美女と野獣_(1991年の映画)
[Wikipedia|▼Menu]

ポータル ディズニー

美女と野獣
Beauty and the Beast

監督ゲーリー・トゥルースデイル
カーク・ワイズ
脚本リンダ・ウールヴァートン
製作ドン・ハーン
製作総指揮ハワード・アッシュマン
出演者アンジェラ・ランズベリー
ロビー・ベンソン
リチャード・ホワイト
ジェリー・オーバック
ブラッドリー・ピアース
デヴィッド・オグデン・スティアーズ
ほかは下記参照
音楽アラン・メンケン
編集ジョン・カーナカン
製作会社ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション
配給ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 1991年11月22日
1992年8月20日
1992年9月23日
1992年10月9日
1992年10月21日
1992年12月2日
上映時間劇場公開版:84分
アイマックス公開版:92分
製作国 アメリカ合衆国
言語英語
製作費$25,000,000[1]
興行収入$377,350,553[1]
配給収入16億円[2]
前作ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!
次作美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント(美女と野獣シリーズ)
アラジン(ディズニー・クラシックス全般)
テンプレートを表示

『美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast )は、フランス民話美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。日本での公開は1992年9月23日。また、2002年にはIMAXシアター向けに同作品を作り直して上映、2010年にはディズニーデジタル3-D版が上映された。続編に「美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント」、「美女と野獣 ベルのファンタジーワールド」がある。
目次

1 概要

2 ストーリー

3 登場キャラクター

3.1 城の人々

3.2 町の人々


4 声の出演

5 スペシャル・リミテッド・エディション

6 挿入歌

7 スタッフ

8 日本語版制作スタッフ

9 配信元

10 原作との違い

11 性差別内容に対する批判

12 派生作品

13 関連項目

14 脚注

15 外部リンク

概要

ディズニー・ルネサンスと呼ばれる時期に作られた成功作のひとつである。アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品(第64回)である(第82回アカデミー賞で「カールじいさんの空飛ぶ家」がノミネートされるまでは、この作品が唯一であった)。また、作曲賞歌曲賞を受賞した。

アメリカでは1992年10月30日にホームビデオが発売され、1週間で700万本、1ヶ月で1420万本という売上を記録し、当時1300万本余を販売していた『ファンタジア』を上回る当時の米国記録を達成した[3]

日本では1993年9月17日にブエナビスタジャパンからビデオが発売された。日本で初めて、セルビデオ(販売用ビデオテープ)のみで100万本を出荷した作品となった[4]。それまでの記録は『ファンタジア』の80万本(レーザーディスクを含めるとミリオンセラー)であった。本作の日本でのセルビデオ累計出荷本数は115万本[5]

2009年に『エンターテイメント・ウィークリー』誌が発表した「1983年以降に製作された恋愛映画の名作25本」では、第25位に選出された[6]

IMAX版では大画面の観覧に耐えるよう、細かい部分で書き足しなどを行っている。また最初の上映時には無かった「人間に戻りたい」などの家来たちの心情をアニメーション化するなど、一部シーンが追加されている。エンディングテロップもスクロールではなく、全面表示の切り替わりとなっており、IMAX向けに丁寧に作られていた。それらは後にDVD版として発売された。

ウォルト・ディズニー1950年代からこの作品をアニメ化する構想を練っていた。当時の構想は原作の民話やボーモン夫人の話に近いものだったが、最終的に頓挫している。

2010年には『ディズニーデジタル3D』としてオーストラリアやスペイン、日本(2010年10月9日公開)などで公開された。なお、3D版はアメリカでは2012年1月13日に公開されている。
ストーリー

森の奥にある城に、若く美しいがとても我儘で傲慢な王子が住んでいた。ある夜、醜い老女が城を訪ね、一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほしいと頼む。しかし王子は老女の醜さを理由にそれを断る。老女は「見かけで人を判断すると、心の奥底の真実が見えなくなってしまう」と忠告するが、王子は聞く耳を持たず再び追い返そうとした。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:87 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE