紀元前197年
[Wikipedia|▼Menu]

世紀前3世紀 - 前2世紀 - 前1世紀
十年紀前210年代 前200年代
前190年代
前180年代 前170年代
前200年 前199年 前198年
紀元前197年
前196年 前195年 前194年

紀元前197年は、ローマ暦の年である。
目次

1 他の紀年法

2 できごと

2.1 ギリシア

2.2 アナトリア


3 誕生

4 死去

5 脚注

6 関連項目

他の紀年法

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。凡例

分類にある「日本」「中国」「中国周辺」「朝鮮」「ベトナム」は地域概念であり、特定の国家をさすものではなく、またその外延は便宜的に定めたものである。特に「*」の付された王朝の分類は仮配置であり、現在も「ガイドライン」のノートで対応を検討中である。

「中国周辺」は、「広義の北アジア中央アジア、及びこれに隣接する中国の一部地域(ほぼ中央ユーラシアに相当)」を指す。

一段右寄せの箇条に掲げた元号は、その上段の元号を建てた王朝に対抗する私年号である。

仏滅紀元及びユダヤ暦は、現在のところ元年と対応する西暦年から逆算した数を表示しており、旧暦等の暦日の記述とともに確実な出典を確認していないので利用には注意されたい。

皇紀は日本で1873年の太陽暦採用と同時に施行された。

檀紀は大韓民国で1948年から1961年まで公式に使用された。

主体暦は朝鮮民主主義人民共和国で1997年から公式に使用されている。

仏滅紀元は紀元前543年を元年とするタイ仏暦を基準にしている。スリランカなどでは紀元前544年を元年としているので1を加算されたい。



干支 : 甲辰

日本

孝元天皇18年

皇紀464年


中国

前漢 : 高祖10年


朝鮮

檀紀2137年


仏滅紀元 : 348年

ユダヤ暦 : 3564年 - 3565年

できごと
ギリシア

マケドニア王国への協力の見返りとして、スパルタ王ナビスは、ピリッポス5世から重要な都市アルゴスを獲得した。ナビスはその後占領の継続を期待して、ローマ帝国に鞍替えした。

テッサリアで行われたキュノスケファライの戦いで、前執政官ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌスに率いられたローマ軍はピリッポス5世に対して決定的な勝利を収めた。テンペ条約において、ローマの将軍が提案し、ローマ元老院が承認した和平の条件は、ピリッポス5世は王位とマケドニア王国の支配を続けてよいが、彼が征服した全てのギリシアの都市を放棄するというものだった。ピリッポスはローマ帝国に補償金として1000タレントを支払い、ほとんどの捕虜を引き渡し、弟のデメトリウスを含めた人質をローマに差し出さなければならなかった。アエトリア同盟はピリッポス5世に王位を手放すよう求めたが、フラミニヌスは反対した。

アナトリア

アッタロス1世の死去に伴ってエウメネス2世ペルガモン王国の王になった。

アンティオコス3世はペルガモン王国の一部と、アナトリアにある多くのギリシアの都市を占領した。

誕生「Category:紀元前197年生」も参照
死去「Category:紀元前197年没」も参照

アッタロス1世:ペルガモン王国の王(紀元前269年生)

脚注

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、紀元前197年に関連するカテゴリがあります。


年の一覧

年表

年表一覧










紀元前2世紀の十年紀と各年

《前210年代 《前201年前4世紀 前3世紀 - 紀元前2世紀 - 前1世紀 1世紀前100年》 前90年代》
前200年代前200年
前190年代前199年前198年前197年前196年前195年前194年前193年前192年前191年前190年
前180年代前189年前188年前187年前186年前185年前184年前183年前182年前181年前180年
前170年代前179年前178年前177年前176年前175年前174年前173年前172年前171年前170年
前160年代前169年前168年前167年前166年前165年前164年前163年前162年前161年前160年
前150年代前159年前158年前157年前156年前155年前154年前153年前152年前151年前150年


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:17 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE