西本願寺
[Wikipedia|▼Menu]

西本願寺

阿弥陀堂(国宝)、奥に御影堂(国宝)
所在地京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル門前町60
位置北緯34度59分31.37秒 東経135度45分5.8秒 / 北緯34.9920472度 東経135.751611度 / 34.9920472; 135.751611座標: 北緯34度59分31.37秒 東経135度45分5.8秒 / 北緯34.9920472度 東経135.751611度 / 34.9920472; 135.751611
山号龍谷山
?山
宗旨浄土真宗
宗派浄土真宗本願寺派
寺格本山
本尊阿弥陀如来
創建年大谷本願寺 - 元亨元年(1321年)
西本願寺 - 天正19年(1591年)
開基大谷本願寺 - 本願寺第3世・覚如
西本願寺 - 本願寺第11世・顕如
中興年文明3年(1471年)頃
中興本願寺第8世・蓮如
正式名龍谷山 本願寺
別称お西さん
文化財(国宝)書院、飛雲閣
重要文化財)絹本著色聖徳太子像、
公式HP ⇒本願寺(西本願寺)
地図西本願寺京都駅京都盆地における位置
法人番号1130005000477
テンプレートを表示

オープンストリートマップに西本願寺の地図があります。

西本願寺(にしほんがんじ)は、京都市下京区にある仏教寺院浄土真宗本願寺派本山である。山号は龍谷山(りゅうこくざん)。

西本願寺は通称であり、正式名称は「龍谷山 本願寺」、宗教法人としての名称は「本願寺」である。京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれている。真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。文永7年(1272年)、親鸞の廟堂として京都東山の吉水の地に創建されたがその後比叡山延暦寺から迫害を受けるなど場所は転々とし、現在地には天正19年(1591年)、豊臣秀吉の寄進により大坂天満から移転した(詳細は後述「歴史」の項参照)。

境内は国の史跡に指定され、「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている。[注釈 1]

本願寺住職浄土真宗本願寺派門主となる。
目次

1 文化財

1.1 国宝

1.2 重要文化財

1.3 史跡

1.4 特別名勝・史跡

1.5 名勝


2 国宝の建造物

3 住職

4 別院

5 飛地境内

5.1 別荘


6 歴史

7 拝観

8 アクセス

9 周辺

10 宗教番組

11 その他

12 注釈

13 出典

14 関連文献

15 関連項目

16 外部リンク

文化財

境内には桃山文化を代表する建造物や庭園が数多く残されており、平成6年(1994年)に国の史跡に指定され、同年12月にユネスコ文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されている。

建物の配置と構造は東向きを原則とする真宗建築の典型で、親鸞聖人像が安置されている御影堂(ごえいどう)が、北隣の本堂(阿弥陀堂)よりも大きく造られている。これは本願寺がそもそも宗祖親鸞の廟堂として始まったためである。寛永13年(1636年)に再建された御影堂は、「寛政の大修復」寛政12年(1800年)及び「平成大修復」(1999年 - 2008年12月)と2回の大修復を経ている。

なお、西本願寺や東本願寺では「ごえいどう」と呼称する[1][2]が、専修寺真宗高田派[3][4]知恩院浄土宗[5]では「みえいどう」と呼称する。
国宝

国宝建造物の詳細は、後述「国宝の建造物」の節を参照のこと。

御影堂[6] - 堂正面に「見真」と書かれた額が掲げられている。親鸞明治天皇から見真大師の大師諡号を1876年に贈られた。ただし、2008年の「宗制」改正によって、「見真大師」の語は「宗制」から削除されている。

阿弥陀堂[7] 附:渡廊下、喚鐘廊下

書院(対面所及び白書院)

北能舞台

黒書院及び伝廊 2棟

飛雲閣 - 金閣(鹿苑寺)、銀閣(慈照寺)と並んで「京の三閣」と呼ばれる。

唐門

紙本墨画親鸞聖人像(鏡御影) 附:絹本著色親鸞聖人像(安城御影)・ 絹本著色親鸞聖人像(安城御影副本)

『観無量寿経註』 親鸞筆 

『阿弥陀経註』 親鸞筆 

熊野懐紙(後鳥羽天皇宸翰以下11通)附:伏見宮貞敦親王御添状1巻、飛鳥井雅章添状1巻

三十六人家集37帖、附:後奈良天皇宸翰女房奉書1幅


御影堂

阿弥陀堂

唐門

渡廊下(国宝の附指定)

飛雲閣

三十六人家集のうち「重之集」の帖末

重要文化財

建造物

玄関、浪之間、虎之間、太鼓之間 1棟

能舞台(南能舞台)附:橋掛

浴室(黄鶴台)附:廻廊

本願寺 7棟
[8][注釈 2]

経蔵

鐘楼

手水所

鼓楼

御影堂門

阿弥陀堂門

総門

附 御成門

附 目隠塀

附 築地塀 3棟


旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)(下京区油小路通正面下る玉本町所在)[9]


経蔵

手水所


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:57 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE