衛藤晟一
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

日本の政治家衛藤 晟一えとう せいいち
生年月日(1947-10-01) 1947年10月1日(70歳)
出生地 大分県大分市
出身校大分大学経済学部卒業
所属政党自由民主党二階派
公式サイト ⇒公式ウェブサイト
参議院議員
選挙区比例区
当選回数2回
在任期間2007年7月30日 - 現職
内閣総理大臣補佐官
国政の重要課題担当
内閣第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
在任期間2012年12月26日 - 現職
衆議院議員
選挙区(旧大分1区→)
大分1区→)
比例九州ブロック
当選回数4回
在任期間1990年2月19日 - 2000年6月2日
2003年11月11日 - 2005年8月8日
大分県議会議員
選挙区大分市選挙区
当選回数2回
在任期間1979年4月 - 1986年11月
大分市議会議員
当選回数2回
在任期間1973年 - 1979年3月
テンプレートを表示

衛藤 晟一(えとう せいいち、1947年10月1日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、内閣総理大臣補佐官(国政の重要課題担当)、自民党大分県連会長。過去に、自民党参議院幹事長代行、衆議院議員(4期)。


目次

1 来歴・人物

1.1 学生時代

1.2 政治家として


2 政策

3 人物

3.1 政治家となる前の活動

3.2 自民党外交部会における騒動

3.3 村山富市の首班指名をめぐって

3.4 参院選での選管による得票数不正操作事件

3.5 米国への「失望」表明


4 発言

4.1 「真の近現代史観」懸賞論文

4.2 加計学園問題


5 不祥事

6 所属団体・議員連盟

7 支援団体

8 脚注

9 外部リンク


来歴・人物
学生時代

大分市立碩田中学校大分県立大分上野丘高等学校を経て、大分大学経済学部に入学[1]。大学在学中、別府大学井脇ノブ子と共に九州学生自治体連絡協議会(のちの全国学生自治体連絡協議会)を結成。自身も大分大で保守派の「学生協議会」を率いた。朝日新聞によれば、全日本学生自治会総連合打倒を掲げた学園正常化運動であった[2]
政治家として

1973年大分市議会議員に当選。1979年には大分県議会議員に当選し、2期務めた。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:59 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE