終戦
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、一般的な「戦争の終結」について説明しています。第二次世界大戦が終結した日については「終戦の日」をご覧ください。

終戦(しゅうせん)とは、戦争を終えること。国際法としては、戦争の終結が当事者双方の間で成立した状態を指す。対義語は開戦


目次

1 概説

2 比喩的な用法

3 関連項目

4 参考文献

5 脚注


概説

本来は宣戦布告とともに開戦が行われ、講和条約平和条約締結とともに終戦を迎えると解釈されてきた。ところが、20世紀に入ると戦争そのものが国際法における違法行為との解釈が成立するようになったため、却って戦争における国際法上の開戦手続が行われなくなり、終戦も講和条約や平和条約が結ばれない状態のままの休戦協定で定められた停戦状態の継続、すなわち協定に基づく休戦の一般化・恒久化、もしくは当事者一方が相手方に降伏を通告して戦闘状態が終結した状態を指して終戦と呼ぶようになった。近年では湾岸戦争終結に際して行われた安保理決議687(1991年4月3日)が恒久停戦決議とされ、その合意に基づき、6日後の国連安保理決議689号によって停戦監視のための国際連合平和維持活動である国際連合イラク・クウェート監視団が設置されて終戦に伴う措置が行われた。

降伏または休戦に基づく終戦の際の処理については1907年に締結された「陸戦の法規慣例に関する規則」に書かれており、降伏に際しては軍人の名誉を重視し、確定後はその規約を双方厳守すること(第35条)や、当事者一方が休戦規約違反を起こした場合には他方の当事者は協定を破棄し、緊急時には直ちに戦闘を再開できることが記されている。
比喩的な用法

日本では太平洋戦争の「降伏」「敗戦」を「終戦」と言い換えることで事態を穏便に表現することが一般的である。これは太平洋戦争終結処理時の外務省政務局長であった安東義良の発案で、軍部や当時の民衆の反発を和らげることを目的としていた[1][2]。以降、スポーツチーム等の敗北・敗退が決まった状態のことを「終戦」と表現することがある[3]
関連項目

終戦の日

鈴木貫太郎内閣

東久邇宮内閣

参考文献

弘文堂『歴史学事典』第7巻「終戦」(中谷和弘、P307)

森下智『近衛師団参謀終戦秘史』平成18年?21年、
ISBN 978-4-9908114-0-2

森下智『川口放送所占拠事件秘史』平成20年、ISBN 978-4-9908114-2-6

脚注^ “ ⇒NHKスペシャル|終戦 なぜ早く決められなかったのか”. NHK. 2017年8月19日閲覧。
^ 安東自身はこれを「言葉の遊戯」とシニカルにとらえている(『終戦 なぜ早く決められなかったのか』内インタビューに依る)。
^“侍ジャパン終戦…WBC3連覇絶たれる、8回走塁ミスで好機逃す”. スポーツニッポン. (2013年3月18日). ⇒http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/18/kiji/K20130318005423140.html 2017年8月19日閲覧。 

この項目は、戦争に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:戦争/PJ軍事史)。

この項目は、平和に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:平和)。


更新日時:2017年8月19日(土)08:11
取得日時:2017/09/23 14:40


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:6969 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE