藤井聡太
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

このページのノートに、このページに関する議論があります。
議論の要約:「29連勝以降の戦績」を記載することの是非

 藤井聡太 四段
名前藤井聡太
生年月日(2002-07-19) 2002年7月19日(15歳)
プロ入り年月日2016年10月1日(14歳)
棋士番号307
出身地愛知県瀬戸市
師匠杉本昌隆
段位四段
戦績
2017年7月3日現在
この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:infobox_将棋棋士を参照してください。

■Template

藤井 聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 - )は、日本将棋棋士杉本昌隆門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属中学校在学[1]


目次

1 棋歴

1.1 幼少期

1.2 奨励会時代:史上最年少でプロ入り

1.3 詰将棋

1.4 プロとしての戦績


2 棋風

3 人物

4 エピソード

5 昇段履歴

6 主な成績(公式戦)

6.1 在籍クラス

6.2 2017年度の棋戦成績

6.3 記録

6.3.1 公式戦連勝記録



7 主な成績(公式戦以外)

7.1 藤井聡太四段 炎の七番勝負

7.2 若手VSトップ棋士 魂の七番勝負

7.3 詰将棋

7.4 表彰


8 その他表彰

9 出演

9.1 テレビ

9.2 インターネットテレビ


10 脚注

10.1 注釈

10.2 出典


11 参考文献

12 外部リンク


棋歴
幼少期

5歳のときに祖父母から将棋の手ほどきを受け[2]、将棋教室に通い始めると、入会時に渡された480ページもある本の内容を字の読み書きを学ぶ前にもかかわらず1年で会得した[3][4]。あまりに強かったので、まだ幼稚園児である藤井との対局を避けて別の地区の大会に出た子どももいた[3]。6、7歳の頃には詰将棋の実力はプロでもかなわないほど突出しており、将棋倶楽部24のレーティングは1500点に達していたという[5]2010年3月、6歳でアマ初段として東海研修会に入会[6]

2011年8月に第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝[7]。同年10月にはJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝[8]。翌2012年6月に研修会B1に昇級し、同年9月に新進棋士奨励会に6級で入会[1]
奨励会時代:史上最年少でプロ入り

奨励会では初段・二段に史上最年少で昇段し、2015年6月には、2連勝すれば三段昇段という機会を得たもののここを1勝1敗と逃した[9][10]。同年10月にこれも史上最年少で三段に昇段したが、先の機会を逃したために、10月より開幕したばかりの第58回奨励会三段リーグ戦[11]への参加には半月間に合わなかった。このため、次期の第59回リーグ戦開幕までの半年間、対局なしで足止めされた[12]。しかし初参加の第59回リーグ戦では、2016年9月3日に行われた最終19回戦を勝って最終成績を13勝5敗の1位とし[13]、10月1日付で年齢14歳2か月でプロ棋士(四段)となる資格を得た[1][14]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:125 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE