自動改札機
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、交通機関における改札業務のための機器について説明しています。入退室管理のための機器一般については「セキュリティゲート」をご覧ください。

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2018年4月)


古い情報を更新する必要があります。(2018年4月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2018年4月)


自動改札機(じどうかいさつき、automatic ticket gate[1])は、改札業務を自動化するために鉄道駅空港改札口(搭乗口)に設置されている機械。ただし、信用乗車方式を採用している地域では一部の路線を除き一般的には導入されておらず廃止された地域もある(後述)。

メーカーの仕様書には、「自動改札装置」と記載される場合もあるが、ここでは鉄道会社で一般的な「自動改札機」と表記する。
目次

1 概要

2 構成

2.1 自動改札ゲート

2.2 ODデータ

2.3 不正乗車防止システムの搭載


3 チケットメディア

3.1 磁気券(磁気切符)

3.1.1 磁気カードシステム

3.1.2 複数枚対応型改札機


3.2 非接触型ICカード

3.2.1 特徴

3.2.2 ICカード専用改札機


3.3 その他


4 自動改札機の導入状況

4.1 日本

4.1.1 改札外を経由する乗り換え専用自動改札機

4.1.2 車載型自動改札機


4.2 欧米

4.2.1 ニューヨーク地下鉄

4.2.2 パリ地下鉄



5 技術史

5.1 ターンスタイル式の改札機

5.2 光学読み取り式改札機の開発

5.3 磁気乗車券用改札機の実用化

5.4 IEEEマイルストーン受賞


6 トラブル

7 入場印字機

8 自動改札機に関する映画・テレビ番組

9 ギャラリー

9.1 一般的な自動改札機

9.2 iCカード専用


10 脚注

11 関連項目

12 外部リンク

概要

自動改札機は改札業務の自動化のために導入される機械である。

駅務の自動化については2つの考え方がある。日本では長距離利用者か短距離利用者かを問わずすべて改札口を通すシステムがとられている[2]。日本では人員削減の観点から駅務の自動化のために自動改札機が導入されている[3]。これに対して欧米では信用乗車方式(チケットキャンセラー方式)がとられており、車内検札が難しい都市部の地下鉄駅などを除き、そもそも駅構内に改札口を設けていない場合が多い[2]。欧米では改札口を設けて駅員を配置したり自動改札機を設置するよりも、実際に列車内を職員が巡回して検札を行ったほうが不正乗車防止には効率的であるとの考え方があるとされる[2]。韓国でも自動改札機が導入されていたが韓国高速鉄道(KTX)など自動改札機は廃止されている[4]

ニューヨークの地下鉄などでは第二次世界大戦前からターンスタイル式の改札機が導入されていた[5]。戦後、1960年代前半の日本では通勤ラッシュが問題になっており、自動改札機への期待が高まっていたが、従来のターンスタイル式の改札はノーマルクローズ型であったため1分あたり20人程度の処理能力しかなく全く役に立たないことが明らかとなり、原則扉を開けた状態で処理するノーマルオープン型の自動改札機が開発されることとなった[6]。日本独自の改札口に対する考え方が世界トップレベルの性能をもつ自動改札機の開発につながったといわれている[7]
構成

自動改札機は、改札を通る人間を赤外線で感知するセンサー部、乗車券類・プリペイドカード(乗車カード)を処理する装置などからなり、内部には複数のCPUが搭載され情報処理を行い通過データ(収入・人員)を記録する機能も持つ。

自動改札機に通す乗車券類などには、磁気半導体メモリによって情報が記録されており、この情報を機械で読み取り、それを基に改札の通行を許可するか否かの判断が行われる。磁気券でない乗車券類(例えば、うらが白いきっぷ)は自動改札機に投入することはできない。

小児用の切符が投入された時は「こども」のランプが点灯する。JR西日本・JR四国や関東近畿地方大手私鉄などでは、認識のためヒヨコの鳴き声を模した「ピヨピヨピヨ」という音が鳴る。運賃割引適用の乗車券が投入された時は「割引」のランプが点灯する。

外観は、古いタイプは改札機の筐体上部に検知バーが柵のように設置されていて、さらに改札通路の天井に通行可(○や矢印マーク)、通行不可(×や進入禁止マークなど)が示されていて、どの改札を使えるかが遠くから見ても分かるようになっている。2000年代以降は検知バーがなく、天井の進入禁止マークを無くした新しいタイプの改札機が登場している。

改札機の制御をするため、駅務室内に「監視盤」と呼ばれる操作卓が置かれる。改札機単体で使用されず必ず監視盤とセットである。無人駅では別の有人駅などから遠隔操作と旅客へのインターホンによる案内が可能である。

自動改札機本体の価格は、最低でも1台650万円から700万円近くであり、多機能なものになると1台1,000万円から1,500万円を超える。近年は高機能化により価格が上昇している。実際には、その他にも、監視盤(制御用の操作卓)、架台(改札機本体を床面に据え付ける土台部分)、通線工事(ケーブルの引き回し)、改札機と接続するデータ集計機のソフトウェアなどの費用が必要である。価格のうちソフトウェアの占める割合が大きく、駅数が多くても少なくてもソフトウェアの設計費は大きく変わらないので、駅数の少ない鉄道事業者の場合、1通路あたりの単価は割高になる。
自動改札ゲート 米国ボストン近郊のマサチューセッツ湾交通局(MBTA)で使われる回転棒式の自動改札(2005年8月3日撮影) 池袋駅北口改札口のJREM製Suica専用改札機(2006年12月16日撮影) 小田急電鉄藤沢駅改札口の日本信号製PASMO専用改札機(2007年9月22日撮影) 筑肥線九大学研都市駅の日本信号製SUGOCA専用改札機(2013年10月1日撮影)

鉄道駅における自動改札ゲートには、ターンスタイル型、リトラクタブル型、フラップドア型の3種類がある[8]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:94 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE