紀元前194年
[Wikipedia|▼Menu]

世紀前3世紀 - 前2世紀 - 前1世紀
十年紀前210年代 前200年代
前190年代
前180年代 前170年代
前197年 前196年 前195年
紀元前194年
前193年 前192年 前191年

紀元前194年は、ローマ暦の年である。
目次

1 他の紀年法

2 できごと

2.1 ギリシャ

2.2 セレウコス朝

2.3 ローマ

2.4 中国


3 誕生

4 死去

5 脚注

6 関連項目

他の紀年法

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。凡例

分類にある「日本」「中国」「中国周辺」「朝鮮」「ベトナム」は地域概念であり、特定の国家をさすものではなく、またその外延は便宜的に定めたものである。特に「*」の付された王朝の分類は仮配置であり、現在も「ガイドライン」のノートで対応を検討中である。

「中国周辺」は、「広義の北アジア中央アジア、及びこれに隣接する中国の一部地域(ほぼ中央ユーラシアに相当)」を指す。

一段右寄せの箇条に掲げた元号は、その上段の元号を建てた王朝に対抗する私年号である。

仏滅紀元及びユダヤ暦は、現在のところ元年と対応する西暦年から逆算した数を表示しており、旧暦等の暦日の記述とともに確実な出典を確認していないので利用には注意されたい。

皇紀は日本で1873年の太陽暦採用と同時に施行された。

檀紀は大韓民国で1948年から1961年まで公式に使用された。

主体暦は朝鮮民主主義人民共和国で1997年から公式に使用されている。

仏滅紀元は紀元前543年を元年とするタイ仏暦を基準にしている。スリランカなどでは紀元前544年を元年としているので1を加算されたい。



干支 : 丁未

日本

孝元天皇21年

皇紀467年


中国

前漢 : 恵帝元年


朝鮮

檀紀2140年


仏滅紀元 : 351年

ユダヤ暦 : 3567年 - 3568年

できごと
ギリシャ

スパルタ王ナビスの野望を確かめた後、前執政官ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌスはついにギリシアから軍を引き揚げた。

フラミニヌスはマケドニア王国アイトーリアアカイア同盟スパルタから勢力を撤退し、ギリシアは一時的に主権を回復した。ローマのギリシアへの介入に反対していたアイトーリアの人々は、スパルタ王のネビスを煽動し、以前の領土と権力を奪還させた。

セレウコス朝

エジプトと平和条約を結ぶと、
アンティオコス3世は西方に注目した。彼は、ギリシアを保護するローマに挑戦するよう以前のカルタゴの将軍ハンニバルに促された。

ピリッポス5世は、ロドス島ペルガモンとともに、アンティオコス3世に対抗するため、ローマ側についた。

ローマ

モデナ近郊でローマとガリアによりムティナの戦いが勃発した。ローマ側が勝利し、イタリアにおけるガリアの脅威がなくなった。

中国

長安に最初の街壁が作られた。

の亡命者である衛満朝鮮半島北部に衛氏朝鮮を建国した。

誕生「Category:紀元前194年生」も参照
死去「Category:紀元前194年没」も参照

エラトステネス:ギリシアの天文学者、地理学者、数学者(紀元前276年生)

劉如意劉邦の第3子(紀元前207年生)

脚注

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、紀元前194年に関連するカテゴリがあります。


年の一覧

年表

年表一覧










紀元前2世紀の十年紀と各年

《前210年代 《前201年前4世紀 前3世紀 - 紀元前2世紀 - 前1世紀 1世紀前100年》 前90年代》
前200年代前200年
前190年代前199年前198年前197年前196年前195年前194年前193年前192年前191年前190年
前180年代前189年前188年前187年前186年前185年前184年前183年前182年前181年前180年
前170年代前179年前178年前177年前176年前175年前174年前173年前172年前171年前170年
前160年代前169年前168年前167年前166年前165年前164年前163年前162年前161年前160年
前150年代前159年前158年前157年前156年前155年前154年前153年前152年前151年前150年


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:17 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE