藤井聡太
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

 藤井聡太 四段
名前藤井聡太
生年月日(2002-07-19)
2002年7月19日(14歳)
プロ入り年月日2016年10月1日(14歳)
棋士番号307
出身地愛知県瀬戸市
師匠杉本昌隆
段位四段
戦績
2017年5月19日現在
この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:infobox_将棋棋士を参照してください。

■Template

藤井 聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 - )は、将棋棋士杉本昌隆門下。棋士番号は307[1]。2016年9月現在、名古屋大学教育学部附属中学校在学[1]


目次

1 概要

1.1 プロ入りまで

1.2 プロデビュー


2 棋風

3 人物

4 昇段履歴

4.1 在籍クラス


5 記録

5.1 新人連勝記録


6 出典

7 注釈

8 外部リンク


概要

21世紀生まれで初となる将棋のプロ棋士である[1]
プロ入りまで

5歳のときに祖母から将棋を教わる[1]2010年3月に「アマ初段」で東海研修会に入会[2]2011年に第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝[3]。同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝[4]2012年6月に研修会B1に昇級し新進棋士奨励会入会試験の一次試験免除の資格を得て、同年9月に奨励会に6級で入会[1]

奨励会入会以前から詰将棋の解答能力に定評があり、プロ棋士や奨励会員、詰将棋作家が多数参加する詰将棋解答選手権のチャンピオン戦には2011年の第8回大会に小学2年で初参加し参加24人中13位[5]と健闘した。2015年の第12回大会で同選手権史上初の「小学生による優勝」を達成し[1]、以後2017年の第14回大会まで3連覇。詰将棋作家としても、2012年に投稿時9歳で将棋世界詰将棋サロンの年間優秀作の谷川賞を受賞している[6]

2016年9月3日日本将棋連盟の第59回奨励会三段リーグで13勝5敗の1位となり[7]、10月1日付、14歳2か月でプロ棋士(四段)となる資格を得た[1][8]。中学生でプロ入りを果たしたのは加藤一二三谷川浩司羽生善治渡辺明に続く5人目で[1][8]、14歳2か月という年齢は加藤一二三の14歳7か月を62年ぶりに更新する最年少記録[1][8]。また、初参加の三段リーグで昇段したのは、全員が初参加の第1回リーグを除くと、小倉久史屋敷伸之川上猛松尾歩三枚堂達也に次ぐ史上6人目(うち、1位での昇段は小倉、川上、松尾、藤井の4名)。
プロデビュー

プロとしてのデビュー戦は、2016年12月24日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦の初戦、加藤一二三との対局。両棋士の年齢差は62歳6か月であり、記録に残っているプロ棋士の公式戦では最多年齢差の対局となった。この対局を110手で制しプロデビュー戦を勝利で飾り、公式戦出場と公式戦勝利の史上最年少記録を更新した。

2016年度はその後も勝ち続け、最終的に公式戦を10戦全勝。プロ入り初年度を全勝したケースは清野静男(1949年度・9勝0敗)以来、67年振り。2017年4月4日、王将戦1次予選で小林裕士に勝ち、松本佳介近藤正和の10連勝を更新するプロデビュー以来の11連勝の新記録を達成した。

公式戦に並行して通常の新四段に対しては組まれない非公式戦も行われ、2017年3月から4月にかけてAbemaTV将棋チャンネルで放映された「藤井聡太四段 炎の七番勝負?New Generation Story?」では、増田康宏(2016年新人王)、永瀬拓矢(2016年棋聖戦挑戦者)、斎藤慎太郎(2016年度勝率1位)、中村太地(2012年棋聖戦挑戦者・2013年王座戦挑戦者)、深浦康市(A級在位中)、佐藤康光(A級在位中・将棋連盟会長)、羽生善治(タイトル三冠保持中・A級在位中)という錚々たる7棋士と対戦し、6勝1敗と大きく勝ち越した(永瀬戦のみ敗北)。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:63 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE