節足動物
[Wikipedia|▼Menu]

節足動物
生息年代: 537?0 Ma
[1] Pre??OSDCPTJKPgN
現生および絶滅した様々な節足動物
地質時代
カンブリア紀 - 現世
分類

:動物界 Animalia
亜界:真正後生動物亜界 Eumetazoa
階級なし:前口動物 Protostomia
上門:脱皮動物上門 Ecdysozoa
階級なし:汎節足動物 Panarthropoda
:節足動物門 Arthropoda
Latreille1829

亜門


鋏角亜門 Chelicerata

多足亜門 Myriapoda

甲殻亜門 Crustacea

六脚亜門 Hexapoda
本文参照

節足動物(せっそくどうぶつ)とは、動物界最大の分類群で、昆虫類甲殻類クモ類、ムカデ類など、外骨格と関節を持つグループである。種多様性は非常に高く、陸・海・空・土中・寄生などあらゆる場所に進出して様々な生態系と深く関わり、現生種は約110万種と名前を持つ全動物種の85%以上を占める[2]。なお、いわゆる「」の範疇に入る動物は当動物門のものが多い[3]
目次

1 外部形態

2 内部構造

3 感覚

3.1 眼


4 運動

5 呼吸

6 ?殖と発育

7 他の動物門との関係性

8 起源

9 分類

9.1 下位分類

9.2 絶滅した分類群(ステムグループ含む)

9.3 旧分類


10 出典および脚注

11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク

外部形態「関節肢」も参照 甲殻類の二叉型附属肢。en = 内肢、ex = 外肢、ep = 外葉

節足動物の多様性は高く、分類によって様々な外見を持つ。体の表面はクチクラキチン質タンパク質等)でできた外骨格でおおわれる。成長に伴い体のサイズが大きくなるときには、脱皮により古い外骨格は脱ぎ捨てられ、新しい外骨格が形成される。体は体節の繰り返し構造、つまり体節制をとり、体の表面を被う外骨格も体節単位になっており、体節の間は関節状に可動であることが多い。

ただし、複数体節の融合や分化など、いわゆる異規体節制がある程度以上発達し、例えば頭部頭胸部はそれぞれの群で独特の複数体節が融合(合体節)してできたものであり、顎や触角などは頭部に含まれる数対の付属肢は元々複数であった体節に由来する。こうして種類によって体節のうちの特定のものが組み合わされてひとつづきの外骨格で覆われる場合が多く見られ、外観上あるいは機能上の単位を構成する。例えば、体を頭部、胸部腹部の3部、または頭胸部、腹部の2部に分けて呼ぶ場合があり、これは節足動物の各分類群ごとの特徴として用いられる。

各体節からは、それぞれ一対の関節肢と呼ばれる付属肢が出ている。これが「節足動物」という名前の由来となっている。関節肢も体と同様に外骨格で覆われ、途中に関節がある。関節肢は分類群や備える部位によって歩脚・遊泳脚・・鎌・顎・触角・鰓など様々な功能に応じて色んな形に特化する。例えば頭部には感覚用の触角と摂食用の顎、胴体には移動用の歩脚を持つなど、節足動物は、往々にして独自の機能を持った様々な関節肢を身に備え、「アーミーナイフのように、お互いに別の機能を持った複数の道具が同時にセットされる」とも比喩される[4]

関節肢は内肢と外肢をもつ二叉型付属肢が基本形であるが、現生節足動物の中にこの性質を明瞭に保留するのは甲殻類だけで、他の分類群においては内肢しか見られない単枝型付属肢がほとんどである。また、絶滅した三葉虫マーレラなど、カンブリア紀の殆どの節足動物の歩脚はヒレ状の外肢と歩脚状の内肢からなる二叉型である。
内部構造「はしご形神経系」も参照 節足動物の基本の内部構造。赤 = 心臓、黄 = 消化管、青 = と神経節

多くの左右相称動物と同様、節足動物は体腔を持ち、消化管は体の前後に貫通し、いわゆる肛門という2つ開け口を持つ。体節に貫通する紐状の心臓中枢神経はそれぞれ体の背面と腹面に付く。

循環系は開放血管系であり、細胞外液リンパ液血液という区別は存在せず、リンパ液血液の役割を兼ねている血リンパが心臓と組織の間隙(血体腔)に流れる。心臓の伸縮や体の運動によって血リンパは心臓の動脈から体の静脈と呼吸器などの器官を通り、心門を通じて再び心臓に戻る。リンパ液の中に免疫系に関わる血球がある。

神経系として、1対の神経索が体の前後に走り、体節に合わせて分節し、左右の連絡でつながるはしご形神経系がある。頭部ないし頭胸部に備えるは前大脳・中大脳・後大脳という3つの神経節からなる。この脳は体節と共に数対の神経節から融合した結果であり、そこから食道を囲んだ食道神経環は体の神経節に繋がる。クモ綱昆虫の様に、各部位の体節の融合が強く、神経が集中してはしご形が不明瞭な場合もある。
感覚 様々な昆虫の触角「触角」も参照

節足動物は様々の方法を通じて周りの環境を感知する。体表は常に剛毛(感覚毛)をもち、種によっては触覚振動水流気流温度匂い化学物質など視力以外の感覚を持つ。鋏角類以外の節足動物は頭部に触角という関節肢をもち、ほとんどの場合は重要な感覚器官である。触角のない鋏角類の中でも、ウデムシサソリモドキの様に一部の歩脚が特化して感覚器官として使うことがある。

他にも昆虫の口器にある顎肢は嗅覚味覚に関わり、サソリの櫛状板・ヒヨケムシのラケット器官・一部の昆虫と甲殻類の後端にある尾毛も感覚器官であり、コオロギキリギリスの前足・バッタの胸部と腹部の間に両側・カマキリの後胸部腹面には聴覚に関わる特殊な器官を持つ。
ハチの3つの単眼(中央)と2つの複眼(上下)詳細は「複眼と単眼」を参照

節足動物は、単眼(ocelli)と複眼(compound eye)という2つの種類の眼を持ことが基本形と思われる。分類によって両方を備え、片方しか持たず、複眼の単眼化、稀に視力が失なわれた種類もある。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:65 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE