細菌
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、バクテリアについて説明しています。広義の細菌については「原核生物」をご覧ください。

細菌
大腸菌 (Escherichia coli)
地質時代
太古代先カンブリア代) - 現代
分類

ドメ
イン
:細菌ドメイン Bacteria

和名
細菌/真正細菌



アシドバクテリア門

アクウィフェクス門

アルマティモナス門

イグナウィバクテリウム門

ウェルコミクロビウム門

エルシミクロビウム門

カルディセリクム門

カルディトリクス門

キリティマティエッラ門

クラミジア門

クロロビウム門

クロロフレクサス門

クリシオゲネス門

ゲンマティモナス門

コプロテルモバクテル門

サーモデスルフォバクテリア門

シネルギステス門

スピロヘータ門

ディクチオグロムス門

デイノコックス・テルムス門

テネリクテス門

デフェリバクテル門

テルモトガ門

ニトロスピラ門

バクテロイデス門

バルネオラ門

フィブロバクター門

フィルミクテス門

プランクトミケス門

プロテオバクテリア門

フソバクテリウム門

放線菌門

藍色細菌門

レンティスファエラ門

ロドテルムス門

細菌(さいきん、ラテン語: bacterium、複数形 bacteria バクテリア)とは、分類学上のドメインの一つ、あるいはそこに含まれる生物のことである。sn-グリセロール3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。古細菌ドメイン、真核生物ドメインとともに、全生物界を三分する。

真核生物と比較した場合、構造は非常に単純である。しかしながら、はるかに多様な代謝系や栄養要求性を示し、生息環境も生物圏と考えられる全ての環境に広がっている。その生物量は膨大である。腸内細菌や発酵細菌、あるいは病原細菌として人との関わりも深い。語源はギリシャ語の「小さな杖」(βακτ?ριον)に由来している[1]
目次

1 概要

2 呼称

3 歴史

4 生育環境

5 形状

6 細胞の構造

6.1 膜外構造

6.2 膜内構造


7 成長と増殖

8 物質循環と代謝の多様性

8.1 窒素循環

8.2 硫黄循環


9 分類

9.1 栄養的分類

9.2 命名と分類単位

9.3 細菌ドメインの主な分類[4]


10 脚注

11 関連項目

概要

細菌は、大腸菌枯草菌、藍色細菌(シアノバクテリア)などを含む生物群である。形状は球菌桿菌、ラセン菌が一般的で、通常1-10 μmほどの微小な生物である。核を持たないという点で古細菌と類似するが、古細菌-真核生物にいたる系統とは異なる系統に属しており、両者はおおよそ35-41億年前に分岐したと考えられている。遺伝やタンパク質合成系の一部に異なる機構を採用し、ペプチドグリカンより成る細胞壁、エステル型脂質より構成される細胞膜の存在で古細菌とは区別される。1977年までは古細菌も細菌に含まれると考えられていたが、現在では両者は、ドメインレベルで別の生物とされる。

細菌は地球上のあらゆる環境に存在しており、その代謝系は非常に多様である。個体数は5×1030と推定されており、その生物量も膨大である。光合成窒素固定有機物の分解過程など物質循環において非常に重要な位置を占めている。

食品関係においてはチーズ納豆ヨーグルトといった発酵過程において微生物学発展以前から用いられてきた。また、腸内細菌群は食物の消化過程には欠かすことのできない一要素である。一部のものは病原細菌として、ヒトや動物の感染症の原因になる。対立遺伝子を持たず、遺伝子型がそのまま表現型をとり、世代時間が短く変異体が得られやすい。あるいは形質転換系の確立などもあいまって近年の分子生物学を中心とした生物学は細菌を中心に発展してきた。大腸菌などは分子生物学の有用なツールとして現在でも頻繁に使用されている。

これまでストレプトマイシンクロラムフェニコールテトラサイクリンなどなど様々な抗生物質が発見されてきた。またその製造や免疫系の新薬開発の上でも非常に重要である。
呼称

各言語での呼称はラテン語がBacterium、日本語および中国語が「細菌」である。1828年クリスチャン・ゴットフリート・エーレンベルクが、顕微鏡で観察した微生物が細い棒状であったため、ギリシア語で小さな杖を意味するβακτ?ριον から造語し、ラテン語で“Bacterium”と呼んだことに由来する。この複数形がBacteriaである。

英語でもこれがそのまま取り入れられているが、しばしば単数形としてBacteriaが誤って使用される。Bacteriumの発音は、ラテン語でバクテーリウム、英語ではバクティリアムに近い。日本語の「細菌」の語の発案者は不明であるが、1895年(明治28年)には「細菌学雑誌」が創刊され、19世紀末には既に使われていた。

なお、「細菌」には菌という漢字が使用されているが、狭義の菌類(真菌)には含まれない。同様に、細菌とは別グループの生物である「古細菌」には細菌という語が使われているが、この記事が説明する狭義の細菌に含まれない。分類学上の「菌」(Fungi)、「細菌」(Bacteria)、「古細菌」(Archaea)は、それぞれ別々の独立した生物である。

このほかの呼称としては、真正細菌(Eubacteria)やMonera(モネラ)などがあるが、いずれも古い用語であり、使用頻度は下がっている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:58 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE