30代 ジェイ・クレイトン(2017年)

脚注

[ヘルプ]
^ 実際には1934年証券取引法21条に基づき司法の許可が必要
^産経抄2008年9月12日

関連項目

証券取引等監視委員会(日本)

外部リンク

U.S. Securities and Exchange Commission











証券取引所金融商品取引所の一業態)
日本(現行・一般市場)

東京1(持株会社

名古屋

福岡

札幌

日本(現行・新興市場)
マザーズ(東京)

TOKYO PRO(東京)

ジャスダック(新)(東京1 2)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE