若宮啓文
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

若宮 啓文(わかみや よしぶみ、1948年 - )は、韓国東西大学碩座教授[1]、国立ソウル大学日本研究所客員研究員。元ジャーナリストコラムニストで、過去、朝日新聞論説主幹(2002.9?2008.3)、主筆(2011.5.1?2013.1.16)、東京大学・龍谷大学・慶応大学の客員教授を歴任。


目次

1 来歴

2 人物

3 主張

4 著書

4.1 単著

4.2 共著


5 関連項目

6 脚注


来歴

東京大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社。政治部記者として日本政治、日中韓関係、国際政治について数々の記事、コラム、著書を発表。東京大学、慶應義塾大学、龍谷大学でそれぞれ客員教授を務めた。父は、朝日新聞政治部記者から鳩山一郎首相秘書官に転じた若宮小太郎。
人物

1948年(昭和23年)1月、東京生まれ。在学中に
東大安田講堂事件に遭遇。

1970年(昭和45年)4月、朝日新聞の記者となり横浜支局へ赴任。飛鳥田一雄市長による「ベトナム行き米軍戦車ストップ事件」などを取材。

1972年(昭和47年)9月、長野支局へ移り、1975年(昭和50年)の元旦に起きた青木湖スキーバス転落事故などを取材する。長野では部落解放同盟長野県連合会の協力を得て長野版に「ルメB現代の被差別部落」を長期連載し、のちに加筆して刊行された[2]

1975年(昭和50年)5月に本社政治部へ移り、ロッキード事件前後の三木武夫政権、新自由クラブの結成や大平正芳政権での「四十日抗争」など昭和から平成にかけて激動の政治を報道した。また、全斗煥韓国大統領訪日、中曽根康弘首相の靖国神社公式参拝、宮澤喜一政権での天皇訪中をはじめ冷戦終結前後のさまざまな外交問題を取材。その後、論説委員、政治部長を歴任する。

1979年(昭和54年)8月に山下元利防衛庁長官の同行取材で訪韓し、翌1980年(昭和55年)9月には北朝鮮を訪れて金日成とも会ったことから、南北朝鮮に関心をもち、1981年(昭和56年)9月から1年間ソウルに留学して朝鮮語を学ぶ。

以降、1993年(平成5年)に発足した「日韓フォーラム」に参加、近年では「東京=北京フォーラム」などの日中対話にも積極参加。日中韓の「和解」や「相互理解」を促す論評、コラム、著書を発表した。サッカー・ワールドカップの「日韓共催」を社説で提案した。[要出典]

2001年(平成13年)5月に米国ワシントンのブルッキングス研究所で客員研究員となり、滞在中にアメリカ同時多発テロ事件が勃発。

2002年(平成14年)9月に論説主幹となり、5年7ヶ月にわたって朝日新聞の社説、論調を主導する。かつて「反対」していたPKO(国連平和維持活動)への自衛隊参加について積極論へ転換したほか、「有事法制」にも賛成へと大きくカジを切るなど、伝統的な朝日の反戦イメージを修正する現実路線に踏み出した。[要出典]

2003年イラク戦争には反対の論陣を張って読売新聞、産経新聞などと論争し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判した。

2006年2月、雑誌『論座』誌上で渡邉恒雄読売新聞主筆と対談し、「首相の靖国参拝反対」で一致した。

2007年(平成19年)5月3日には「提言・日本の新戦略」と題する21本の社説を一挙掲載して「地球貢献国家」を提唱。そこでは憲法9条の改正に反対する「護憲」の立場を改めて鮮明にしつつ、平和安全保障基本法(仮称)を設けて自衛隊の存在や役割を「準憲法」的に位置づけることを提唱した。こうした一連の社説づくりの内幕は、自ら『闘う社説』(2008年(平成20年)、講談社)で明らかにしている。

また、社説とは別に朝日新聞には署名コラム「風考計」(現在は「ザ・コラム」に改称)も連載。2005年(平成17年)3月には竹島問題について「竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想」を書いた。日韓の友好を固めるために「いっそ日本が竹島を譲ってしまい、韓国がこの英断を称えて『友情島』となづけて周辺の漁業権を日本に認める」といった戦略的な「夢想」を提示したもの[3]。この内容は強い批判を招いた。これらのコラムはすべて英訳されHerald Tribune Asahiに Japan Notebookのタイトルで掲載されている。コラム集は『右手に君が代 左手に憲法――漂流する日本政治』(2007年(平成19年)、朝日新聞社)として出版され、英文も収録されている。

2011年(平成23年)5月1日、朝日新聞主筆に就任。

2012年(平成24年)3月1日、若宮は欧州の新聞幹部らとともにロシア首相だったプーチン大統領に会見した際、北方領土問題について妥協の意思があるか問いただし、「引き分けがいい」「『はじめ』の号令をかける」という柔道用語による答えを引き出した。3月26日、日韓の懸案になっている従軍慰安婦の問題について、アジア女性基金の実績を生かし、改めて野田総理大臣の謝罪を伝えるなどの打開策を朝日新聞のコラムで提案。4月5日には韓国の東亜日報で同じ趣旨のコラムを執筆した。[3]4月5日、韓国の東亜日報にて、従軍慰安婦問題に関して野田総理大臣が謝罪すべきであり、朝日新聞を介して提案を行ったとのコラムを執筆した。[4]

週刊文春2012年5月17日号の「朝日新聞主筆 若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞 」にて、若宮啓文主筆が論説主幹だったときに出張費の問題があったとした。それによると、「若宮氏が2008年2月に北京上海に3?4泊で出張した際、50歳前後の女性秘書を同行させ、会社の経費で航空機ビジネスクラスに乗せたり高級ホテルに宿泊させたりした。朝日には中国支局があることから秘書を連れて行く必要はなく、しかも内勤職は社内規定で海外出張が認められていなかった。朝日の内部監査室による調査で不正が発覚したが若宮氏はこれを認め、全額を会社に返済した」と報じている。又、若宮氏は、著書の出版記念パーティーを外務省外郭団体のような中国の外交学会に開いてもらったとし、「独裁国家政府機関に自らの言論活動をお祝いされるというのは本来ありえない」と他紙幹部の批判を紹介している。[5]朝日新聞は2012年5月9日、週刊文春の記事に対し、「事実無根の記述で本社主筆と本社の名誉、信用を著しく毀損する」として、謝罪と訂正記事の掲載を求める抗議書を前日に送ったことを紙面で明らかにした。

2012年に出版された小川榮太郎著『約束の日 安倍晋三試論』に、三宅久之と若宮が交わしたとされる会話が記述されている。その中で、三宅が若宮に対し「朝日は安倍というといたずらに叩くけど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものなのか」と質問したところ、若宮から「できません」「社是だからです」という返答があった事が記述されている[6]

2012年(平成24年)12月13日付の東亜日報の記事にて、「韓国人が気を遣うのは安倍政権の登場で日本の右傾化が一気に進むのではないかということだ。」と述べたが、同年12月18日付の産経新聞の記事にてアメリカCSISマイケル・グリーンが「米側ではいわゆる慰安婦問題を機に左派のエリートやニューヨーク・タイムズロサンゼルス・タイムズ安倍氏を『危険な右翼』としてたたきました。安倍氏の政府間レベルでの戦略的な貢献を認識せずに、でした。その『安倍たたき』は日本側で同氏をとにかく憎む朝日新聞の手法を一部、輸入した形でした。今後はその繰り返しは避けたいです」と語り、朝日新聞の報道姿勢を批判した[7]。また、同記事で若宮は「憲法改正に強く同調したのは日本維新の会石原慎太郎代表程度だ。」とも述べたが、自身が主筆を務める朝日新聞の同年12月18日付の記事にて衆院選の当選者のうち憲法改正の賛成派が89%に達した事が報道された。[8]

2013年(平成25年)、著書「新聞記者 現代史を記録する」 (ちくまプリマー新書)において、従軍慰安婦問題について、「朝日新聞もこれを熱心に報じた時期があった。中には力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」とし、従軍慰安婦問題に関する朝日新聞のキャンペーンに根拠がないことを暴露した。しかし、未だ虚偽の報道に対しての謝罪・訂正は行われていない。

  「慰安婦」も参照。

2013年1月16日、65歳になり朝日新聞社を退任、朝日新聞主筆を退任[9]、公益法人日本国際交流センターのシニアフェローとなった。彼の退任後、朝日新聞はその左翼色を薄めつつある。[要出典]また、1月30日、韓国の東西大学は若宮を「碩座教授」に任命[10]。3月には国立ソウル大学日本研究所が客員研究員として招請した。8月、韓国の中央日報のインタヴューに朝鮮語で応じ、在日韓国人の事を在日同胞と表現。[11]

主張

慰安婦朝鮮人強制連行竹島問題など懸案については「パッケージ処理」を主張しており、日本による植民地支配と侵略を認め反省と謝罪を表明した「村山談話」の継承は当然のことだと主張している[12]

著書
単著

『新自由クラブ 保守野党の課題と展望』 教育社〈入門新書. 時事問題解説 no.114〉、1978年10月。

『現代の被差別部落 ルポ』 朝日新聞社〈朝日文庫〉、1988年12月。
ISBN 4-02-260533-2

『忘れられない国会論戦 再軍備から公害問題まで』 中央公論社〈中公新書〉、1994年10月。ISBN 4-12-101206-2

『戦後保守のアジア観』 朝日新聞社〈朝日選書 541〉、1995年11月。ISBN 4-02-259641-4

Wakamiya Yoshibumi (1999). The postwar conservative view of Asia: How the political right has delayed Japan's coming to terms with its history of aggression in Asia. LTCB international library selection (長銀国際ライブラリー叢書) no. 8 (1st English ed. ed.). LTCB International Library Foundation. ISBN 4924971073


若宮啓文(述) 『人権よもやま話 平成14年度同和問題講演会講演録』 群馬県、2002年。

『和解とナショナリズム 新版・戦後保守のアジア観』 朝日新聞社〈朝日選書 811〉、2006年12月。
ISBN 4-02-259911-1

『右手に君が代左手に憲法 漂流する日本政治』 朝日新聞社、2007年3月。ISBN 978-4-02-250270-4

『闘う社説 朝日新聞論説委員室2000日の記録』 講談社、2008年10月。ISBN 978-4-06-215016-3

共著

權五ギ・若宮啓文 『韓国と日本国』 朝日新聞社、2004年11月。ISBN 4-02-257957-9

渡辺恒雄 『「靖国」と小泉首相 渡辺恒雄・読売新聞主筆vs.若宮啓文・朝日新聞論説主幹』 『論座』編集部編、若宮啓文(述)、朝日新聞社、2006年3月。ISBN 4-02-250182-0

関連項目

朝日新聞

慰安婦

植村隆

本多勝一

南京事件

靖国問題

教科書誤報事件

脚注

[ヘルプ]
^ 統合ニュース 朝日新聞の若宮前主筆 韓国・東西大学の碩座教授に ⇒[1]
^ 『ルポ現代の被差別部落』(朝日新聞社、1974年(昭和49年)/朝日文庫、1988年(昭和63年))
^asahi.com:竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想 - コラム
^[若宮の東京小考]おばあちゃんたちに伝えたい首相の謝罪 東亜日報(朝鮮語)
^ 『「朝日新聞主筆 若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞 』(週刊文春、2012年(平成24年)5月17日号))
^ 阿比留瑠比 (2012年9月9日). ⇒“【書評】『約束の日 安倍晋三試論』小川榮太郎著”. 産経新聞 (産業経済新聞社). ⇒http://sankei.jp.msn.com/life/news/120909/bks12090907550009-n1.htm 2012年12月14日閲覧。 
^「右傾化」批判の誤り 2012年12月18日付古森義久あめりかノート(産経新聞
^集団的自衛権、8割が容認 衆院選当選者 2012年12月13日付 朝日新聞
^ 2013年1月12日付朝日新聞朝刊総合面「「改憲」で刺激、避ける時」
^ (聯合ニュース) ⇒『朝日新聞の若宮前主筆 韓国・東西大学の碩座教授に』


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:48 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:Oak-5