藤井聡太
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

 藤井聡太 四段
名前藤井聡太
生年月日(2002-07-19)
2002年7月19日(14歳)
プロ入り年月日2016年10月1日(14歳)
棋士番号307
出身地愛知県瀬戸市
師匠杉本昌隆
段位四段
戦績
2017年5月19日現在
この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:infobox_将棋棋士を参照してください。

■Template

藤井 聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 - )は、将棋棋士愛知県瀬戸市出身。杉本昌隆門下。棋士番号は307[1]。2016年9月現在、名古屋大学教育学部附属中学校在学[1]21世紀生まれで初となる将棋のプロ棋士[1][注釈 1]。連勝記録で歴代1位タイの記録保持者であり、またプロ公式戦初対局初勝利からの「無敗連勝記録」で歴代単独1位の記録保持者でもある[2]


目次

1 来歴

1.1 プロ入りまで

1.2 プロとしての戦績


2 棋風

3 人物

4 エピソード

5 昇段履歴

5.1 在籍クラス


6 記録

6.1 連勝記録


7 メディア

7.1 テレビ出演


8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 参考文献

10 外部リンク


来歴
プロ入りまで

5歳のときに「NEWスタディ将棋」(くもん出版)を使って祖母から将棋を教わる[1][3]2010年3月に「アマ初段」で東海研修会に入会[4]2011年に第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝[5]。同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝[6]2012年6月に研修会B1に昇級し新進棋士奨励会入会試験の一次試験免除の資格を得て、同年9月に奨励会に6級で入会[1]

奨励会入会以前から詰将棋の解答能力に定評があった。プロ棋士や奨励会員、詰将棋作家が多数参加する詰将棋解答選手権のチャンピオン戦には、2011年の第8回大会(大阪会場[注釈 2])に小学2年で初参加して、大阪会場の24人のうち13位[7]。2015年の第12回大会で同選手権史上初の「小学生による優勝」を達成し[1]、以後2017年の第14回大会まで3連覇。詰将棋作家としても、2012年に投稿時9歳で将棋世界詰将棋サロンの年間優秀作の谷川賞を受賞している[8]

初段から三段までを最年少記録のスピード昇段で通過し[9][10]、時期の関係で三段リーグ参加は昇段から半年後の2016年4月からとなったが[11]、同年9月3日に行われた日本将棋連盟の第59回奨励会三段リーグの最終19回戦を勝って最終成績では13勝5敗の1位となり[12]、10月1日付で年齢14歳2か月でプロ棋士(四段)となる資格を得た[1][13]。中学生でプロ入りを果たしたのは加藤一二三谷川浩司羽生善治渡辺明に続く5人目で[1][13]、14歳2か月という四段昇段年齢は加藤一二三の14歳7か月を62年ぶりに更新する最年少記録[1][13]


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:88 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE