経済学
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

経済学
地域別の経済
一般カテゴリ
ミクロ経済学 マクロ経済学
経済思想史
方法論 異端的アプローチ
技法
数理経済学 計量経済学
実験経済学 国民経済計算
分野
行動 文化 進化
経済成長 開発 経済史
国際 経済体系
貨幣と金融
公共厚生
医療 教育 福祉
人口 労働 人事
経営 計算
ビジネス 情報 ゲーム理論
産業組織論
農業 天然資源
環境 生態
都市 農村 地域 地理学 空間
一覧
 経済学者 学術雑誌 重要書籍
カテゴリ 索引 概要
経済
Portal:経済学










この記事では経済学(けいざいがく、: economics)について解説する。経済学の原語であるeconomicsという語彙は、新古典派経済学者アルフレッド・マーシャルの主著『経済学原理』(: Principles of Economics, 1890年)によって誕生・普及したとされる[1]

日本語で「経済学」と言った場合、economicsだけでなく政治経済学: political economy)を指す場合もあるため、本記事ではこの「政治経済学」も併せて解説する。



目次

1 概要

2 特徴

2.1 科学性と非科学性(脱科学性)

2.2 数理的理論

2.3 実験・実証

2.4 政策

2.5 経済学の対象


3 歴史

3.1 重商主義学説

3.2 重農主義学説

3.3 イギリス古典派経済学

3.4 マルクスによる批判と経済学の分裂

3.5 近代経済学

3.6 マルクス経済学

3.7 現代


4 論争

5 学派

6 分野

6.1 理論

6.2 実証

6.3 応用

6.4 学際

6.5 思想史


7 経済学における主な用語・概念

8 脚注

9 引用文献

10 関連項目

11 外部リンク


概要
定義

広辞苑には、「経済現象を研究する学問」とある[2]。(総じて経済活動が研究の対象となっている。)

経済学の最も古い定義は、アダム・スミスの『諸国民の富の性質と原因の研究』(いわゆる『国富論』)によるものである。 政治家や議員にとっての科学分野と看做されている経済学は、2つの違ったものを提示する。ひとつは、人々に豊富な利益ないしは製品を供給し、更には利益や必需品が人々に益を齎す(もたらす)ようにする方法、または、そうした収益を国ないしは社会にサービスとして提供し、結果として人々と統治者を豊かにする手立てである。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:79 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE