第3次安倍内閣_(第3次改造)
[Wikipedia|▼Menu]

第3次安倍第3次改造内閣
2017年(平成29年)8月3日
国務大臣任命式後の記念撮影
内閣総理大臣第97代 安倍晋三
成立年月日2017年平成29年)8月3日
終了年月日2017年(平成29年)11月1日
与党・支持基盤自由民主党公明党
自公連立政権
日本のこころ閣外協力
施行した選挙第48回衆議院議員総選挙
衆議院解散2017年(平成26年)9月28日
国難突破解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第3次安倍第3次改造内閣(だいさんじ あべ だいさんじ かいぞうないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁安倍晋三が第97代内閣総理大臣に任命され、2017年平成29年)8月3日から2017年(平成29年)11月1日まで続いた日本の内閣である。

自由民主党公明党による自公連立政権を形成する。また、2017年(平成29年)の第193回国会以降、日本のこころ参議院で自民党との統一会派「自由民主党・こころ」を結成している。


目次

1 内閣の顔ぶれ・人事について

2 国務大臣

3 内閣官房副長官・内閣法制局長官

4 副大臣

5 大臣政務官

6 内閣総理大臣補佐官

7 勢力早見表

8 内閣の動き

8.1 発足時

8.2 内政

8.2.1 アベノミクス景気


8.3 安全保障

8.4 外交

8.4.1 東京五輪の買収疑惑



9 注釈

10 脚注

11 関連項目

12 外部リンク


内閣の顔ぶれ・人事について

第3次安倍第2次改造内閣の閣僚19人のうち、5人が留任し、1人(加藤勝信)が横滑りした[注釈 1]。初入閣は第2次安倍内閣以降の改造では最少の6人である[1]

2012年に発足した第2次安倍内閣及び第2次安倍改造内閣と比較すると、上川陽子法相と小野寺五典防衛相が同じポストで再登板[1]河野太郎前国家公安委員長兼行革相、林芳正元農水相、茂木敏充元経産相も違うポストでの再入閣となった。

環境事務次官経験者の中川雅治環境大臣に起用、事務次官経験者の入閣は17年ぶり、事務次官を務めた省庁での就任は23年ぶりである。

派閥別では、岸田派と無派閥の各4人が最多で、細田派麻生派が3人ずつ、額賀派が2人、二階派石破派が1人ずつの順となった[1]。岸田派は改造前の2人からの倍増となったが、派閥会長で第2次安倍内閣以降、長らく外相を務めた岸田文雄は、茂木の後任としての自民党政調会長に転任した[1]谷垣グループ石原派及び民間人の入閣はなかった[1]

最高齢は前改造内閣と同じ麻生太郎副総理兼財務相の76歳、最年少は小此木八郎国家公安委員長の52歳(いずれも発足時)[1]。当選回数は、12回の麻生太郎が最多で、3回の齋藤健が最少だった。

8月3日の記者会見において、安倍晋三は内閣について「結果本位の仕事人内閣だ」と述べる[2]。政策志向としてボストン勢を4人抱えている(法相がハーバード大学大学院卒。文部科学相と農水相、経済再生担当相兼人づくり革命担当相がハーバード大学ケネディ行政大学院卒。留任の経産相がボストン大学コミュニケーション学部大学院卒)。
国務大臣

職名氏名所属特命事項等備考
内閣総理大臣安倍晋三衆議院
自由民主党
細田派自由民主党総裁
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融担当)麻生太郎衆議院
自由民主党
麻生派デフレ脱却担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第1位(副総理)留任
総務大臣
内閣府特命担当大臣
(マイナンバー制度担当)野田聖子衆議院
自由民主党
(無派閥)女性活躍担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位
法務大臣上川陽子衆議院
自由民主党
岸田派
外務大臣河野太郎衆議院


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:68 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE