聖書に登場する地名一覧
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

聖書に登場する地名一覧(せいしょにとうじょうするちめいいちらん)では、聖書に登場する地名を五十音順に挙げる。


目次

1 川、谷、湖、海

2 山、丘

3 道路

4 イスラエル

5 イスラエル周辺の国・地域

6 古代エジプト

7 古代バビロニア帝国

8 メディア・ペルシア帝国

9 アッシリア帝国

10 古代ギリシャ

11 マケドニア(小アジア)

12 古代ローマ帝国

13 その他


川、谷、湖、海



ギホン川

チグリス川(ヒデケル川)

ピション川

ユーフラテス川

ヨルダン川

ナイル川

ヤルコン川

奔流の谷

アルノンの奔流の谷

エジプトの奔流の谷

カナの奔流の谷

キションの奔流の谷

ゼレドの奔流の谷

ソレクの奔流の谷

ゲラルの奔流の谷

ファーラーの奔流の谷

ベソルの奔流の谷

ヤルムクの奔流の谷

ヤボクの奔流の谷

湖、海

アドリア海

ガリラヤ湖(キレネトの海、ゲネサレ湖、ティベリアの海)

紅海

死海(塩の海)

地中海(大海)

山、丘

アララト山

エバル山

オリーブ山

カルメル山

ギルボア山

ギレアデ(ギレアド、ギルアデ)

ゲリジム山

シナイ山

タボル山

ネボ山

ヘルモン山

メギド

モリヤ山

レバノン山脈

道路

王の道

ウィア・マリス

イスラエル「イスラエル」も参照

十二部族

イスラエルはヤコブの12人の息子たちから
成っており、それぞれが相続地を配分され
た。しかし、レビ族は祭司として取り分け
られたので相続地を受けていない。実際に
13人なのは、ヤコブの子ヨセフの二人の息
子マナセとエフライムが含まれているから
である。以下は出生順である。

ルベン族

シメオン族

レビ族

ユダ族

ゼブルン族

イッサカル族

ダン族

ガド族

アシェル族

ナフタリ族

マナセ族

エフライム族

ベニヤミン族

王国

後にイスラエルは二つの王国に分裂した。

イスラエル王国

ユダ王国

【旧約時代】

逃れの町

ケデシュ

ゴラン

シェケム

ベツェル


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:46 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE