言語聴覚士
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

言語聴覚士
英名Speech therapist

略称ST(AuD/SLP)
実施国 アメリカ合衆国 カナダ イギリス フランス イタリア スペイン ロシア オーストラリア ドイツ オーストリア オランダ 中国 韓国 日本など
資格種類国家資格(日本)
分野医療福祉
認定団体厚生労働省(日本)
ASHA(米国)
認定開始年月日1997年(日本)
1952年(米国)
等級・称号言語聴覚士(日本)
Audiologist; Speech Language Pathologist(米国)
根拠法令言語聴覚士法(日本)
ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

言語聴覚士(げんごちょうかくし、: Speech-Language-Hearing Therapist (ST))は、言語聴覚音声認知発達摂食嚥下に関わる障害に対して、その発現メカニズムを明らかにし、検査と評価を実施し、必要に応じて訓練や指導、支援などを行う専門職である。医療機関の他、保健施設、福祉施設、教育機関などで活動している。

医療機関では、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員として、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職を構成する。米国では、オーディオロジスト(聴覚療法師)とスピーチ・ランゲージ・パソロジスト(言語療法士)に分かれており、資格取得には大学院修士課程以上(聴覚療法士については博士課程)の教育歴を要する。


目次

1 定義

2 歴史

2.1 ヨーロッパにおける歴史 - ドイツ、オーストリアでの発達と、イギリスにおける認知神経心理学アプローチ

2.2 アメリカにおける歴史 - 言語病理学に根ざした発展

2.3 日本における歴史

2.3.1 戦前のドイツ医学、戦後のアメリカ言語病理学の導入

2.3.2 1960年代における国家資格化の検討と頓挫 - 米国の修士号要件とのずれ

2.3.3 日本聴能言語士協会の設立(1974年)と分裂(1981年) - 養成課程をめぐる内部対立

2.3.4 30年の時を経て国家資格化(1997年)

2.3.5 日本言語聴覚士協会への統一(2000年)

2.3.6 言語聴覚士の活動領域の広がり(2005年?)



3 業務

3.1 医療

3.2 福祉

3.3 教育

3.4 保健


4 職域

4.1 医療機関 - 言語聴覚士不足が続く

4.2 介護施設 - 高齢者の生活の自立を支える

4.3 地域 - 訪問リハビリテーションで患者と家族をつなぐ


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:69 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE