織田信長
[Wikipedia|▼Menu]

 凡例織田信長
紙本著色織田信長像(狩野元秀画、長興寺蔵)[注釈 1]
時代戦国時代室町時代後期) - 安土桃山時代
生誕天文3年5月12日1534年6月23日[注釈 2]
天文3年5月28日[2]など諸説あり。
死没天正10年6月2日1582年6月21日
改名吉法師(幼名)、信長
別名通称:三郎、上総守、上総介、右大将、右府
渾名:第六天魔王[3]、大うつけ
神号建勲
戒名総見院殿贈大相国一品泰巌大居士
天徳院殿龍厳雲公大居士[注釈 4]
天徳院殿一品前右相府泰岩浄安大禅定門[注釈 1]
墓所本能寺京都市中京区
大徳寺総見院(京都市北区
妙心寺玉鳳院(京都市右京区
阿弥陀寺(京都市上京区
官位従五位下弾正少忠正四位下・弾正大弼、従三位参議権大納言右近衛大将
正三位内大臣従二位右大臣正二位
従一位太政大臣、贈正一位
主君織田信友斯波義銀足利義昭
氏族織田氏
父母父:織田信秀、母:土田御前
兄弟信広、信長、信行信包信治信時信与秀孝秀成信照長益長利お犬の方お市の方
妻正室:鷺山殿(濃姫)斎藤道三の娘)
側室:生駒氏[4]生駒家宗の娘)
側室:坂氏の女
側室:於鍋の方(高畑源十郎の娘)
側室:養観院(不明)
 他の側室は下記を参照。
信忠信雄信孝
 他の子女は下記を参照。

織田 信長(おだ のぶなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将戦国大名三英傑の一人。

尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀嫡男[注釈 5]

尾張守護代織田氏の中でも庶流・弾正忠家の生まれであったが、父の代から主家の清洲織田氏(織田大和守家)や尾張守護の斯波氏(斯波武衛家)をも凌ぐ力をつけて、家督争いの混乱を収めて尾張を統一し、桶狭間の戦い今川義元を討ち取ると、婚姻による同盟策などを駆使しながら領土を拡大した。足利義昭を奉じて上洛すると、将軍、次いでは天皇の権威を利用して天下に号令した。後には義昭を追放して室町幕府を事実上滅ぼして、畿内を中心に強力な中央集権的政権(織田政権)を確立して天下人となった。これによって他の有力な大名を抑え、戦国乱世の終焉に道筋をつけた。

しかし天正10年6月2日1582年6月21日)、重臣・明智光秀謀反を起こされ、本能寺自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。


目次

1 生涯

1.1 少年期

1.2 家督争いから尾張統一・上洛

1.3 桶狭間の戦いから清洲同盟へ

1.4 美濃攻略と天下布武

1.5 上洛と将軍擁立

1.5.1 中央の情勢

1.5.2 武田氏との同盟

1.5.3 織田信長の上洛戦


1.6 本圀寺の変と畿内遠征、播磨侵攻

1.7 伊勢侵攻と北畠家簒奪

1.8 第一次信長包囲網

1.9 第二次信長包囲網

1.10 室町幕府の事実上の滅亡と「天下」の継承へ

1.11 三位に叙され公卿となる

1.12 長島一向一揆の制圧

1.13 長篠の戦い

1.14 越前侵攻

1.15 右近衛大将就任・天下人公認・家督継承・安土城築城

1.16 第三次信長包囲網

1.17 織田右府

1.18 中国侵攻

1.19 京都御馬揃え?左大臣推任

1.20 高野山包囲

1.21 甲州征伐

1.22 三職推任

1.23 本能寺の変


2 年表

3 人物

3.1 人柄

3.1.1 人柄に関する逸話


3.2 苛烈と云われる所業

3.3 交友関係

3.4 南蛮への関心

3.5 文化への関心

3.6 鷹と馬


4 肖像

5 政策

5.1 天下布武


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:307 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE