細川韶邦
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年8月)

 凡例細川慶順 / 細川韶邦
細川韶邦像(永青文庫蔵、五姓田芳柳筆)
時代江戸時代末期
生誕天保6年6月28日1835年7月23日
死没明治9年(1876年10月23日
改名訓三郎、六之助(幼名
→護順→慶順→韶邦
官位正四位、越中守、左中将
幕府江戸幕府
肥後熊本藩
氏族細川氏
父母父:細川斉護、母:比企氏
兄弟慶前(長男)、韶邦(次男)、護久(三男)、護明(津軽承昭)(四男、津軽順承養子)、長岡護美(六男、熊本藩執政)、勇姫(三女、越前松平慶永正室)ほか
妻正室:三条実万の娘(一条忠香の養女)
子養子:護久(喜延) (実弟)

細川 韶邦(ほそかわ よしくに)は、幕末大名肥後国熊本藩の第11代藩主。熊本藩細川家12代。

第10代藩主・細川斉護の次男。母は比企氏。兄に細川慶前、弟に細川護久津軽承昭長岡護美。正室は一条忠香の養女(三条実万の娘)。官位は正四位、越中守、左中将。幼名は訓三郎、六之助。初め父・斉護の偏諱を取って護順(もりゆき)、のち藩主就任時に兄・慶前と同じく第12代将軍・徳川家慶から偏諱を授与されて慶順(よしゆき)と名乗る。
生涯

嘉永元年(1848年)に兄の慶前が早世したため、父・斉護の嫡子となる。万延元年(1860年)7月12日、斉護の死去により家督を相続する。同年8月21日、左少将に任官する。元治元年(1864年)4月11日、従四位上に昇進する。同年4月15日、左中将に任官する。

尊皇攘夷には消極的な人物で、文久2年(1862年)に肥後勤王党が分裂したのを契機として、藩論を尊王論に統一した。慶応2年(1866年)、長州藩高杉晋作小倉藩を攻撃したとき、小倉藩側に与して戦ったが、隣国の薩摩藩などの動向が気にかかることもあって、わずかに戦って敗れた後、即座に撤退している。

慶応4年(1868年)4月23日、新政府側に与する意思を示すため、実名を慶順から韶邦に改めた。前述の通り、「慶順」の「慶」の字は第12代将軍・徳川家慶から偏諱を受けたものであり、それを返上したのである。

明治2年6月17日、版籍奉還にともない熊本藩知事となった。明治3年(1870年)5月8日、隠居し、弟で養子の護久に家督を譲った。同年5月13日、正四位に昇進する。明治9年(1876年)10月23日、42歳で死去した。
出典










肥後細川家第11代当主(1860年 - 1870年)
宗家

義季

俊氏

公頼

和氏

清氏

正氏 。没落

京兆家(事実上の宗家)

頼春

頼之

頼元

満元

持元

持之

勝元

政元

澄之

澄元

高国

稙国

道永(高国・再承)

晴元

昭元(信良)

元勝

義元

宣元

忠元

孚元

昌元

分家・支流
典厩家

持賢

政国

政賢

尹賢

氏綱

藤賢

元賢

重賢

乗賢

野州家

満国

持春

教春

政春

晴国

通政(輝政)

通薫

元通 。断絶

讃州家

詮春

義之

満久

持常

成之

政之

義春

之持

持隆

真之 。断絶

和泉上守護家
長岡刑部家

頼有

頼長

持有

教春

常有

政有

元有

元常

晴貞

藤孝(幽斎)

幸隆

興孝

興之

興知

興章

興行

興彭

興真

興礼

興泰

興昌

興増

和泉下守護家

基之

頼久

持久

勝信

政久

高基

勝基 。断絶

備中守護家

満之

頼重

氏久

勝久

之勝 。断絶

淡路守護家

師氏

氏春

満春

満師(満俊)

持親

成春

尚春 。断絶

遠州家

宗義

頼種

頼元

頼益

満益

持益

勝益


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE