経典
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、仏教教典全般(仏典)について説明しています。

三蔵」の中の範疇については「経蔵」をご覧ください。

その他の「経典」の用法については「経典 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

「スートラ」はこの項目へ転送されています。ドノヴァンのアルバムについては「スートラ?教典」をご覧ください。

経典(きょうてん、きょうでん、: s?tra, スートラ、: sutta, スッタ、経)とは、仏教において釈迦が説いた教えを記録した聖典のこと。


目次

1 語義

1.1 原義

1.2 仏教における「スートラ」

1.3 北伝仏教・漢字文化圏における「経」「経典」


2 概要

3 パーリ語経典

4 漢訳経典

4.1 大蔵経

4.2 中国

4.2.1 北宋版系

4.2.2 契丹版系

4.2.3 南宋版系


4.3 朝鮮半島

4.4 日本


5 チベット語訳経典

6 日本語訳

7 参考文献

8 注・出典

9 関連項目

10 外部リンク


語義
原義

スートラ」(: s?tra)の原義は「糸」のことで、元々はバラモン教において『ヴェーダ』のためにまとめられた散文綱要書を指して呼んでいたが、後にバラモン教・ヒンドゥー教の様々な文献や仏教の文献にも、この呼称が採用されていった[1]
仏教における「スートラ」

仏教においては、厳密には、元来「経」(: s?tra, スートラ、: sutta, スッタ)とは、「三蔵」(: Tipitaka, ティピタカ: Tripi?aka, トリピタカ)として構成される「仏典」の3分類の内の1つ、「経蔵」、「我は(釈迦から)こう聞いた」(如是我聞)で始まる「釈迦の口説」文献群の範疇を指す言葉だった。「三蔵」は以下の構成をもつ。「三蔵」も参照

律蔵: Vinaya pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)) --- 僧伽(僧団)規則・道徳・生活様相などをまとめたもの

経蔵: Sutta pitaka(スッタ・ピタカ)、: S?tra pitaka(スートラ・ピタカ)) --- 釈迦の説いたとされる教えをまとめたもの

論蔵: Abhidhamma pitaka(アビダンマ・ピタカ)、: Abhidharm pitaka(アビダルマ・ピタカ)) --- 上記の注釈、解釈などを集めたもの

北伝仏教・漢字文化圏における「経」「経典」

後に大乗仏教経典群が数多く作製されて追加されていき、「三蔵」構造が崩れてしまったことや、漢字で「経」と訳され、「スートラ」「三蔵」との対応関係が意識されづらくなってしまったことから、北伝仏教・漢字文化圏においては、「仏典」全体を漠然と「経」「経典」と表現するようにもなっていった。

そのため北伝仏教・漢字文化圏では、「三蔵」に代わる「仏典」全般の総称として、「大蔵経」(だいぞうきょう)・「一切経」(いっさいきょう)という呼称・概念が、新たに形成・普及された。

このように、北伝仏教・漢字文化圏における「経」「経典」という語には、

狭義の「経」「経典」 - 「スートラ」。三蔵の一。釈迦の直接の教説。

広義の「経」「経典」 - 「仏典」全般。「大蔵経」「一切経」。

という2つの意味が混在しており、文脈によってどちらの意味で用いられているか注意する必要がある。
概要

大きく原始仏典と大乗仏典にわかれる。

原始仏典にはパーリ五部および漢訳の阿含経典群があり、その一部は釈尊の言葉を比較的忠実に伝えているといわれる。

大乗仏教の代表的な経典としては、『般若経』、『維摩経』、『涅槃経』、『華厳経』、『法華三部経』、『浄土三部経』、『金剛頂経』などが挙げられる。大乗仏典は西暦紀元前後以降、大乗仏教教団によってサンスクリット語で編纂された。歴史上の釈尊の説ではないとする大乗非仏説もあるが、そのため抽象化された非人間的存在としてのブッダの説すなわち仏説であるとしている。般若経典群、『法華経』、『華厳経』その他がこれに含まれる。

言語的には、パーリ語・サンスクリット語などのインドのものを初めとして、漢語チベット語モンゴル語満州語のものがあり、西夏語のものも一部現存する。漢語やパーリ語から日本語に訳したものもこれに準じる。

また、経・律・論および、その注釈書などは、大蔵経もしくは一切経と呼ばれる叢書にまとめられた。この作業は、中国では皇帝名で行われることが多く、編入される書物の基準が厳格で、入蔵録と呼ばれる収録対象とすべき経典のリスト(経録)とセットにされ、基準外のものは蔵外(ぞうがい)と称された。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:92 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE