艦名
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年4月)

船名(せんめい)とは名前である。狭義には軍艦以外の船舶の名前を指し、軍用艦の名前は「艦名」と呼ばれる。

艦船は車両航空機と異なり一隻ずつ固有の名前が与えられることが多い。


目次

1 商船の命名

1.1 日本船の命名慣例


2 軍艦の命名

2.1 アメリカ艦船の命名慣例

2.1.1 第二次世界大戦終了頃まで

2.1.2 原子力推進艦登場以降


2.2 イギリス艦船の命名慣例

2.3 イタリア艦船の命名慣例

2.4 ウクライナ艦船の命名慣例

2.5 オーストラリアとニュージーランドの艦船の命名慣例

2.6 ソ連・ロシア艦船の命名慣例

2.7 中国艦船の命名慣例

2.8 台湾艦船の命名慣例

2.9 ドイツ艦船の命名慣例

2.10 日本艦船の命名慣例

2.10.1 海軍

2.10.2 陸軍

2.10.3 海上自衛隊

2.10.4 海上保安庁


2.11 フランス艦船の命名慣例


3 女性の名前

4 脚注

5 参考文献

6 関連項目


商船の命名
日本船の命名慣例日本丸II世の船名および船籍港表示

日本に船籍を持つ船は、船舶法により、船名と船籍港を管海官庁(地方運輸局等)に登録することが求められる。登録が受理されると、管海官庁から20トン以上の船には船舶国籍証書、20トン未満の船には船籍票が交付される。それには船名と船籍港その他が記載されており、航海中の船長は必ず所持していなければならない。また船首両側と船尾外部の見やすいところに船名を表示することが求められる。

日本では「日本丸」のように、名前の最後に「丸」を付した船名が多い。1900年に制定された「船舶法取扱手続」(明治33年逓信省公達第363号)では「船舶ノ名称ニハ成ルベク其ノ末尾ニ丸ノ字ヲ附セシムベシ」(船舶の名称はなるべく、最後を丸とすること)と「丸」の付加を推奨していた[1][2](2001年の訓令改正でこの条項は削除された[1])。

企業が所有する船舶の場合は各企業ごとに命名の慣例があり、海運会社ではその所有するフェリーに河川や花の名前を付して特徴を出している(「さんふらわあ」とひらがな書きにするなど。)。

記録に残るもので「丸」の語尾を持つ最古の船は、1187年仁和寺の文書に記された紀伊国住人源末利所有の「坂東丸」である[1][3]。江戸時代には、軍船(将軍御座船「安宅丸」など)や、弁才船などの商船に多くの例がみられる。近代の船舶法取扱手続の規定もそれを踏まえたものであるが、そもそもなぜ「丸」が日本の船名に付けられたのかは諸説があって判然としない[1]。説のいくつかは、「まろ(麻呂・麿)」の転化から「丸」が人名に使われたこととの関連がある[1]

神話説
海の神である志賀海神社の祭神であり海の民・安曇氏の始祖とされる阿曇磯良(阿曇磯良丸)に由来するとする説。(阿曇磯良項目参照。)

愛称説[1][2][3]
平安期以降、刀や犬のように、広く愛されるような所有物(あるいは大切な所有物)に対して、人名に準じて「丸」をつける慣習が生まれた(刀では鬼丸膝丸など)。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:89 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE