藤山一郎
[Wikipedia|▼Menu]

藤山 一郎
藤山一郎
基本情報
出生名増永 丈夫
別名ピンちゃん
生誕1911年4月8日
出身地 日本 東京府東京市日本橋区蛎殻町
(後の東京都中央区日本橋蛎殻町
死没(1993-08-21) 1993年8月21日(82歳没)
学歴東京音楽学校
職業歌手
声楽家
作曲家
編曲家
指揮者
担当楽器ピアノ
オルガン
バイオリン
トランペット
アコーディオン
ドラム
活動期間1921年 - 1993年
レーベルビクター
テイチク
コロムビア
日本放送協会

藤山 一郎(ふじやま いちろう、1911年明治44年)4月8日 - 1993年平成5年)8月21日)は、日本歌手声楽家作曲家指揮者である。本名は増永 丈夫(ますなが たけお)。本名ではクラシック音楽の声楽家・バリトン歌手として活躍した。東京府東京市日本橋区蛎殻町(現東京都中央区日本橋蛎殻町)出身。東京音楽学校(後の東京藝術大学音楽学部)卒業(首席)。

東京音楽学校で培った正統な声楽技術・歌唱法・音楽理論とハイバリトンの音声を武器にテナーの国民的歌手・流行歌手として活躍。1930年代から1940年代にかけて『酒は涙か溜息か』・『丘を越えて』・『東京ラプソディ』・『青い山脈』・『長崎の鐘』など数多くのヒット曲を世に送った。理論楽典に忠実に歌ったことから正格歌手と呼ばれ[1]、その格調の高い歌声は「楷書の歌」と評された[2]1992年(平成4年)、国民栄誉賞を受賞した。


目次

1 人物歴

1.1 幼少期・少年時代

1.2 東京音楽学校時代

1.3 ビクターに入社

1.4 テイチクへ移籍

1.5 コロムビアへ移籍

1.6 南方慰問・捕虜生活

1.7 帰国

1.8 国民的歌手・指揮者として活躍

1.9 日本歌手協会会長を務める

1.10 国民栄誉賞を受賞

1.11 死去

1.12 年表


2 社会活動

2.1 ボーイスカウト

2.2 ロータリークラブ


3 人物像・エピソード

4 歌唱論・歌手観

5 代表曲

6 主な作曲作品

7 関連書籍

7.1 自伝

7.2 評伝


8 ラジオ番組

9 コマーシャル

10 NHK紅白歌合戦出場歴

11 関連項目

12 参考文献

13 脚注

13.1 注釈

13.2 出典


14 外部リンク


人物歴
幼少期・少年時代

藤山は1911年明治44年)4月8日東京府東京市日本橋区蛎殻町(後の東京都中央区日本橋蛎殻町)に、同区長谷川町(後の東京都中央区日本橋堀留町二丁目南部)のモスリン問屋・近江屋の三男(5人兄弟の末っ子)として生まれた。父の信三郎は近江屋の番頭で、母のゆうは店主の養女であった[3][4]。 幼少期の藤山は、家業が順調であった上、母のゆうが株式投資の収益で日本橋区一帯に借家を建て多額の家賃収入を得ていたことから、経済的に大変恵まれた環境にあった[5]

藤山は幼少期から音楽家としての資質を育むのに適した環境の下で育った。母のゆうは子供にピアノを習わせる教育方針を持っており、藤山も幼少期からピアノを習った。さらに通っていた幼稚園[† 1]が終わると親戚の作曲家・山田源一郎(藤山の姉・恒子の夫は山田の甥)が創立した日本女子音楽学校(後の日本音楽学校)に足繁く通い、賛美歌を歌ったりピアノの弾き方、楽譜の読み方を教わった[6][7][8]。 また、家族に連れられて隅田川を往復する蒸気船に乗って浅草に遊びに行き、物売りの口上や下町の歯切れの良い発音を耳にした。藤山曰く、後年発音の歯切れの良さが評価されたことには幼少期に浅草で経験したことの影響があった[9][10]

1918年大正7年)春、慶應義塾幼稚舎に入学。この時期の藤山は楽譜を読みこなせるようになっており、学内外で童謡の公演に出演した。幼稚舎の音楽教師・江沢清太郎の紹介で童謡歌手となり、『春の野』(江沢清太郎作曲)などをレコードに吹き込んだこともある。ただし江沢は「童謡歌手は大成しない」という考えの持ち主で、その勧めにより在学中の一時期は歌をやめ、楽典・楽譜を読みピアノ・ヴァイオリンを修練することに専念した[11][12][13]。学業成績を見ると、唱歌が6年間通して10点中9点以上でその他の教科もすべて7以上であった[14]1924年(大正13年)春に慶應義塾普通部に進学した藤山は、同校の音楽教師を務めていた弘田龍太郎東京音楽学校助教授)にピアノを習い課外授業に参加するなど[† 2][† 3]音楽に励む傍ら、ラグビー部に入部して運動にも打ち込んだ。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:127 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE