繁殖
[Wikipedia|▼Menu]

繁殖(はんしょく)とは生物個体が増えることを指す。自然に増える時にも、人工的に増やす時にも、この言葉が用いられる。この項では、人工繁殖について扱う。
目次

1 人工繁殖が行われる目的

1.1 食糧生産

1.2 使役動物

1.3 薬用

1.4 原料用

1.5 実験動物

1.6 観賞用

1.7 愛玩動物


2 人工繁殖の意義

2.1 品種改良

2.2 種の保存


3 職業としての繁殖

3.1 農家

3.2 養殖漁業

3.3 畜産業

3.4 プロブリーダー


4 趣味としての繁殖

4.1 植物

4.2 哺乳類

4.3 鳥類

4.4 爬虫類

4.5 両生類

4.6 魚類

4.7 昆虫


5 繁殖の行われ方

5.1 累代飼育

5.2 CB(キャプティブ・ブリード)

5.3 CH(キャプティブ・ハッチ)

5.4 半養殖


6 関連項目

人工繁殖が行われる目的

この節では、人工繁殖の主な目的を大まかに分類して説明する。なお、生物によっては複数の目的に利用される。
食糧生産

狩猟採集では安定した食料確保ができないため[要出典]、古代[いつ?]より家畜や農作物の飼育・繁殖は行われてきた[要出典]。最初は、野生の生物を特定の場所で飼養し、大きくしてから食べるだけだったと考えられている。その後、食料となる生物の育成方法が確立されてくると、繁殖も含めた「ライフサイクル」の全てを人の手で管理するようになっていった。そうなると、「品種改良」や「計画的な生産」という、現代の第一次産業でも行われているようなことができるようになり、狩猟採集より効率的で確実な食糧生産が可能となった。食料生産を目的とした繁殖は、人々の暮らしを変えた。農業や畜産業が始まると、狩猟採集の移動生活から農村に定住する暮らしへと、生活スタイルを変えた地域が多く出現した。それが、文明と都市国家が成立するきっかけのひとつになったといわれている。
使役動物

使役動物は食用としては利用しない場合もあるが、食用と兼用しているものも多い。農耕馬などが代表的だが、現代の農業は機械化が進んでいるため、そういった使役動物の出番は少なくなってきている。しかし、現代でもは様々な目的で使役動物として利用されている。ネズミ駆除として利用している地域もある。
薬用

食用と兼用という薬草も多い(例としてはショウガウコンなどを参照)が、完全に薬用として栽培されている種も存在する。薬草を栽培することにより、コンスタントに薬を得ることが可能な上に、たいていは採集より安価に原料を得られる。また、希少な薬用生物を飼育栽培によって、野生下のものを乱獲から守ることに繋がる場合もある。
原料用

何らかの工業製品、加工品などを作る原料として、生物を飼育・栽培する場合もある。皮革製品にはなど様々な動物の革が使われるが、それらは食用や使役用の動物から採る場合が多い。しかし、原料を採集することを主目的に飼育されている生物というのも、少なからず存在する。を採取する目的でを飼育する、などの原料を得るためにイグサを栽培する、ムスクを得るためにジャコウジカを飼育するといったケースの繁殖が具体例として当てはまる。
実験動物

理化学の実験のために、多種多様な実験動物が飼育栽培されている。科学的な比較実験などを行うために、特殊な環境化(無菌状態など)で飼われるケース、特殊な処置を施されて繁殖させるケース(放射線を浴びせたり、安定同位体を摂取させて飼育したり)など、特殊な飼育繁殖が行われる場合が多い。実験に都合がいいという理由だけでなく、他の近い種の生物にもみられる特徴を顕著に備えているという理由で飼育繁殖が行われる場合もある(詳しくは→モデル生物)。代表的な実験動物としてマウスラットハムスターショウジョウバエメキシコサラマンダーメダカなどがある。
観賞用

食用など実用的な目的の中から、観賞用に特化した改良種が作られたケース(例としては金魚など)もあれば、最初から観賞用として採集された野生生物から改良が進められた種もある(例としてはグッピーなど)。

花卉園芸植物観賞魚の多くは、観賞用のためだけに飼育栽培が行われている。変わった例として、トマトのように、当初は観賞用として導入されたが、次第に食用に使われるようになった生物もいる。こういった生物も歴史が古いものでは、数千年以上人間に飼いならされた種も存在する(金魚バラなど)。
愛玩動物

食用や使役動物、実験動物の中から、愛玩用として飼育繁殖が行われ、それに特化した品種改良が行われる場合もある。具体例をあげれば、食用として導入されたモルモットには、後年、欧州にて愛玩用に作出された改良種も多いし、元は実験動物として導入されたゴールデンハムスターにも、そういった種は多い。また、人間に飼われている歴史が長い、の中には、愛玩用に特化した改良種が非常に多い。

近年では、はじめから愛玩用として野生採集した動物(エキゾチックアニマル)を改良した動物も出てきている。ジャンガリアンハムスターヒョウモントカゲモドキなどは、そういった動物の中では比較的に歴史が古い(といっても数十年であり、犬猫に比べれば遥かに歴史は浅い)ため、野生種とは色や形態がかけ離れた改良種も出てきている。
人工繁殖の意義
品種改良

人工的に飼育され、累代飼育されている生物の中には、改良された種(家畜や栽培種など)も多い。品種改良というのは、人間が人間の都合で生物の形態を変えて行くことであり、通常、何世代にも亘って交配を繰り返しながら意図的かつ時間を掛けて形態を変えて行く。

そのため、品種改良を進めるためには、長期飼育と累代繁殖の方法が確立されていて、何世代も人工繁殖が行えるという生物である必要がある。
種の保存

生物の保全というのは、環境も含めた生態系の保全であり、特定の生物種だけを保護することは自然保護ではないという批判的意見は多い。実際、生物が自然の中で暮らすには、環境の保全が不可欠であり、ある生物だけ増やすことは、種の保護としては緊急避難的な保護であるとされる場合が多い。たとえば、特定の魚だけ殖やす(最近はめだかで多い)ことを保護活動と謳うケースは多いが、いくら殖やしても汚い川に放しては生きていけない。こういったことから、生物の保全と環境の保全は両輪であるという考え方は根強い(この辺のことについて詳しく知りたい方は→生態系参照)

また、飼育することが保護に繋がるという名目で野生動物を捕獲することは、捕獲圧をかけることになり、かえって種の保全に悪影響を与えているという批判もある[誰?]。特に、アマチュア飼育者やそういった人に生物を提供する業者が捕獲することに対して多い批判である。ほかに、累代飼育を続ければ続けるほど、野生種と遺伝的・形態的に差異がある個体が増える傾向があるという事実からも、人工繁殖より自然の保護を優先させてこそ、種の保全や遺伝資源の保全に繋がるとする意見もある。

しかし、野生種は絶滅寸前、あるいは既に絶滅してしまったという生物の中には、累代で飼育・栽培されているからこそ生き残っているという種、言い換えれば、水槽や植木鉢など人工的な空間の中しか生息場所が残っていない種というものも少なからず存在し、それらがペットとしては非常にポピュラーである場合も多い。具体例として、アカヒレカナリアゴールデンハムスターが挙げられる。

また現存しているのは品種改良された栽培種・改良種のみで、原種となった野生種は絶滅したとされている生物もいる。こういった種は長い飼育栽培の歴史を持つ家畜農作物に顕著に見られ、具体例を挙げると、ウシウマロバモルモット、植物ではヨーロッパブドウ Vitis vinifera が挙げられる。
職業としての繁殖

何らかの生物を繁殖させることで金銭を得ている人、金銭を得ることを主目的に繁殖を行う人、つまり、繁殖を職業としている人もいる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:25 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE