色丹島
[Wikipedia|▼Menu]

色丹島

座標北緯43度47分37秒 東経146度44分50秒 / 北緯43.79361度 東経146.74722度 / 43.79361; 146.74722座標: 北緯43度47分37秒 東経146度44分50秒 / 北緯43.79361度 東経146.74722度 / 43.79361; 146.74722
面積255 km²
最高標高412.6 m
最高峰斜古丹山
最大都市色丹郡色丹村マロクリリスク
所在海域オホーツク海
所属国・地域

日本北海道)(領有権主張) ロシアサハリン州)(領有権主張・実効支配)
地図 北海道の地図を表示日本の地図を表示
テンプレートを表示
A.歯舞群島(歯舞諸島)、B.色丹島、C.国後島、D.択捉島
6.色丹村、7.泊村、8.留夜別村、9.留別村、10.紗那村、11.蘂取村

色丹島(しこたんとう)は、北海道根室半島の東に位置する島である。ロシア名はシコタン島(Остров Шикотан)。島の名の由来は、アイヌ語の「シ・コタン(大きな村)」に由来する。古くは「斜古丹」「支古丹」とも表記された。
目次

1 概要

2 歴史

3 産業

4 交通アクセス

5 千島アイヌの強制移住

6 千島アイヌと日本正教会

7 脚注

8 参考文献

9 関連項目

概要 海氷に囲まれた冬の色丹島

納沙布岬の北東約75kmの地点にあり、413mの斜古丹山を中心に島全体が比較的なだらかな丘陵になっている[1]カラマツの近縁種であるグイマツや、ウルップソウなどの高山植物に恵まれた自然の宝庫でもあり、湖沼も多い。海岸線は西北岸は断崖であるのに対し、東南岸は変化に富み、船の接岸が可能な場所は20ヶ所以上に及ぶが、松が浜を除いては、港としては機能しなかった。村役場が置かれた場所は北東部の斜古丹湾岸で、学校や駅逓、郵便取扱所も設けられ、斜古丹という名の集落をなしていた。島の南北両岸には天然の良港が多く、捕鯨コンブサケ漁などの漁業が主産業であった[2]

2014年平成26年)時点での人口は3,094人である[3]。ソ連が実効支配を始めて以降の集落は大きく分けて二か所あり、最大集落である斜古丹(ロシア語地名:マロクリリスク(Малокурильск, Malokurilsk=「小千島の町」の意))と、穴澗(あなま ロシア語地名:クラバザヴォーツク(Крабозаводск, Krabozavodsk=「カニ工場の町」の意))である。二か所とも島北側沿岸の湾奥に形成されており、マロクリリスクの人口は1,850人[4]、クラバザヴォーツクの人口は950人となっている(2016年(平成28年))[4]。また、斜古丹の西側の入江奥深くにはそれ以外の能登呂(のとろ)、切通(きりとうし)、相見崎(ヨコネモシリ)、チボイ地区などの集落は、すべて廃村となった。

なお、2016年(平成28年)3月31日現在の元居住者の人数は360人である[5]
歴史 戦前の色丹神社。クジラの顎の骨が鳥居に使われている 色丹島の風景(1980年) 穴澗集落の遠景(2011年) 色丹島の中心集落である斜古丹(2015年)

1869年明治2年)9月20日 - 北海道根室国花咲郡の一部となり、開拓使の管轄となる。

1870年1月11日(明治2年12月10日) - 増上寺寺社領となる[6]北海道の分領支配)。

1870年(明治3年)11月3日 - 開拓使の管轄に戻される。

1870年(明治3年)11月8日 - 徳島藩筆頭家老である稲田邦植の領地となる[7]

1871年(明治4年)10月4日 - 廃藩置県により、開拓使の管轄に戻される。

1882年(明治15年)2月8日 - 廃使置県により根室県の管轄となる。

1884年(明治17年)7月11日 - 当時無人島だった色丹島に、占守郡千島アイヌ91人を定住させ、斜古丹村が置かれる[8]

1885年(明治18年)1月6日 - 根室国花咲郡から、千島国色丹郡[9]斜古丹村の所属となり、斜古丹戸長役場が置かれる。

1886年(明治19年)1月26日 - 廃県置庁により北海道庁の管轄となる。

1892年(明治25年) - 東北地方北陸地方からの移住がはじまり[1]、斜古丹に小学校が開設される[10]

1914年大正3年) - 捕鯨会社が相次いで進出(土佐捕鯨株式会社、2年後に東洋捕鯨株式会社)する[2]

1927年昭和2年) - 基幹道路(斜古丹?能登呂線24km、斜古丹?稲茂尻線9km)が開通する。

1930年(昭和5年) - 南岸沿いの道路(斜古丹?稲茂尻?能登呂線50km)が開通し、陸上交通が整備される。

1933年(昭和8年)10月 - 斜古丹村が色丹村に改称される。

1945年(昭和20年)9月1日 - ソ連軍ヴォストリコフ海軍少佐麾下の部隊600名が斜古丹湾に上陸し、色丹島を占領[11]する。

1946年(昭和21年)1月26日 - GHQSCAPIN-677を指令し、日本の色丹島への施政権が停止される。

1946年(昭和21年)2月20日 - ソビエト連邦が自国領編入を宣言する[12]

1947年(昭和22年)5月3日 - 地方自治法の施行により北海道根室支庁の管轄となる。

1947年(昭和22年)8月 - 残留していた日本人住民が樺太経由で北海道本土へ強制送還される[5][13]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:47 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE