蔭山和夫
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

蔭山 和夫
基本情報
国籍 日本
出身地大阪府大阪市
生年月日(1927-01-16) 1927年1月16日
没年月日(1965-11-17) 1965年11月17日(満38歳没)
身長
体重166 cm
64 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション三塁手
プロ入り1950年
初出場1950年3月11日
最終出場1959年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


大阪府立市岡中学校(旧制)

早稲田大学

南海ホークス (1950 - 1959)

監督・コーチ歴


南海ホークス (1960 - 1965)

この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート

蔭山 和夫(かげやま かずお、1927年1月16日 - 1965年11月17日)は、日本プロ野球選手内野手)。


目次

1 来歴・人物

2 詳細情報

2.1 年度別打撃成績

2.2 監督成績

2.3 表彰

2.4 記録

2.5 背番号


3 脚注

4 関連項目


来歴・人物

旧制市岡中学から早稲田大学へ進学。在学時、東京六大学リーグ戦全試合に出場し、最終学年では主将を務める。リーグ通算92試合出場、341打数94安打、打率.276、2本塁打、38打点。74得点は2008年上本博紀が83得点で更新するまでリーグ記録であった。

1950年南海ホークスに入団。翌年にはリーグ2位の打率.315を記録し、新人王に選ばれた[1][2]。1953年にもリーグ5位となる.303を残すなど活躍。球を良く見る打者で四球を多く選び、高い出塁率を誇った。1951年から1953年まで3年連続で30盗塁以上を記録するなど俊足で、リーグ最多三塁打を4回記録した。守備力も高く、飯田徳治木塚忠助らと共に「百万ドルの内野陣」を形成し、リードオフマンとしてチームに大きく貢献した。

1959年限りで現役引退。その後はヘッドコーチとなり、監督の鶴岡一人を支える名参謀ぶりを発揮した。1962年には途中休養した鶴岡に変わって監督代行を務めた[3]。球界でも有数の理論家として知られ、現役時代の野村克也の良き理解者だったといわれる。

1965年11月13日に鶴岡の勇退を受けて南海監督に就任したが、4日後の17日に急性副腎皮質機能不全で急死した。享年38。奇しくもこの日は第1回ドラフト会議の日でもあった。蔭山の死去を受けて鶴岡は勇退を撤回し、1968年まで指揮を執った。「南海蔭山新監督急死騒動」も参照
詳細情報
年度別打撃成績

















































O
P
S

1950南海1204924327112417159198662561--58--1461.287.373.458.831
19511044774109712912136185284296--61--0441.315.403.451.855
195212150843086110211091783936129--65--4733.256.359.414.773


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:25 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE