苧阪直行
[Wikipedia|▼Menu]

苧阪 直行(おさか なおゆき、1946年12月16日[1] - )は、日本の心理学者(意識科学・認知脳科学・ワーキングメモリ)。文学博士(1979)。京都大学名誉教授、大阪大学脳情報通信融合センター招聘教授、日本学士院会員。父、良二は心理学者で京都大学名誉教授、妻、満里子も心理学者で大阪大学名誉教授。

追手門学院大学文学部助教授、京都大学大学院文学研究科助教授、京都大学大学院文学研究科教授、京都大学大学院文学研究科科長・文学部長、京都大学評議員、京都大学特任教授・副学長補佐、京都大学名誉教授、日本学術会議会員(20-21期)及び連携会員(22-24期)、日本学術会議『脳と意識分科会』委員長(2005年-)、文部科学省科・大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会)委員、文部科学省科・科学技術・学術審議会『脳科学委員会』委員、国際高等研究所研究推進委員を歴任した。日本色彩学会会長、関西心理学会会長、日本ワーキングメモリ学会会長、日本学術振興会・学術システム研究センター・プログラムオフィサー、日本学術会議近畿地区会議代表幹事も務めた。2012年学士院会員(第1部第1分科・心理学・認知科学)、大阪大学脳情報通信融合研究センター招聘教授(2016年)、日本学士院学術奨励賞選考委員会委員長(2017年)。

日本人間工学会橋本賞、日本心理学会優秀論文賞、日本心理学会国際賞、日本ワーキングメモリ学会賞、日本色彩学会賞を受賞。2017年日本学術会議『脳と意識分科会』から『融合社会脳研究の創生と展開』を提言18年1月10日、皇居正殿松の間での「講書始の儀」で天皇皇后両陛下に「意識をつむぐワーキングメモリ」をご進講。
目次

1 研究

2 経歴

3 著書

4 主要論文(英文)

5 主要日本語論文(共著含む)

6 共編著

7 翻訳

8 脚注

9 参考文献

研究

人間の意識と注意のメカニズムをワーキングメモリ(WM)の資源共有モデルや実行系機能を通して実験的・理論的に検討している。1990年代以降、心理学では初めてfMRI(機能的磁気共鳴画像法)、MEG(脳磁場測定法)、TMS(経頭蓋磁気刺激法)などを用いて、認知神経科学的アプローチからWMを研究。WM課題(リーディングスパン課題)を遂行中の情報更新や抑制などの注意の実行系機能が、ヒトの脳の前頭前野背外側領域(DLPFC)と前部帯状回(ACC)の連携のもとに働いていることを見いだした。意識の三階層モデル(1996)では、無意識や意識の神経相関問題を検討し、第一階層に覚醒、第二階層にアウェアネス(注意の選択性に基づく知覚・運動的意識)を、さらに第三階層にリカーシブな意識(再帰性に基づく自他の関係性を担う社会的意識)を想定し、WMとかかわる前頭葉の内外側領域がアクティブな意識を創るとする意識のワーキングメモリ仮説を提案。WMの個人差についても高齢者と若年者の比較の他、読解力、読みの眼球運動、周辺視、時間統合、色彩などについて検討を行っている。知覚意識を創発する感性言語としての擬音語・擬態語の脳内表現についても痛みの擬態語がACCで表現されるなどユニークな報告もある。2000年には第64回日本心理学会、2004年には国際ワーキングメモリ学会をそれぞれ主宰し、後者ではワーキングメモリ研究の現状をThe Cognitive Neuroscience of Working Memory( 2007, Oxford University Press)に集約している。2003年以降には日本ワーキングメモリ学会や日本学術会議「脳と意識」分科会を創設、2005年以降毎年公開シンポジウム等を開催し、研究成果を社会に活かしている。さらに、第三階層を自他の社会的インタラクションをメンタライジング(心の理論)から解明する社会脳(人文社会科学、脳科学と情報学の融合研究領域)という新分野を提唱(社会脳シリーズ全9巻)。脳のWMネットワークとデフォールトモードネットワークがバランスよく調整されることで豊かな社会適応が形成されるというモデルを考えている。本邦における意識研究導入期における古典的実験装置についての歴史の研究実績もある。
経歴

京都府出身[2]。1976年京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学、1979年「周辺視に於ける明るさ受容機構の精神物理学的研究」で文学博士追手門学院大学助教授、1987年京都大学文学部助教授、1994年教授、文学研究科長・文学部長、2010年定年退任、名誉教授。2012年日本学士院会員に選ばれる。日本学術会議会員、日本ワーキングメモリ学会会長。専門は認知心理学。
著書

『コンピュータ・コミュニケーション』
ナカニシヤ出版 1983 心理学ラボラトリ・コンピュータシリーズ

『コンピュータ・コントロール』ナカニシヤ出版 1983 心理学ラボラトリ・コンピュータシリーズ

『周辺視機能の精神物理学的研究』風間書房 1983

意識とは何か 科学の新たな挑戦』1996 岩波科学ライブラリー

『心と脳の科学』1998 岩波ジュニア新書

『笑い脳 社会脳へのアプローチ』2010 岩波科学ライブラリー

『社会脳科学の展望 脳から社会をみる 社会脳シリーズ 1』編 新曜社 2012

『道徳の神経哲学 神経倫理からみた社会意識の形成 社会脳シリーズ 2』新曜社 2012

『注意をコントロールする脳 神経注意学からみた情報の選択と統合社会脳シリーズ3』新曜社 2013

『美しさと共感を生む脳 神経美学からみた芸術 社会脳シリーズ4』新曜社 2013

『報酬を期待する脳 ニューロエコノミックスの新展開 社会脳シリーズ5』新曜社 2014

『自己を知る脳・他者を理解する脳 神経認知心理学からみた心の理論の新展開 社会脳シリーズ6』新曜社 2014

『小説を楽しむ脳 神経文学という新たな領域 社会脳シリーズ7』新曜社 2014

『成長し衰退する脳 神経発達学と神経加齢学 社会脳シリーズ8』新曜社 2015

『ロボットと共生する社会脳 神経社会ロボット学 社会脳シリーズ9』新曜社 2015

『社会脳ネットワーク入門―デフォールトモードネットワークとワーキングメモリネットワークの協調と競合(共著) 新曜社 2018』

主要論文(英文)

1  Size of saccade and fixation duration of eye movements during reading: Psychophysics of Japanese text processing. Journal of the Optical Society of America A, 9, 5-13 (1992).

2 Individual differences in working memory and the peak frequency shift on magnetoencephalography. Cognitive Brain Research, 8, 365-368 (1999).

3 Optimal viewing position in vertical and horizontal reading in Japanese. Perception & Psychophysics, 62, 1634-1644 (2000).

4 Asymmetry of human visual field in magnetic response to apparent motion. Brain Research, 865, 221-226 (2000).


5 Effect of verbal working memory: Critical role of focus word in reading. Memory & Cognition, 30, 562-571 (2002).


6 Individual differences in working memory during reading with and without parafoveal information: American Journal of Psychology, 115, 501-513 (2002).

7 The neural basis of individual differences in working memory capacity: an fMRI study. NeuroImage, 18, 789-797(2003)

8 Working memory-based consciousness: An individual difference approach. In N.Osaka (ed.) Neural Basis of Consciousness. Amsterdam: John Benjamin, Pp.27-44 (2003).

9 Functional roles of cingulo-frontal network in performance on working memory. NeuroImage, 21, 2-14 (2004).

10 Is the self special in DMPFC? An fMRI study. Social Neuroscince, 4, 455-463 (2009).

11 Matsuyoshi, D.,Ikeda, T.,Sawamoto, N.,Kakigi, R., Fukuyama, H.,& Osaka, N.(2010) Task irrelevant memory load induces inattentional blindness without temporo-parietal suppression. Neuropsychologia, 48,,3094-3101 (2010).

12 Anterior MPFC exhibits activation during preparation but deactivation during task execution. PLoS  ONE, 6, 8,e22909 82011).

13 Dissociable neural activations of conscious visibility and attention. Journal of Cognitive Neuroscience, 24, 469-506 (2011).

14 Primary visual cortex scales individual's perceived brightness with power function: Inner psychophysics with fMRI. Journal of Experimental Psychology: Human Perception & Performance (2012).

15 Effect of intentional bias on agency attribution of animated motion: An event-related fMRI study. PLoS One, 7(11), e49053 (2012).

16 When do negative and positive emotions modulate working memory performance? Scientific Reports, 3, 1375 (2013).

17 Coactivation of the default mode network regions and working memory network regions during task preparation. An event-related fMRI study. Scientific Report, 4, 1036 (2014).

18 Rostal prefrontal cortex underlies individual differences in working memory capacity. Cortex, 71, 277-290 (2015).

19 How two brains make one synchronized Mind in the inferior frontal cortex: fNIRS-based hyperscanning during cooperative singing. Frontiers in Psychology, 6, 1811 (2015). 

20 Neural mechanisms of individual differences in working memory capacity: Observations from functional neuroimaging studies. Current Directions in Psychological Science, 26, 335-345 (2017).


他160編

主要日本語論文(共著含む)

1.  周辺視における潜時ベキ関数. 心理学研究, 48, 296-302(1977).

2. 周辺視におけるlocal adaptationからの可視度の回復過程. 人間工学, 14, 33-38 (1978).


3. シフトレジスタを用いたMOD-2疑似ランダムパルスの発生. 心理学研究, 49, 99-102 (1978).


4. 周辺視における明るさのベキ関数とEqual Brightness Contour. 心理学研究, 50, 1-8 (1978).

5. マイクロコンピュ?タによるリアルタイム,ベ?シックラボラトリ. 心理学研究, 51, 100-104 (1980).

6. SAS, SAS/GRAPH およびデータベース. 行動計量学, 11, 33?41 (1983).

7. VDTの表示色,視野,および明暗順応と眼精疲労の関係について. 人間工学, 21, 89-95 (1985).

8. 心理学におけるパ?ソナルコンピュ?タの利用の現状. 心理学評論, 28, 309-328 (1985).


9. 読みの精神物理学:周辺視の役割を中心として. 哲学研究, 48, 588-612 (1992).

10. 移動窓法による読みの研究. 情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会(H & C) 92-CH-14-1 (情処研報, 92, 45)1-5 (1992).

11. 最近の意識情報処理研究の動向. 基礎心理学研究, 12, 109-110 (1994).

12. 読みとワ?キングメモリ容量. 心理学研究, 65, 339-345 (1994).

13. 読みの心理学:読みの情報処理の基礎過程. 教育心理学年報, 34, 8-11 (1995).


14. 脳と意識. 物性研究(複雑系5 ), 68, 559-570(1997).

15. 視覚におけるNCC (Neural Correlates of Consciousness) 問題―ニューロイメージング (SQUID)による探求―. 認知科学, 4, 93-98 (1997).

16. リカーシブな意識とワーキングメモリ. 心理学評論, 41, 87-95 (1998).

17. 意識と側頭葉てんかんの謎. 心理学評論, 41, 213-214 (1998).

18. ニューロイメージングからみた運動残効. 基礎心理学研究, 17, 62-67 (1998).

19. 心と脳の認知心理物理学. VISION, 10, 125-132 (1998).

20. 空間性および言語性ワーキングメモリの相互作用. 基礎心理学研究, 18, 89-90 (1999).

21.  Wundt-Walk―心理学実験室創設120周年のライプチッヒ大学―. 心理学評論, 42, 413-418(1999).


22. 「実験心理写真帖」にみる明治期の心理学実験と古典実験機器. 心理学評論, 42, 368-412 (1999).

23. 2次運動情報処理の非並列性. 心理学研究, 71, 462-468 (2000).

24. 読みのワーキングメモリとリーディングスパンテスト. 心理学評論, 42, 505-522 (2000).

25. ワーキングメモリの資源共有モデルの検討. 基礎心理学研究, 19, 27-28 (2000).

26. サッカード前後における対象の位置知覚と視野の安定性. 心理学評論, 43, 476-486 (2000).


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:26 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE