英語
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年1月)

日本の学校の教科については「英語 (教科)」を、アメリカで使用されるものについては「アメリカ英語」を、イギリスで使用されるものについては「イギリス英語」をご覧ください。

英語

English
発音IPA: ['???l??] 
話される国イギリスアメリカ合衆国カナダオーストラリアニュージーランドアイルランド南アフリカ共和国フィリピンシンガポールなど多数 (約80の国・地域)
地域主として西ヨーロッパ北ヨーロッパアジア北アメリカオセアニア西インド諸島の一部など
話者数約3億3500万人[1]
話者数の順位2-3 (第二公用語含む)
言語系統インド・ヨーロッパ語族

ゲルマン語派

西ゲルマン語群

アングロ・フリジア語群

古英語

英語





公的地位
公用語英語圏を参照
統制機関なし
言語コード
ISO 639-1en
ISO 639-2eng
ISO 639-3eng
SILENG
テンプレートを表示

英語(えいご、英語: English)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属し、イギリスイングランド地方を発祥とする言語である。
目次

1 「英語」という呼称

2 現況

3 文字

4 発音

5 文法

5.1 代名詞

5.2 名詞

5.3 動詞

5.3.1 法

5.3.2 時制

5.3.3 相

5.3.4 態

5.3.5 be動詞の活用

5.3.6 人称代名詞とbe動詞の関係

5.3.7 動詞を原形で用いる場合


5.4 助動詞

5.5 その他の品詞

5.6 基本文型


6 歴史

7 英語圏

8 英語人口

9 各国の英語事情

9.1 イギリスの英語事情

9.2 アメリカ合衆国の英語事情

9.3 カナダの英語事情

9.4 オーストラリアの英語事情

9.5 ニュージーランドの英語事情

9.6 日本の英語事情


10 英語に関する資格試験

11 脚注

12 関連項目

12.1 英語の時代による分類

12.2 他の言語

12.3 英語による各国文学

12.4 方言

12.5 英語を基にした人工言語

12.6 辞典

12.7 教育

12.8 個別言語学

12.9 資格試験


「英語」という呼称 EN:英語の言語コード ISO 639-1、シンボリックフラグ

「英語」の「英」はイギリスの漢字表記「英吉利」、もしくはイングランドの漢字表記「英格蘭」に由来する(「英吉利」「英格蘭」とも表記自体は先行する中国語に倣ったものであり、現代の中国語でも「英吉利海峡」などの語に残っている)。

同じような成立の略語に「仏語」(仏蘭西語)、「独語」(独逸語)、「西語」(西班牙語)などがあるが、現代日本では「フランス語」、「ドイツ語」、「スペイン語」といった呼称が普及している(なお、スペイン語については、スペインのカスティーリャ地方を発祥とする言語であることから、カスティーリャ語という表現も広く用いられる)。一方で英語は古くに「英吉利語」(イギリス語)[2]という呼称もあったがすでに廃れており「英語」という呼称のみが普及している。
現況

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年1月)

現在、イギリス全体としての国家語は英語であるが、イギリスに含まれるイングランドやウェールズスコットランド北アイルランドでは英語以外の言語話者もいる。また、イギリス、アメリカ合衆国をはじめとして少なからぬ国で公用語となっており、それぞれが各々の規範を持つ複数中心地言語でもある。

20世紀中盤までイギリスが多くの植民地を抱えていたこと(イギリス帝国)は英語話者数の増加の要因となった。イギリスの取った植民地政策は間接統治であった。つまりエリート層をイギリス本国で教育させ、それぞれの植民地へ送り返した。上層階級であるエリート層はみな英語で教育を受けたため、植民地行政では英語が支配的となり、独立後もこの状態が続く。かくして旧イギリス領(現在その多くはイギリス連邦に加盟している)では法律が英語で起草されており、それによって公的に(政治経済・教育で)使われるようになり、イギリスとこれらの地域の共通語になった。

第二次世界大戦後イギリスは徐々に国際政治での影響力を弱めていくが、かつて英国が植民地を建設した土地でありまた同じ英語を使用する国でもあるアメリカ合衆国が強い影響力を持つようになり、結果として英語が有用な外国語として世界に広く普及することになった。経済、社会文化など様々な分野でグローバル化が進み、「国際共通語」としての英語の重要性は高まる一方である。約80の・地域で話されており、世界で最も多くの国・地域で使用されている言語である。

この現況に対しては世界中の非英語圏地域においてさまざまな反発が存在し、特にスペイン語圏では顕著な反英語感情が見られる。「自然言語」の一つに過ぎないただの英語という言語がこれほどまでに高い国際的地位を保ち続け頑としてゆるがせにしない現在の状況は、イギリスやアメリカといった経済的超大国による国際支配の歴史を浮き彫りにするものであり、また世界の非英語国(特に発展途上国)への差別(特にその文化に対する差別)を助長するものであり、さらにはそうした途上国の文化を滅ぼすおそれがある。それらの批判に対する解決策としては、「国際語」向けに作られた人工言語(現在のところエスペラントが最有力)に地位を与えることが考えられるが、「英語の地位を落とすに足る積極的理由もなしに『国際語』をわざわざ変える必要はない」「(英語が既にこれほどまでに普及し強く根づいている現状において)変えるとなると世界的な混乱や波紋を呼ぶことになる」などの反論がある。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:91 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE