表現の自由
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

 
自由
 
概念
自由
(積極的自由 ・ 消極的自由
権利
自由意志
責任
領域
学問 ・ 自由権
経済 ・ 知的(英語版)
政治(英語版) ・ 科学
文化
権利
集会 ・ 結社
教育(英語版) ・ 情報
行動 ・ 報道
信教 ・ 表現
言論 ・ 思想
居住移転










表現の自由(ひょうげんのじゆう、: freedom of speech)とは、すべての見解を検閲されたり規制されることもなく表明する権利[1]。外部に向かって思想意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由[2]個人におけるそうした自由だけでなく、報道出版放送映画の(組織による)自由などを含む[2]


目次

1 概説

2 表現の自由の内容

2.1 集会・結社の自由

2.2 言論・出版の自由


3 知る権利

3.1 情報公開請求権

3.2 報道の自由及び取材の自由


4 表現の自由の制約と合憲性審査基準

4.1 二重の基準論

4.2 目的審査の基準

4.3 手段審査の基準

4.4 文面審査の基準


5 日本

5.1 大日本帝国憲法(明治憲法)

5.2 日本国憲法

5.2.1 表現の自由の制約

5.2.2 表現の自由に関する主要判例

5.2.3 検閲の禁止



6 韓国

7 表現の自由の限界

7.1 名誉・プライバシーを巡る問題

7.2 差別表現・憎悪表現(ヘイトスピーチ)を巡る問題

7.3 性表現を巡る問題

7.3.1 米国

7.3.2 日本

7.3.3 韓国



8 国際人権規約(自由権規約)における表現の自由

8.1 表現の自由及び表現の自由に対する許される制限(第19条)

8.1.1 水平的効力

8.1.2 表現の自由に対する許される制限

8.1.2.1 必要性とそれを判断する審査基準



8.2 戦争宣伝・憎悪唱道の禁止(第20条)


9 脚注

10 参考文献

11 関連項目


概説

内心における精神活動がいくら自由でもそれを外部に表明する自由がなければほとんど意味をなさないから、表現の自由はいわゆる精神的自由権の中心的地位を占めるとされる[3]

表現の自由の貴重さはミルトンヴォルテールミルなどによって説かれてきた[4]。表現の自由は民主主義政治を支える基盤として、フランス人権宣言第11条に「人の最も貴重な権利の一つ」とあるように、早くから各国の憲法典や人権宣言に保障規定として盛り込まれた[3]


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:132 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE