言語学
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

 
言語学


基礎分野


音韻論

形態論

統語論

意味論

語用論

音声学

記号学

個別言語学

言語獲得

言語の起源

言語の変化と変異


歴史言語学

比較言語学

言語地理学

言語系統論

言語年代学

言語類型論

社会言語学

方言学

理論


生成言語学

認知言語学

理論言語学

応用分野


応用言語学

対照言語学

言語人類学

心理言語学

神経言語学

生物言語学

計算言語学

関連項目


言語

言語学者



Portal:言語学

プロジェクト:言語学











言語学(げんごがく)は、ヒトが使用する言語の構造や意味を科学的に研究する学問である。


目次

1 語源

2 目的

3 言語の定義と特徴

3.1 恣意性

3.2 二重性

3.3 転位性

3.4 創造性

3.5 構造依存性


4 主要な研究分野

5 関連分野

6 対象となる言語における主要な対立項

7 言語学の歴史

7.1 19世紀までの言語研究

7.2 近現代


8 参考文献

9 関連文献

9.1 辞典など


10 関連項目

10.1 学問

10.2 学会

10.2.1 総合

10.2.2 言語

10.2.3 分野


10.3 他

10.4 出版社


11 外部リンク


語源

英語 linguistics(言語学)の語源は linguistique(フランス語)、さらにさかのぼるとlingua(ラテン語、「言葉」の意)であり、linguisticsという語は1850年代から使われ始めた[1]
目的

現代言語学の目的は、ヒト言語客観的に記述・説明することである。「客観的に」とは、現に存在する言語の持つ法則性質を言語データの観察を通して記述・説明するということであり、「記述」とは、言語現象の一般化を行って規則や制約を明らかにすることであり、「説明」とは、その規則・制約がなぜ発生するのかという動機づけを明らかにすることである。

現代言語学は言語の優劣には言及しない。むしろ、言語学においては、あらゆる言語に優劣が存在しないことが前提となっている。そのため、世界の言語はすべて同等に扱われる。かつては言語の史的変化を言語の進化ととらえ、社会文明の成熟度と言語体系の複雑さを相関させるような視点が一部存在した。しかしその後、いかなる言語も一定程度の複雑さを有していることが明らかとなり、そうした見解は現在否定されている。すなわち、幼稚な言語、高度な言語は存在せず、すべての言語はそれぞれの言語社会と密接に関連しながら、それぞれのコミュニティに適応して用いられている、というのが現在の言語学の見解である。

語学は実用を目的として母語以外の言語を学ぶことであり、言語を学問・研究の対象とする言語学とは別である。ただし、「語学」を言語学の意味で用いる場合もある[2]
言語の定義と特徴「言語」も参照


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE