行政
[Wikipedia|▼Menu]

政治
政治関連

各国の政治

政治経済学

政治史

国際政治史

政治哲学

政治学

政体

国家

国民国家

単一国家

連邦

自由主義国家論(夜警国家論)

福祉国家論

地域国家

都市国家


独裁政治

軍事政権

寡頭制

独任制

政党制

民主主義民主政

直接民主主義

間接民主主義


封建制

律令制

君主制

世襲君主制

選挙君主制

絶対君主制

制限君主制

立憲君主制

君主制廃止論

天皇制象徴天皇制

天皇制廃止論


共和制

首相公選制

議院内閣制

大統領制

半大統領制

議会統治制

両院制

一院制


無政府状態


国際関係

国家連合


政治学者

比較政治学

行政学

官僚制


地政学

アドホクラシー


公共政策

権力分立

立法立法府

憲法

違憲審査制


法律

法令


行政・行政機関

司法


主権

政府

小さな政府

大きな政府


政治体制

摂関政治

治世・乱世



行動科学的政治学

サブカテゴリ

選挙

選挙方式

投票


連邦主義

イデオロギー

政治的キャンペーン

政党

Portal:政治学










行政(ぎょうせい、: administration)とは、立法および司法と並ぶ国家作用の1つで、法律などにより決定された内容を実現することである。
目次

1 定義

1.1 行政学上の定義

1.2 行政法学上の定義

1.2.1 実質的意義の行政

1.2.2 形式的意義の行政



2 行政法

2.1 行政組織法

2.2 行政作用法

2.3 行政救済法


3 日本の行政法

3.1 行政組織法

3.1.1 行政機関

3.1.1.1 指揮監督権

3.1.1.2 権限の代行

3.1.1.3 国家行政組織

3.1.1.4 地方行政組織


3.1.2 公務員

3.1.3 公物


3.2 行政作用法

3.2.1 行為形式

3.2.1.1 行政立法

3.2.1.2 行政行為

3.2.1.3 行政契約

3.2.1.4 行政指導

3.2.1.5 行政計画


3.2.2 強制措置

3.2.2.1 行政強制

3.2.2.2 義務違反に対する制裁

3.2.2.2.1 行政罰

3.2.2.2.2 その他の手段



3.2.3 行政手続

3.2.4 行政調査

3.2.5 行政情報


3.3 行政救済法


4 出典

5 参考文献

6 関連項目

定義
行政学上の定義

「政治体系において権威を有する意思決定者によって行われた公共政策の決定を実行することに関連する活動」[1]などと定義される。
行政法学上の定義

法律学においては立法司法と並ぶ一つの国家作用である[2]立法権司法権と並び、統治権の一つとして、行政を行う権能を行政権という。
実質的意義の行政

国家作用が作用自体の性質という点に着目して立法、司法、行政に三分類されるとき、これらはそれぞれ実質的意義の立法、実質的意義の司法、実質的意義の行政と概念づけられる[3]

実質的意義の行政とは何かという点については、現代の行政は複雑で多岐な内容にわたっており、これに必要かつ十分な定義を与えるのは、容易でない。そのため、行政の定義については、内容的に定義することを放棄し、消極的に定義するにとどまる控除説(消極説)と、なんとか行政の内容を積極的に定義してその内容を明らかにしようと努める積極説が対立する。
控除説(消極説)
日本の公法学上は、国家作用のうち、立法作用と司法裁判)作用を控除した残余の作用を指すとする見解(控除説、消極説)が支配的である。このような控除説による説明は、内容的な定義づけを放棄しており、意味がないようにも見える。しかし、君主が有していた包括的な国家権能のうちまず立法権が議会に移譲され、その残りである執行権のうち司法権がさらに分化され、君主に残された権能が行政とされたという沿革に対応している。さらに、現実問題としても、行政と観念される作用には様々なものがあり、それらを漏れなく包括する必要もある。したがって、控除説は一般的に支持されている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:41 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE