表現の自由
[Wikipedia|▼Menu]

 
自由
 
概念
自由
(積極的自由 · 消極的自由
権利
自由意志
責任
領域
学問 · 自由権
経済 · 知的(英語版)
政治(英語版) · 科学
文化
権利
集会 · 結社
教育(英語版) · 情報
行動 · 報道
信教 · 表現
言論 · 思想
居住移転










表現の自由(ひょうげんのじゆう、: freedom of speech)とは、すべての見解を検閲されたり規制されることもなく表明する権利[1]。外部に向かって思想意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由[2]個人におけるそうした自由だけでなく、報道出版放送映画の(組織による)自由などを含む[2]
目次

1 概説

2 表現の自由の内容

2.1 集会・結社の自由

2.2 言論・出版の自由


3 知る権利

3.1 情報公開請求権

3.2 報道の自由及び取材の自由


4 表現の自由の制約と合憲性審査基準

4.1 二重の基準論

4.2 目的審査の基準

4.3 手段審査の基準

4.4 文面審査の基準


5 日本

5.1 大日本帝国憲法(明治憲法)

5.2 日本国憲法

5.2.1 表現の自由の制約

5.2.2 表現の自由に関する主要判例

5.2.3 検閲の禁止



6 韓国

7 表現の自由の限界

7.1 名誉・プライバシーを巡る問題

7.2 差別表現・憎悪表現(ヘイトスピーチ)を巡る問題

7.3 性表現を巡る問題

7.3.1 米国

7.3.2 日本

7.3.3 韓国



8 国際人権規約(自由権規約)における表現の自由

8.1 表現の自由及び表現の自由に対する許される制限(第19条)

8.1.1 水平的効力

8.1.2 表現の自由に対する許される制限

8.1.2.1 必要性とそれを判断する審査基準



8.2 戦争宣伝・憎悪唱道の禁止(第20条)


9 脚注

10 参考文献

11 関連項目

概説

内心における精神活動がいくら自由でもそれを外部に表明する自由がなければほとんど意味をなさないから、表現の自由はいわゆる精神的自由権の中心的地位を占めるとされる[3]

表現の自由の貴重さはミルトンヴォルテールミルなどによって説かれてきた[4]。表現の自由は民主主義政治を支える基盤として、フランス人権宣言第11条に「人の最も貴重な権利の一つ」とあるように、早くから各国の憲法典や人権宣言に保障規定として盛り込まれた[3]1948年世界人権宣言第21条、1976年市民的及び政治的権利に関する国際規約第19条第2項にも定められている。

表現の自由についてはその「自己実現の価値」や「自己統治の価値」から優越的地位の理論が導き出されている。優越的地位の理論とは、アメリカ合衆国の1936年の連邦最高裁判決を機に確立されてきたもので、表現の自由(あるいは広く精神的自由)は人権体系の中で優越的地位を占めるという理論である[5]。この優越的地位の理論は憲法学説において一般的なものになっている[5]

まず、表現の自由には、自己の精神活動の所産を外部に表明したり他者のそれを受けることによって人格的な発展を遂げることができるという「個人価値の実現」にとって不可欠であるという要素が挙げられている[6]。ジョン・ミルトンは著書『アレオパヂティカ』(1644年)で表現に対する抑圧について「自由で知的な精神に対して加えられる最も不愉快で侮辱的なもの」と述べている[7]

また、表現の自由には、人の考えには当然誤りもありうるが、それは他人の考えに接することにより是正されうるもので、各人が自己の意見を自由に表明し合うことで真理を発見し社会全体として正しい結論に到達することができるという要素も挙げられている[7]。ジョン・ミルトンは著書『アレオパヂティカ』(1644年)で「真理と虚偽とを組打ちさせよ。自由な公開の勝負で真理が負けたためしを誰が知るか」と述べている[7]。このような思想は、後世に影響を与え、アメリカ最高裁判所判事を務めたオリバー・ウェンデル・ホームズ・ジュニアは「真理の最良の判定基準は、市場における競争のなかで、みずからを容認させる力をその思想が持っているかである」と述べ「思想の自由市場論」として展開されることとなった[7]。典型的な自由主義的な信念によれば、各人の自発的な表現が総体として互いに他を説得しようと競い合う「思想の自由市場」(free market of ideas)を形成し、その自由競争の過程で真理が勝利し、真理に基づいて社会が進歩すると説かれる[8]。正しい知識と真理は、各人の自発的言論が「思想の自由市場」へ登場し、そこでの自由な討議を経た結果として得られるものと考えられることから、表現の自由は真理への到達にとって不可欠の手段であるとみる[9]

さらに国民主権原理に立つ政治的民主主義は、主権者である国民が自由に意見を表明し討論することで政治参加を行うことを本質的要素としている[7]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:133 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE