衛藤晟一
[Wikipedia|▼Menu]

日本政治家衛藤 晟一えとう せいいち
生年月日 (1947-10-01) 1947年10月1日(70歳)
出生地 大分県大分市
出身校大分大学経済学部卒業
所属政党自由民主党二階派
公式サイト ⇒公式ウェブサイト
参議院議員
選挙区比例区
当選回数2回
在任期間2007年7月30日 - 現職
内閣総理大臣補佐官
国政の重要課題担当
内閣第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
在任期間2012年12月26日 - 現職
衆議院議員
選挙区(旧大分1区→)
比例九州ブロック(大分1区)
当選回数4回
在任期間1990年2月19日 - 2000年6月2日
2003年11月11日 - 2005年8月8日
大分県議会議員
選挙区大分市選挙区
当選回数2回
在任期間1979年4月 - 1986年11月
大分市議会議員
当選回数2回
在任期間1973年 - 1979年3月
テンプレートを表示

衛藤 晟一(えとう せいいち、1947年10月1日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、内閣総理大臣補佐官(国政の重要課題担当)。過去に、自民党参議院幹事長代行、衆議院議員(4期)。
目次

1 来歴・人物

1.1 学生時代

1.2 政治家として


2 政策・主張

3 人物

3.1 政治家となる前の活動

3.2 自民党外交部会における騒動

3.3 村山富市の首班指名をめぐって

3.4 参院選での選管による得票数不正操作事件

3.5 米国への「失望」表明


4 発言

4.1 「真の近現代史観」懸賞論文

4.2 加計学園問題


5 不祥事

6 所属団体・議員連盟

7 支援団体

8 脚注

9 外部リンク

来歴・人物
学生時代

大分市立碩田中学校大分県立大分上野丘高等学校を経て、大分大学経済学部に入学[1]。大学在学中、別府大学井脇ノブ子と共に九州学生自治体連絡協議会(のちの全国学生自治体連絡協議会)を結成。自身も大分大で保守派の「学生協議会」を率いた。朝日新聞によれば、全日本学生自治会総連合打倒を掲げた学園正常化運動であった[2]
政治家として

1973年大分市議会議員に当選。1979年には大分県議会議員に当選し、2期務めた。

1986年7月、第38回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。1990年2月、第39回衆議院議員総選挙に初当選(当選同期に岡田克也佐田玄一郎中谷元森英介福田康夫石原伸晃河村建夫塩谷立細田博之古屋圭司松岡利勝小坂憲次山本拓赤城徳彦など)。3期連続当選したが、2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では民主党釘宮磐に敗れ、比例区でも復活できずに落選した。

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙では無所属(民主党推薦)の吉良州司に敗れたが、比例九州ブロック復活当選2004年9月、厚生労働副大臣に就任。2005年7月5日郵政国会では、郵政民営化に造反して反対票を投じたため、副大臣を罷免された[3]。同年9月11日第44回衆議院議員総選挙では、自民党大分県連が衛藤の公認を申請していた[4]が、自民党本部は佐藤錬の公認を決定した[5]。衛藤は無所属で大分1区から出馬したが、民主党に入党していた吉良に再び敗れ落選。

2007年(平成19年)7月29日第21回参議院議員通常選挙比例区からの立候補を希望し、自民党に公認を申請したことが引き金となって前年末に続く郵政造反組復党問題が起こる。党内では前年末の「造反組議員」復党で内閣支持率が下がったことなどから根強い反対意見も有ったが、自民党党紀委員会では賛成10票、反対7票という異例の多数決となったが、復党が実現して比例代表候補となった[6]。詳細は「郵政造反組復党問題#落選造反議員の参議院選挙出馬を巡る復党」を参照

地盤が狭い元衆議院議員が参議院比例区に立候補する場合、通常は地元の票固めを行う。しかし衛藤の支持層を比例区で取り込もうと考えていた公明党への配慮から、自民党本部は復党にあたって地元大分での選挙活動を認めないなどの厳しい制約を課した。衛藤は福岡県に選挙事務所を置こうとしたが、公明党はそれについても「九州内では意味がない」と反発したため、最終的に東京渋谷に選挙事務所を置くことになった[7]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE