花田虎上
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

若乃花 勝


基礎情報
四股名若乃花 勝
本名花田 勝
愛称お兄ちゃん[1][2]・若・若様・若関(大相撲現役時)
生年月日(1971-01-20) 1971年1月20日(47歳)
出身東京都中野区(出生地・東京都杉並区
身長180cm
体重134kg
BMI41.36
所属部屋藤島部屋二子山部屋
得意技おっつけ[1]、押し、左四つ、寄り
成績
現在の番付引退
最高位第66代横綱
生涯戦歴573勝286敗124休(73場所)
幕内戦歴487勝250敗124休(58場所)
優勝幕内最高優勝5回
十両優勝1回
三段目優勝1回
序ノ口優勝1回
殊勲賞3回
技能賞6回
データ
初土俵1988年3月場所[1]
入幕1990年9月場所[1]
引退2000年3月場所[1]
引退後タレント
アメリカンフットボール選手
実業家
備考
金星2個(旭富士2個)
2013年4月8日現在■テンプレート  ■プロジェクト 相撲
国技館辺に展示されている三代目若乃花の手形

花田 虎上(はなだ まさる、1971年1月20日 - )は、東京都中野区(出生地は杉並区)出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士、第66代横綱・若乃花 勝(わかのはな まさる)、3代目若乃花となる。父は元大関貴ノ花、母は女優藤田紀子、弟は第65代横綱の貴乃花、伯父は第45代横綱の初代若乃花、甥(弟・貴乃花の長男)は靴職人・タレントの花田優一。本名は花田 勝(はなだ まさる)[1]

2011年4月9日より、風水建築デザイナー直居由美里のアドバイスで芸名を「花田虎上」(はなだまさる)に改名。

実業家タレントスポーツキャスター、血液型はB型。既婚(再婚)。


目次

1 来歴

1.1 初土俵?関脇時代

1.2 大関時代

1.3 横綱時代

1.4 引退後


2 プロフィール

3 主な成績

3.1 通算成績

3.2 各段優勝

3.3 三賞・金賞

3.4 場所別成績

3.5 主な力士(横綱・大関)との幕内対戦成績


4 家系図

5 改名歴

6 年寄変遷

7 パチスロ

8 主なテレビ出演

8.1 テレビ番組

8.2 テレビドラマ

8.3 ウェブテレビ

8.4 CM


9 文献

9.1 著書

9.2 関連文献


10 関連項目

11 脚注

12 外部リンク


来歴[ソースを編集]

上背はなかったものの、強靭で巧みな足さばきを生かして多彩な技を繰り出し、技能派の名人力士として知られた。また人当たりのよい性格で話術にも長け、力士時代から「お兄ちゃん」の愛称で親しまれる。容姿や相撲の内容は実父・貴ノ花利彰よりも伯父の初代若乃花を彷佛とさせた。「最大の企業秘密」として現役中は徹底して隠し通されていた点があり、入門前から左の股関節が弱かったため、「左を差されて前に出られる相撲」など左の股関節に負担がかかる体勢を苦手としていたという[3][1]
初土俵?関脇時代[ソースを編集]

1988年3月場所初土俵。「花の六三組」の一人で、弟の貴花田(のち横綱貴乃花)の他、のち横綱・大関魁皇らと同期入門だった。入門に当たって、父である藤島親方(元大関貴ノ花、後に二子山親方)からは「今日限りお前たちとは親方と弟子になる。パパとママの呼び方は許さない。親方とおかみさんだ。わかったな」と言い放たれ、若貴兄弟が両親に存在を認めてもらうには稽古を重ねて早期に関取になるしかなかった[4]。初土俵以降順調に出世するも、1989年11月場所で史上最年少関取となった貴花田には一歩出遅れたが、若花田も弟の後を追いかけるように1990年3月場所で新十両となる。同年9月場所には新入幕を果たした[4]

入幕して最初の頃は、天性の勝負勘と強靭な足腰で相手の攻撃を凌いで技を繰り出して勝つという勝ち方が多かったが、1992年後半頃からおっつけに磨きがかかるようになり、成績も伸びていった。1991年9月場所2日目には、前頭3枚目の地位で横綱旭富士を右上手投げで破り初金星を獲得し、同9月場所は自身初の三賞(殊勲賞・技能賞)を受賞[4]。さらに1992年1月場所3日目も、前頭筆頭の地位で再び旭富士を右下手投げで下し、2個目の金星を獲得。なお横綱旭富士は同1月場所で進退を掛けたが初日から3連敗を喫し、この若花田(当時の四股名)の敗戦を最後に現役引退を表明した。

1991年11月場所で、自身初の三役となる新小結に昇進したが、7勝8敗と負け越し。さらに翌1992年3月場所と同年7月場所を、相次ぐケガで途中休場(2場所共にのち再出場、但し3月場所は14日目から再休場)するなど、小結と前頭の地位を上下する足踏み状態が続いていた。しかし2度目の再小結だった1993年3月場所は、初日から7連勝と絶好調。中日(8日目)で当時関脇の武蔵丸戦で初黒星を喫したが、12日目には宿敵・当時新横綱の曙を下し殊勲の星を挙げるなどで、14勝1敗の成績で自身初の幕内最高優勝を達成した[4]

1993年5月場所直前に四股名を若花田から若ノ花に改名。同5月場所では新関脇で10勝5敗と二桁白星を挙げ、幕内上位で3場所合計34勝11敗の成績となったが、3場所前に前頭3枚目(10勝5敗)の地位だった事がネックとなり大関昇進は見送られる。さらに同場所千秋楽、大関小錦との取組では明らかに小錦の手が先についていたのに、行司軍配は小錦の方に上げられ、しかも物言いもつかなかったため、若ノ花の負けとされる不運もあった(千秋楽の翌日、当時の鏡山審判部長(元横綱柏戸)はこの一番に物言いをつけなかった責任を取り、辞表を提出しようとする事態となった)。

それでも、翌1993年7月場所には最後まで優勝を争い13勝2敗の成績を挙げ、横綱曙・大関貴ノ花(当時の四股名)と共に3名で優勝決定巴戦に出場。惜しくも巴戦初戦で曙に敗れ優勝は逃したものの、三役の地位で3場所合計37勝8敗の好成績により、同年7月場所後文句無しで大関に昇進。増位山、弟貴乃花に次ぐ親子大関、伯父・実父に次ぐ兄弟大関となった[4][1]
大関時代[ソースを編集]

大関昇進後も順調に土俵を務めていたが、1994年3月場所で左足首をケガして2場所連続の休場(公傷適用)。同年11月場所前は若ノ花から若乃花と改名したが、右腰を痛めてしまうアクシデントなどで暫く低迷。この間曙を倒して弟貴乃花の優勝の援護射撃をするという場面は見られたものの、自身が優勝を果たすまでにはいかなかった。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:110 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE