萩原朔太郎
[Wikipedia|▼Menu]

萩原 朔太郎
(はぎわら さくたろう)
萩原朔太郎(1930年撮影)
誕生1886年11月1日
日本群馬県東群馬郡北曲輪町
死没(1942-05-11) 1942年5月11日(55歳没)
日本東京府東京市世田谷区代田
墓地政淳寺(前橋市)
職業詩人
言語日本語
国籍 日本
最終学歴慶應義塾大学予科中退
活動期間1917年 - 1942年
ジャンル随筆評論小説短歌
主題寂寥感・孤独感・倦怠感・憂鬱感・空虚感
文学活動象徴主義・芸術詩派・アフォリズム口語自由詩神秘主義
代表作『月に吠える』(1917年)
『青猫』(1923年)
『純情小曲集』(1925年)
『氷島』(1926年)
『猫町』(1935年、小説)
主な受賞歴第8回文学界賞(1936年)
第4回透谷文学賞(1940年)
デビュー作『ひと夜えにし』(1902年、短歌)
『みちゆき』(1913年、詩)
子供2女(長女=萩原葉子
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年明治19年)11月1日 - 1942年昭和17年)5月11日)は、日本詩人大正時代近代詩の新しい地平を拓き「日本近代詩の父」と称される。


目次

1 生涯

1.1 誕生から学生時代

1.2 歌人・詩人としての出発

1.3 再度の上京から「氷島」まで

1.4 日本主義者への変貌


2 家族

3 著作

3.1 詩集

3.2 アフォリズム集

3.3 小説

3.4 随筆

3.5 詩歌論


4 編著・選集(新版)

5 資料

6 作品の特徴

7 人物・その他

8 関連項目

9 脚注

10 参考文献

11 外部リンク


生涯恩地孝四郎が描いた朔太郎の肖像
誕生から学生時代

群馬県東群馬郡北曲輪町(現:前橋市千代田町)に、開業医の父・密蔵と母・ケイの長子として生まれた。名前の朔太郎は、長男で朔日(ついたち)生まれであることから、命名された。1893年(明治26年)に群馬県師範学校附属小学校に入学。この頃から神経質かつ病弱であり、「学校では一人だけ除け者にされて、いつも周囲から冷たい敵意で憎まれている。」[1]と孤独を好み、一人でハーモニカ手風琴などを楽しんだ。

師範学校附属小学校高等科を卒業後、1900年(明治33年)に旧制県立前橋中学校(現・群馬県立前橋高等学校)入学。この時代に従兄弟萩原栄次に短歌のことを教わる。校友会誌に『ひと夜えにし』と題してはじめて短歌五首を発表。在学中に級友と共に『野守』という回覧雑誌を出して短歌を発表する。作品には与謝野晶子の影響が見られ、1903年(明治36年)に与謝野鉄幹主宰の『明星』に短歌三首掲載され、石川啄木らと共に「新詩社」の同人となる。学校へ行くと言って家を出ながら、郊外の野原で寝転んだり、森や林の中を歩き回り、学校の授業中はいつも窓から空を見ていた[2]。結局、中学で落第。

1907年(明治40年)9月熊本にある第五高等学校第一部乙類(英語文科)に浪人して入学する[3]が翌年7月落第し、1908年(明治41年)9月、岡山にある第六高等学校第一部丙類(ドイツ語文科)に転校。試験を受けないため教師の間で問題となり、翌年7月落第。1910年(明治43年)、六高に籍を残しつつ慶應義塾大学予科了組に入学するも直後に退学。同年の夏頃にチフスにかかり、帰郷し5月、六高を退学する。翌年、慶大予科に再入学する。比留間賢八についてマンドリンを習い音楽会やオペラを楽しむが、精神的苦悩に悩まされ、同年11月、慶大予科を中途退学。慶大への入退学が重なっているのは奇妙だが、これは旧制第六高等学校の教授が朔太郎の父・密蔵に手紙を寄せ、「朔太郎の学業に将来の望みなし」と諭告したことに関連する[4]
歌人・詩人としての出発

1913年(大正2年)に北原白秋の雑誌『朱欒』に初めて「みちゆき」ほか五編のを発表、詩人として出発し、そこで室生犀星と知り合い、室生とは生涯の友となる。1914年(大正3年)に東京生活を切り上げて帰郷し、屋敷を改造して書斎とする[5]。6月に室生犀星が前橋を訪れ、そこで山村暮鳥と3人で詩・宗教・音楽の研究を目的とする「人魚詩社」を設立。1915年(大正4年)には詩誌『卓上噴水』を創刊。「ゴンドラ洋楽会」を組織してマンドリンやギターを教授して前橋や高崎で演奏会を開催する。またこのころから教会に出入りし、神や信仰、罪などの問題に悩み始める[6]

1916年(大正5年)春頃から自宅で毎週一回の「詩と音楽の研究会」を開き、6月に室生犀星との2人雑誌『感情』を創刊。高度に成熟した散文詩評論を発表し始め、1917年(大正6年)32歳で、第一詩集『月に吠える』を感情詩社と白日社共刊により自費出版で刊行。内容・形式共に従来の詩の概念を破り、口語象徴詩・叙情詩の新領域を開拓し、詩壇に確固たる地位を確立。森鴎外の絶賛を受けるなど[7]、一躍詩壇の寵児となり、5月『文章世界』誌上において神秘主義象徴主義論のきっかけをつくる論文を発表。

1918年(大正7年)『感情』に詩3編を発表したのち、前橋市でマンドリン倶楽部の演奏会を頻繁に開催し、前橋在住の詩人歌人たちと「文芸座談会」を設ける。1919年(大正8年)5月、上田稲子と結婚。6月、若山牧水来訪。詩人団体「詩話会」の委員となり、機関紙『日本詩人』の創刊と共にアフォリズム風の文章を初めて発表し始める。1922年(大正11年)に『新しき欲情』を刊行。『短歌雑誌』に発表した「現歌壇への公開状」をきっかけに歌壇人と論争になり、朔太郎は万葉の浪漫的抒情精神の復活を唱えた。1920年(大正8年)長女萩原葉子誕生。1922年(大正11年)次女明子誕生。
再度の上京から「氷島」まで

1923年(大正12年)1月詩集『青猫』刊行、7月『蝶を夢む』を刊行し、谷崎潤一郎を訪問。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE